御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

さくらいじんじゃ

櫻井神社

公式福岡県 波多江駅

境内:24時間参拝可能 社務所:09:00〜17:00頃

投稿する
092-327-0317

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

ご利益

櫻井神社について

櫻井神社の一直線上には二見ヶ浦


岩戸は海の神様へ繋がる道と言い伝えられています。

社殿を北に直線を結ぶとその先には、当社が祀る二見ヶ浦が鎮座しております。

阿吽の龍の彫刻


神社にある阿吽と言えば、狛犬が有名ですが、当社の本殿両脇には阿吽の龍が彫刻されております。

海の神様への道を守る龍神様。そんな願いが込められて彫られているのでしょう。

2対の阿吽の龍がありますので、是非お探し下さい。

伊勢両宮の神様を祀る


当社正面階段を登ると、櫻井大神宮が鎮座しております。

櫻井大神宮には伊勢神宮の内宮・外宮で祀られている天照大神と豊受大神をご一緒にお祀りしております。

杜の中に鎮まる神明造りの社殿に足を進めると空気感が一変します。

神主より

当社は縁結びや厄除けの神様として信仰されております。
境内の凛としたご神威と空間にふれられて、皆様に良きご神徳が頂けるようお祈り申し上げます。
又、糸島市は歴史と自然が息づく、風光明媚な環境であり、ドライブにも最適です。
当社お参りの際は、豊かな自然の恵が楽しめる糸島観光もお楽しみ下さい。

おすすめの投稿

西村 愛
2017年07月11日(火)
30投稿

福岡県糸島市にあるこの神社にはイザナキとイザナミが関係しています。神社からは車で10分ほどの距離がある二見が浦の岩はこの神社の敷地内とされており、2つで一体と考え、イザナキとイザナミの夫婦岩とされています。
二見が浦は夏至の日にその岩戸岩の間に夕日が落ちるということで有名なスポットです。
そして桜井神社に祀られているのは、イザナキが黄泉の国で変わり果てたイザナミを見て這う這うの体で逃げ帰ってきた際、禊を行った時に生まれ出でた神々です。

黒田藩ゆかりの神社でもあるので、江戸時代くらいの建物なのでしょうか。
楼門が素晴らしく立派で重文になっても良さそうなものですが、県の文化財に収まっています。
本殿は赤い社殿を覆うように建てられています。中には岩戸宮があり、年に一度「岩戸開き」が行われます。岩、というだけあって二見が浦との関係性もあるのだと思いますし、なかなか神秘的な場所でした。

私が行ったときにはなぜか近くの農家から逃げ出してきた馬が2頭うろうろしていて、どちらかというとそっちに気を取られてどうしようもなかったです(笑)
最終的には太鼓橋の上に乗っかって降りれなくなり、ヒヒーンと悲しい声をあげていました。(市に連絡して飼い主が見つかりました)
そういう意味でも他にはない体験をした神社でもありました。

櫻井神社の建物その他櫻井神社の建物その他櫻井神社の自然櫻井神社の鳥居櫻井神社の建物その他櫻井神社の建物その他櫻井神社の建物その他櫻井神社の狛犬

愛嬌ある狛犬

櫻井神社の建物その他

岩戸宮。二見ヶ浦の岩が関係しているのでしょうね。

櫻井神社の動物

ひひーん!(笑)

櫻井神社の動物
もっと読む
投稿をもっと見る(30件)

歴史

当社の創建は1610年に岩戸が開け、お神様が現れた事によります。その後、福岡藩2代藩主黒田忠之公の聞き及ぶこととなり、藩主自ら岩戸に参詣され、お神様のご神徳に感謝され、現在の社殿(1632年)をはじめ境内を整備され、今日に至ります。
又、当社の宇良宮(うらのみや)として、二見ヶ浦を祀っており、縁結びの神様として大変注目を集めております。

歴史をもっと見る|
1

櫻井神社の基本情報

住所福岡県糸島市志摩桜井4227
行き方

公共交通機関 電車:筑前前原駅下車(JR筑肥線)→ バス:前原駅北(昭和バス)30分→桜井バス停下車 徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称櫻井神社
読み方さくらいじんじゃ
通称与止妃様
参拝時間

境内:24時間参拝可能 社務所:09:00〜17:00頃

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号092-327-0317
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスt-toyama@sakuraijinja.com
ホームページhttp://sakuraijinja.com/
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》神直日神,大直日神,八十枉津日神,《相》島岡大明神,
ご由緒

当社の創建は1610年に岩戸が開け、お神様が現れた事によります。その後、福岡藩2代藩主黒田忠之公の聞き及ぶこととなり、藩主自ら岩戸に参詣され、お神様のご神徳に感謝され、現在の社殿(1632年)をはじめ境内を整備され、今日に至ります。
又、当社の宇良宮(うらのみや)として、二見ヶ浦を祀っており、縁結びの神様として大変注目を集めております。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り祭り花の名所

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中