神社お寺の検索サイト楽しみ方

ふくしまいなりじんじゃ

福島稲荷神社

公式福島県 福島駅

参拝時間
いつでもご参拝いただけます

社務所(祈祷受付、授与品・御朱印受付)
午前9時~午後5時

投稿する
024-522-2702

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

初午祭(はつうまさい)斎行

2022年03月06日(日) 〜

初午(はつうま)とは、2月の最初の午(うま)の日のことをいい、稲荷信仰の中心である京都の伏見稲荷大社をはじめ各地の稲荷神社でもお祭りが行われます。伏見稲荷の由緒によると、初午の日をご縁日と定めたのは、ご祭神である宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ:穀物・食物の神)が伊奈利山の三箇峰に天下りされたのが和銅4年(西暦711)2月の初午であったことに由来しています。もともと、稲荷は稲生(いねなり)の意味で、五穀を司る神でしたが、後世商工業の神として信仰されるようになりました。

当社では、旧暦の初午(令和4年は3月6日(日))に初午祭(はつうまさい)を斎行するにあたり、会社・商店・個人の方々よりご篤志のご奉賛を仰いで、境内に名入りの五色旗約200本を掲揚しています。

初午祭当日には、稲荷神社の総本社である京都の伏見稲荷大社の鎮座記念日を祝うとともに、「鎮火祭湯立の神事」は火災シーズンの折柄各方面の関心も深く、毎年盛大に執り行われます。

福島稲荷神社(福島県)福島稲荷神社の本殿

2月3日の節分「豆まき」について

2022年02月03日(木) 16時30分〜

午後4時30分より、邪気をはらい一年の無病息災を祈願する「節分祭追儺式(せつぶんさい ついなしき)」を斎行いたします。

特設舞台では福男福女による「豆まき」が執り行われます。

密集の回避、衛生面の配慮等、新型コロナウィルス感染症対策を施した上で規模を縮小して実施いたします。

ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

尚、社務所にて豆まき用の「福豆(福神金像入り)」を授与しております。
※枡は付いておりません

福島稲荷神社の授与品その他
お知らせをもっと見る(26件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

右上に信夫総鎮守
中央に福島稲荷神社の文字、中央に福島稲荷神社の社印
右下に干支の印が入っています。

限定
あり
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

県庁通りの一本東側、神社境内東側よりお入り頂けます。
特に区切ってはおりませんが、空いております場所にお車をお停め頂けます。
正月・例大祭の期間中は、境内に露店などが出店するため、駐車出来ません。

ご利益

福島稲荷神社について

晴明伝説の残る福島市の総鎮守


福島は馬の産地として競馬も盛んであり、当社では全国でも珍しい「競馬勝ち守り」を授与しております。
また、同様に果樹王国としても知られ、その代表として桃がありますが、これをモチーフとした、魔除け・子授け・果樹豊作・美容を祈念した「桃守り」があります。

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(30件)

授与品

開運的中!全国でも珍しい『競馬勝守』

 福島市における競馬の歴史は古く、神社への奉納競馬に端を発し、100年以上の伝統があります。現在も福島競馬開催前には、人馬安全を祈る馬場浄めの神事が行われています。
 競馬ファンなら一目で分かる名馬と誉れ高いトーカイテイオー・ナリタブライアン・ビワハヤヒデの三頭、裏面には「福島競馬場」をデザインしたものをはじめ、全5種類です。

魔除け・子授かり・女性の美と健康に『桃守り』

 福島市は果樹の里として全国に知られ、中でも桃はそのイメージリーダー的存在です。また、古事記の黄泉の国の段など、桃は古来から魔除けの果実として、重要視されていました。更には、鬼退治で有名な桃太郎の物語に見られる様に、子宝の御利益も伝えられています。これに加え果樹の豊作、また瑞々しい桃にあやかって、女性がいつまでも若さと美しさを保つ御利益があります。

授与品をもっと見る|
3

例祭・神事

1月 正月・元始祭
2月 節分祭・祈年祭・天長祭
3月 初午祭
4月 昭和祭
7月 夏越大祓
10月 例大祭
11月 新嘗祭
12月 年越大祓・神符焼納祭

例祭・神事をもっと見る|
4

歴史

当社は、今から一千年以上の昔(西暦987年)、陰陽師『安倍晴明』が朝廷の命を受け福島の地を訪れた際、この土地の景色の良さと豊かさに驚き、将来必ずや栄える場所になると考え、道中の守り神として大切に持参した伊勢神宮の『豊受比売命(とようけひめのみこと)』という衣・食・住を司る女神さまのおふだをこの地におまつりしたことがその始まりです。

歴史をもっと見る|
2

福島稲荷神社の基本情報

住所福島県福島市宮町1番29号
行き方

JR福島駅東口より徒歩12分

JR福島駅東口タクシー乗り場よりタクシー5分
JR東北新幹線福島駅西口タクシー乗り場よりタクシー10分

福島駅東口から福島交通路線バスももりん1コース上町バス停下車、徒歩1分

東北自動車道 福島飯坂IC「福島市街地」方面 国道13号を南下 約17分
東北自動車道 福島西IC「福島市街地」方面 国道115号を北東方向へ 約15分

アクセスを詳しく見る
名称福島稲荷神社
読み方ふくしまいなりじんじゃ
通称おいなりさん
参拝時間

参拝時間
いつでもご参拝いただけます

社務所(祈祷受付、授与品・御朱印受付)
午前9時~午後5時

トイレ境内西側(県庁通り沿い)中央駐車場の北側に男性・女性・バリアフリートイレ
御朱印あり

右上に信夫総鎮守
中央に福島稲荷神社の文字、中央に福島稲荷神社の社印
右下に干支の印が入っています。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号024-522-2702
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.fukushima-inari.com/
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主祭神》豊受比売命
《配神》大國主命、言代主命
創建時代987年(永延元年)
創始者安倍晴明
本殿流造
文化財

絵馬殿:当社の旧拝殿を現在の場所に移築。福島市内で現存する最古の木造建築物。

ご由緒

当社は、今から一千年以上の昔(西暦987年)、陰陽師『安倍晴明』が朝廷の命を受け福島の地を訪れた際、この土地の景色の良さと豊かさに驚き、将来必ずや栄える場所になると考え、道中の守り神として大切に持参した伊勢神宮の『豊受比売命(とようけひめのみこと)』という衣・食・住を司る女神さまのおふだをこの地におまつりしたことがその始まりです。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り祭り
感染症対策内容

◆参拝
通常通りお参りが可能ですが、賽銭箱前の鈴緒のご使用は当分の間お控え頂いております。

◆祈祷
・祈祷の際の昇殿する組数制限
・拝殿の換気
・座席の間隔を取る
・席の間に飛散防止用のついたての設置
・神職もマスク着用で奉仕
などの対策をした上で通常通り行っております。
お気になされる場合には、受付のみされて、当方でご祈祷の上、後ほどお神札(ふだ)をお引き取り頂く方法もございますので、お申し出ください。

Wikipediaからの引用

概要
福島稲荷神社(ふくしまいなりじんじゃ)は福島県福島市宮町にある神社である。
歴史
沿革[編集] 987年(永延元年)、安倍晴明が奥州に下向した際、信太明神を勧請したことに始まる(現在の神社の由緒書きでは伊勢の外宮の豊受比売大神を勧請したとする)。 1171年(承安元年)晴明の孫の安倍晴明が社殿を改築した。 天正および慶長の兵火で社殿が焼失する。 1624年(寛永元年)、板倉重憲が社殿を修営。 1689年(元禄2年)、福島藩主堀田正仲により本殿。 1692年(元禄5年)、現在の絵馬殿にあたる拝殿を堀田正仲により再建した。 1740年(元文5年)、同じく福島藩主の板倉勝里が社殿を造営した。「御神狐」もこの時代に奉納された[1]。 1895年(明治28年)、県社に昇格する。...Wikipediaで続きを読む
アクセス
アクセス[編集] 福島駅東口から福島交通路線バスももりん1コース上町バス停下車。
引用元情報福島稲荷神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=88085126

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー