御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ふくしまいなりじんじゃ

福島稲荷神社の御由緒・歴史

公式福島県 福島駅

投稿する
024-522-2702

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご祭神《主祭神》豊受比売命
《配神》大國主命、言代主命
創建時代987年(永延元年)
創始者安倍晴明
ご由緒

当社は、今から一千年以上の昔(西暦987年)、陰陽師『安倍晴明』が朝廷の命を受け福島の地を訪れた際、この土地の景色の良さと豊かさに驚き、将来必ずや栄える場所になると考え、道中の守り神として大切に持参した伊勢神宮の『豊受比売命(とようけひめのみこと)』という衣・食・住を司る女神さまのおふだをこの地におまつりしたことがその始まりです。

歴史
沿革[編集] 987年(永延元年)、安倍晴明が奥州に下向した際、信太明神を勧請したことに始まる(現在の神社の由緒書きでは伊勢の外宮の豊受比売大神を勧請したとする)。 1171年(承安元年)晴明の孫の安倍晴明が社殿を改築した。 天正および慶長の兵火で社殿が焼失する。 1624年(寛永元年)、板倉重憲が社殿を修営。 1689年(元禄2年)、福島藩主堀田正仲により本殿。 1692年(元禄5年)、現在の絵馬殿にあたる拝殿を堀田正仲により再建した。 1740年(元文5年)、同じく福島藩主の板倉勝里が社殿を造営した。「御神狐」もこの時代に奉納された[1]。 1895年(明治28年)、県社に昇格する。...Wikipediaで続きを読む
引用元情報福島稲荷神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=88085126

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

めめ小バナー