御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※慈恩寺ではいただけません
投稿する
0237-87-3993

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

真ん中に弥勒尊と書かれ、梵字の印が押された御朱印です。
薬師如来、不動明王、阿弥陀如来の御朱印もいただけます。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

東北36不動尊 1番
出羽路12薬師霊場
1番

おすすめの投稿

soki_k
2022年08月07日(日)
266投稿

若松寺から車で30分ほど。
一昨日に大暴れした最上川を渡り、慈恩寺へ。
ナビの言うとおりに進むが「ホントにこの道でいいの?」とやや不安になるが、
突然「三重の塔」が現れ、暫く進むと広い駐車場もありました。
金曜日のため、参拝者は疎らです。
お寺の全容図を見ると、山全体がお寺のよう…
道路に沿った横に長いお寺です。
一巡りし本堂で御朱印を頂きました。

慈恩寺(山形県)

お寺の全容です。

慈恩寺(山形県)

華蔵院【けぞういん と読むみたい】

慈恩寺(山形県)慈恩寺(山形県)

華蔵院の山門

慈恩寺(山形県)

華蔵院のお堂

慈恩寺の建物その他

まだポツポツと紫陽花が咲いてます

慈恩寺(山形県)慈恩寺(山形県)

宝蔵院の入り口

慈恩寺(山形県)

阿弥陀堂です

慈恩寺(山形県)

山門から山の裾の方面

慈恩寺(山形県)

改めて、山門です。

慈恩寺(山形県)

山門からの本堂

慈恩寺(山形県)

本堂の脇の階段で、宝蔵院に続きます。

慈恩寺の建物その他慈恩寺の歴史

慈恩寺の由緒書き

慈恩寺(山形県)

手水処。蓮の花で飾ってます。

慈恩寺(山形県)

梵鐘です。

慈恩寺(山形県)

三重の塔

慈恩寺(山形県)

本堂 茅葺き屋根です。

慈恩寺(山形県)

三重塔。入り口の工事中です。

慈恩寺(山形県)

御朱印です
【こちらのお寺は5種の御朱印がありますが、ご本尊さまを頂きました】

慈恩寺(山形県)

おまけ01 麓に「慈恩寺テラス」という施設があり、慈恩寺の歴史が判ります。
【ここは、天台宗と真言宗が同居したお寺だとか…】

慈恩寺(山形県)

おまけ02 慈恩寺テラスのレストランの「冷やし鳥蕎麦」
ウマい。ヤスい。ボリューム満点!!でした。

もっと読む
投稿をもっと見る(16件)

慈恩寺の基本情報

住所山形県寒河江市大字慈恩寺字鬼越31
行き方
アクセスを詳しく見る
名称慈恩寺
参拝料

700円

トイレあり
御朱印あり

真ん中に弥勒尊と書かれ、梵字の印が押された御朱印です。
薬師如来、不動明王、阿弥陀如来の御朱印もいただけます。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0237-87-3993
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.honzan-jionji.jp/

詳細情報

ご本尊弥勒菩薩
宗旨・宗派慈恩宗
札所など

東北36不動尊 1番
出羽路12薬師霊場 1番

体験写経・写仏祈祷おみくじ御朱印お守り重要文化財札所・七福神巡り

Wikipediaからの引用

概要
慈恩寺(じおんじ)は、山形県寒河江市にある仏教寺院で、現在は慈恩宗の本山。山号は瑞宝山。宗教法人としての登録名は「本山慈恩寺」。
歴史
歴史[編集] 奈良時代(創建)[編集] 伝承によれば、神亀元年(724年)に行基がこの地を選び、天平18年(746年)に聖武天皇の勅により婆羅門僧正菩提僊那が寺院を建立したのに始まるとされる。山号を寒江山とし、大慈恩律寺と称した。 しかし、奈良時代盛時の勅願寺であれば平地に七堂伽藍を建築するべきところを、慈恩寺は山中に伽藍を構築しており山岳寺院の傾向を持つ。麻木脩平[注釈 1]によれば、慈恩寺開創の時期は平安初期の9世紀と考えられるという。その根拠として第一に、全国的に弥勒菩薩を本尊とするか本尊に準ずる扱いを受けている寺院はほとんどが平安初期に創立されたものであること。第二に永仁の大火...Wikipediaで続きを読む
アクセス
アクセス[編集] JR奥羽本線天童駅から車25分。 JR左沢線羽前高松駅から徒歩20分、寒河江駅から車12分。 山形自動車道寒河江ICから車15分。 山形空港から車20分。 山交バス慈恩寺口バス停から徒歩20分。
行事
行事[編集] 慈恩寺舞楽(陵王) 修正会(しゅしょうえ) 1月1日。法華懺法と初夜行・後夜行で、国家安泰、五穀豊穣を祈念、続く牛王加持で宝印の加持祈祷を行う。(10:00 -) 大般若会(だいはんにゃえ) 2月第1日曜日。『大般若経』六百軸を転読し、国家豊楽、息災延命、諸願成就等を祈念する。(13:30 -) 濫觴会(らんじょうえ) 5月4日。この日から一山の年度が始まる。年に一度宮殿の扉が開かれ、住職が中に入り諸仏の塵を払い祈念する。(20:00 -) 一切経会(いっさいきょうえ) 5月5日。楽の音を合図に三か院より住職が出仕し、本堂にて弥勒法一座を修し、舞台上では声明を唱える。引...Wikipediaで続きを読む
引用元情報慈恩寺 (寒河江市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%85%88%E6%81%A9%E5%AF%BA%20(%E5%AF%92%E6%B2%B3%E6%B1%9F%E5%B8%82)&oldid=91489097

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー