御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年5月
石狩八幡神社ではいただけません
広告

いしかりはちまんじんじゃ

石狩八幡神社
北海道 石狩太美駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2022年07月20日(水)
1269投稿

【北海道 古社巡り】

石狩八幡神社(いしかり・はちまん~)は、北海道石狩市辨天町にある神社。旧社格は郷社。祭神は誉田別命、倉稲魂命。

創建は江戸時代末期の1858年、箱館総社八幡宮(現函館八幡宮)の神主であった菊池大蔵が蝦夷地惣鎮守として石狩川右岸、現・石狩市八幡町に石狩八幡宮を建立したのが始まり。1974年に石狩弁天社、稲荷神社があった石狩川左岸の現在地に遷座し、稲荷大神を相殿神として祀った。翌1875年に郷社に列格した。

当社は、JR学園都市線・拓北駅の北方11kmほどの、石狩川河口部西岸の平地、石狩湾も間近の草原の中にある。境内はそこそこの広さで、社殿周りが樹木のあるエリアになっており、社務所などがあるその他の場所は明るく空が開けている。江戸時代からの石狩弁天社の鳥居があったり、木戸孝允筆の石燈籠があったりと、見どころもある。

今回は、北海道の郷社ということで参拝することに。参拝時は平日の午後で、あいにくの荒天ということもあり、自分以外には参拝者はいなかった。

※当社では御朱印を領布しているようだが、参拝時は宮司さんが不在で拝受できなかった。

石狩八幡神社の鳥居

境内東南端入口全景。周りには樹木がなく、ここだけ樹木がある。

石狩八幡神社の周辺

当社は石狩川の河口付近にあるが、地図で見るとこんな感じ。周りには何もない。

石狩八幡神社の鳥居

境内入口の<鳥居と社号標>。

石狩八幡神社の建物その他

古そうな<社号標>には、「石狩***八幡神社」とある。消した3文字が知りたい...(^_^;)

石狩八幡神社の手水

参道左側の<手水舎>。

石狩八幡神社の本殿

<社殿>遠景。社殿は石製瑞垣で囲われている。

石狩八幡神社の狛犬

参道左側の<狛犬>。古そうで良い感じ。(o^―^o)

石狩八幡神社の狛犬

参道右側の<狛犬>。頭が大きく手足が太いので、ちょっと子犬みたいでかわいいかも。

石狩八幡神社の本殿

<拝殿>全景。木造でシックな色あい。

石狩八幡神社の本殿

<拝殿>正面。扁額には「八幡宮」とある。

石狩八幡神社の本殿

<社殿>全景。

石狩八幡神社(北海道)

拝殿後ろの<本殿>。

石狩八幡神社の建物その他

社殿左側の建物群。境内社のようにも見えるが扁額、表札はなし。

石狩八幡神社(北海道)

木戸孝允筆の石燈籠。「文武一徳」、「肇城四方」の文字が刻まれているとのこと。

石狩八幡神社の建物その他

社殿の右隣に2棟ある<社務所>「文武一徳」「肇城四方」の文字を刻ん。

石狩八幡神社の建物その他

社務所から、と入口鳥居方向を望む。境内は公園のよう。

石狩八幡神社の鳥居

入口の鳥居の裏側。当社創建前の文化十年(1813年)と刻まれており、北海道で最も古い鳥居の1つなのかな。鳥居の前は、何もない吹きさらしの草原。

石狩八幡神社の周辺

最後に、当社から1km北東の<はまなすの丘公園>にある<石狩灯台>。
遮るものがないので、ふきさらしで風が強い!
(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(10件)

歴史

安政5年箱館総社八幡宮神主菊池大蔵重賢より蝦夷地の中に当社八幡宮の末社を勧請し、蝦夷地惣鎮守として宮祠造営されるよう箱館奉行に願い出たのを始めとする。
安政5年石狩町川東町(現在の八幡町)に石狩八幡宮を建立する。明治3年御神体を神祇官において点検、点状を下渡される。
明治7年有志と協議の上弁天町の現在地に奉遷し現在地の稲荷大神を相殿に祀る。明治8年石狩郡郷社となる。明治34年本殿等を新築。
大正4年神饌幣帛料供進神社に指定される。戦後宗教法人となる。

歴史をもっと見る|
3
名称石狩八幡神社
読み方いしかりはちまんじんじゃ
参拝時間

授与所:9:00~16:00

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0133-62-3006
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://hana8man.wixsite.com/mysite
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《合》伊波比主命,大国魂神,大那牟遅神,少彦名神,《主》誉田別命,《配》倉稲魂命
本殿神明造
ご由緒

安政5年箱館総社八幡宮神主菊池大蔵重賢より蝦夷地の中に当社八幡宮の末社を勧請し、蝦夷地惣鎮守として宮祠造営されるよう箱館奉行に願い出たのを始めとする。
安政5年石狩町川東町(現在の八幡町)に石狩八幡宮を建立する。明治3年御神体を神祇官において点検、点状を下渡される。
明治7年有志と協議の上弁天町の現在地に奉遷し現在地の稲荷大神を相殿に祀る。明治8年石狩郡郷社となる。明治34年本殿等を新築。
大正4年神饌幣帛料供進神社に指定される。戦後宗教法人となる。

Wikipediaからの引用

概要
石狩八幡神社(いしかりはちまんじんじゃ)は、北海道石狩市弁天町1に所在する神社。旧社格は郷社。 祭神は誉田別命、倉稲魂命。
歴史
歴史[編集] 1858年(安政5年)、箱館総社八幡宮の神主である菊池大蔵が末社として石狩八幡宮を勧請したのを創建とする[1]。当初の所在地は石狩川の右岸、後の石狩市八幡町であった[1]。 1874年(明治7年)8月、開拓使官員や町民たちの協議により、石狩川左岸の現在地に遷座する[1]。移転先の稲荷大神[注 1]は相殿で祀ることになった[1]。また、同じくもともと移転先にあった石狩弁天社はより西側に遷された[3]。このとき鳥居までは移転しなかったので、石狩八幡神社が改修を加えて使用するようになった[3]。 1875年(明治8年)、石狩郡郷社となる[4]。 1901年(明治34年)、本殿を新...Wikipediaで続きを読む
引用元情報石狩八幡神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%9F%B3%E7%8B%A9%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=94852901

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ