参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

なめがわじんじゃ

滑川神社 - 仕事と子どもの守り神の境内福島県 須賀川駅

◉ 大鳥居

大鳥居の注連縄

お正月前に掛け替えられます。

お正月前に掛け替えられます。

大鳥居の背中(大晦日の夜)

初詣の参拝者を迎える大鳥居の背中

初詣の参拝者を迎える大鳥居の背中

大鳥居(元日の朝)

門松で飾りつけられた大鳥居

門松で飾りつけられた大鳥居

小正月の大鳥居(1月15日)

団子さしで飾りつけられた大鳥居

団子さしで飾りつけられた大鳥居

鯉のぼり(端午の節句)

5月5日、鯉のぼりも元気に泳ぎます。

5月5日、鯉のぼりも元気に泳ぎます。

七夕まつり 吹き流し

七夕まつり期間中は、境内が七夕飾りで彩られます。

七夕まつり期間中は、境内が七夕飾りで彩られます。

秋祭りの大鳥居

大きな幟旗がたてられます。

大きな幟旗がたてられます。

秋祭りの幟旗

のぼり旗の先には、秋の稔りを表して柿がつけられます。

のぼり旗の先には、秋の稔りを表して柿がつけられます。

◉ 八幡太郎義家公の所縁の石

御祭神の平景政公(タイラノカゲマサコウ)は、八幡太郎義家公(源義家公)につき従った源氏の武将です。眼を射られても勇猛果敢に戦い続けた、その姿は、歌舞伎の演目になるほどで、「武士の鑑」と崇められました。

その御祭神と所縁の深い八幡太郎義家公の足跡が残された石が、境内の入口付近にあります。言い伝えでは、付近の小学校(柏城小学校)の辺りから、一足飛びに神社まで飛んだと伝えられています。

大鳥居をくぐり、階段を少し登った、小さな鳥居の前にあります。探してみてください。

◉ 鳥居

小正月・団子さし(1月15日)

工事中

節分・ひいらぎ鰯(2月3日)

工事中

◉ 石段

◉ 御神木(樅の木)

◉ 手水舎

手水舎の龍の背中

最近、このうしろ姿が「かわいい」と、参拝者の間で話題になっています。

◉ 御社殿

社殿内

工事中

社名額

東郷平八郎の揮毫

工事中

東郷平八郎の揮毫

奉納額

工事中

御社殿(お正月の設え)

御社殿(節分のひいらぎ鰯)

御社殿(菖蒲の節句)

御社殿(七夕まつり)

御社殿(例大祭)

◉ 末社

・八雲神社(やぐもじんじゃ)

・八幡神社(はちまんじんじゃ)

・稲荷神社(いなりじんじゃ)

・秋葉神社(あきばじんじゃ)

・天満神社(てんまんじんじゃ)

・大山祇神社(おおやまつびじんじゃ)

・養蚕神社(ようさんじんじゃ)

・疱瘡守護神社(ほうそうしゅごじんじゃ)

滑川神社 - 仕事と子どもの守り神の境内・文化財の写真一覧

鳥居

狛犬

手水

手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎手水舎

本殿

本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂本殿・本堂

末社

芸術

何かお気づきの点はありますか?