参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ほうじゅさんりっしゃくじ

宝珠山 立石寺の歴史山形県 山寺駅

宝珠山 立石寺の歴史情報

詳細情報

ご本尊薬師如来
創建時代860年(貞観二年)
開山・開基天台座主第3世慈覚大師円仁

Wikipediaからの引用

歴史
創建 寺伝では貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされている。当寺の創建が平安時代初期(9世紀)に遡ることと、円仁との関係が深い寺院であることは確かであるが、創建の正確な時期や事情については諸説あり、草創の時期は貞観2年よりもさらに遡るものと推定される。立石寺文書のうち『立石寺記録』は、「開山」を円仁、「開祖」を安慧(あんね)と位置づけており、子院の安養院は心能が、千手院と山王院は実玄が開いたとされている。安慧は円仁の跡を継いで天台座主となった僧であり、心能と実玄は円仁の東国巡錫に同行した弟子である。安慧は承和11年(844年)から嘉承2年(849年)まで出...Wikipediaで続きを読む
引用元情報立石寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%AB%8B%E7%9F%B3%E5%AF%BA&oldid=83326768

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?