神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

巡礼

女人堂について

女人禁制だった時代の高野山では、この女人堂までが女性がお参りできる境界でした。

おすすめの投稿

Takashi Shimo…
2021年09月05日(日)
1232投稿

元々女人禁制であった高野山ですが、女人禁制と知りつつも女性参拝者が大勢いたそうです。その中の一人である越後から来た小杉という女性により建てられたのがこの女人堂の縁起とのこと。

交通に便利な舗装されたルートを通って高野山まで来て、中心部にある駐車場にバイクを止めて、そこから楽をしてウロウロしている自分がなんだか浅はかに思えます。

女人堂(和歌山県)女人堂の建物その他女人堂の建物その他女人堂の建物その他女人堂(和歌山県)女人堂(和歌山県)

この解説版の説明だと日本語も英語も女人堂(Nyonindo)が結界や関所にしか受け取れないと思います。ここから多くの女性たちが弘法大師様へ祈りをささげたのであれば、その事実の記載がないと意味がないと思います。

日本語では「堂」があるので「祈りの場」となんとなくわかります。 Nyonindo で何の場所かわかる前提なのでしょうか?

"Nyonindo Worship Hall" とか "The Worship Hall for/of Women" ぐらい注釈付きで書くぐらいの気遣いすらできませんか?

カタカナなら「ニョニンドー」です。これで長い歴史を持つ礼拝の場所だとわかるわけがない。

背景知識ゼロだと意味不明な直訳の英語解説が日本には多すぎます。英語翻訳するということは、漢字を捨ててすべてカタカナに変えるのとほぼ同じことが行われます。

女性がここから進めなかったことだけ指摘することが重要なんですか?

それともここから進めないにもかかわらず多くの女性がここまで来て祈りをささげたことが重要なんですか?

越後の小杉さんやほか女性たちが寄進した思いはどこに書いてありますか?

世界遺産と自画自賛しても、こういう英訳しかできないってあまりにも残念ですよ。

「日本人は英語が苦手」ってテストの点数じゃないんですよ。結局、こういうところの内容が希薄だから軽く見られるんですよ。

もっと読む
投稿をもっと見る(32件)

女人堂の基本情報

住所和歌山県伊都郡高野町高野町高野山709
行き方
アクセスを詳しく見る
名称女人堂
読み方にょにんどう
御朱印あり

限定御朱印なし

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
行きたい
投稿する
お問い合わせ