御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

【南海御朱印めぐり】女人高野御朱印めぐり -南海電車の旅-

ホトカミのTwitterをフォロー

南海電鉄沿線の3つの「女人高野」のお寺をめぐる「女人高野御朱印めぐり ―南海電車の旅―」。
期間中、神社お寺の検索サイト「ホトカミ」やTwitter、Instagramでの投稿キャンペーンを実施します。

応募の際は必ず応募規約をご確認ください。

期間

2022年3月6日(日) ~ 5月29日(日)

対象社寺

天野山 金剛寺
万年山 慈尊院
高野山 金剛峯寺 女人堂

プレゼント

〇御朱印めぐり達成賞(ホトカミに3投稿)
STEP1.ホトカミに無料登録またはログイン
STEP2.ホトカミで参拝記録を投稿
賞品:お好きな画像でつくるオリジナル御朱印帳
人数:抽選で10名様
条件:ホトカミに3ヶ寺すべての参拝記録を投稿

〇ホトカミ賞(ホトカミに1投稿以上)
STEP1.ホトカミに無料登録またはログイン
STEP2.ホトカミで参拝記録を投稿
賞品:商品券5000円相当(minapitaギフト券)
人数:抽選で10名様
条件:ホトカミに3ヶ寺のうち1ヶ寺以上の参拝記録を投稿

〇南海電車乗ったで賞
STEP1.ホトカミのTwitterかInstagramをフォロー
STEP2.TwitterかInstagramに「#南海御朱印めぐり」をつけて投稿
賞品:南海電鉄沿線の名産品
人数:抽選で30名様
条件:「#南海御朱印めぐり」をつけてTwitterかInstagramに1投稿以上

※投稿数に応じて、当選確率がUPします
※プレゼントは選べません
※御朱印の画像の投稿は必須ではありません

当選者発表方法

当選者には6月中旬に、株式会社DO THE SAMURAIから当選メールをお送りします。本メールの送信をもって発表にかえさせていただきます

スケジュール

・2022年5月29日:キャンペーン期間終了
・2022年6月中旬:当選者決定、メールにて当選者に連絡
・2022年7月上旬:商品券・南海電鉄沿線の名産品を当選者に送付
・2022年9月末:御朱印帳を当選者に送付
※6月30日までにお返事をいただけない場合、当選は無効となります
応募規約

株式会社DO THE SAMURAI(以下「当社」といいます。)が企画する「女人高野御朱印めぐり -南海電車の旅-」(以下「本キャンペーン」といいます。)に応募された方(以下「応募者」といいます。)は、以下の応募規約に同意いただいたものとみなします。

【応募について】
・本キャンペーンへ応募される投稿(以下「応募投稿」といいます。)は本キャンペーンの期間中に本キャンペーンの対象となる3か寺(以下「対象寺院」といいます。)の境内および授与品を撮影した写真及び参拝の思い出などを記した文章に限ります。
・応募投稿の著作権は当社に帰属し、また、応募者は応募投稿について、著作者人格権を主張しないことに同意するものとします。・応募投稿は当社が主催する宣伝・販促物、広報などにおいて当社が無償で自由に使用できるものとします。また、これにあたり当社が応募投稿の一部を修正・改変できるものとします。
・次のような投稿はしないようお願いいたします。
-他人の知的財産権・肖像権等の権利やプライバシー等の侵害、嫌がらせや悪口により他人の名誉・信用を傷つけることや差別など、他人に不利益を与える内容のもの
-公序良俗に反する内容および他閲覧者を不快にさせる内容のもの
-広告宣伝、営業活動、選挙活動を目的とする内容のもの
-その他、当社が不適切と判断した内容を含むもの
・応募規約に違反する場合、その他当社事務局が不適切な投稿と判断した場合、応募投稿を当社の運営するサービスである神社お寺の検索サービス「ホトカミ」(以下「ホトカミ」といいます。)に掲載しない場合があります。
・応募投稿は当社が主催する宣伝・販促物、広報などにおいて当社が無償で自由に使用できるものとします。また、これにあたり当社が応募作品の一部を修正・改変できるものとします。
・当社は、本キャンペーンにおけるサービスの一部又は全てを事前に通知することなく変更、中断、中止、終了することができるものといたします。なお、変更、中断、中止、終了により生じた損害については、一切責任を負いません。
・当社は、随時本応募規約及び注意事項を改定できるものといたします。

【抽選・当選について】
・応募投稿について、当社事務局による審査の上、当選者を決定します。
・2022年1月31日までに応募者と連絡が取れない、および住所が不明などの理由により、当選にかかる賞品をお届けできない場合は、当該応募者について、賞品を受け取る権利を失効させていただきます。
・本規約に反する行為が発覚し、その当選が無効及び取消となった場合、当選者は何ら不服を申し立てることができないことといたします。
・当選が無効又は取消となった場合、当社はその権利を他の応募者に充てる場合があります。

【個人情報の取扱いについて】
・お預かりした個人情報は、本キャンペーンにおけるお問合せ対応、応募状況の管理、抽選、当選の連絡、賞品の発送、個人を特定できないように加工した統計情報の作成のために利用いたします。
・なお、個人を特定できないように加工した統計情報は、今後の企画のために南海電気鉄道株式会社に提供いたします。
・本人の同意なくお知らせした以外の目的で利用及び第三者提供はいたしません。

【注意事項】
・ホトカミ賞、御朱印めぐり達成賞の応募にはホトカミの会員登録(無料)が必要です。
アプリ版ホトカミ・Web版ホトカミどちらからも投稿できます。
・お使いのスマートフォンの機種、使用状況、通信環境等の理由により、ご応募できない場合があります。詳しくは「動作要件」をご覧ください。
・写真の投稿から反映までに時間がかかる場合があります。
・2022年3月6日から2022年5月29日の間に投稿された参拝記録(お参りの記録)が審査対象となります。御朱印カメラは審査対象となりません。
・審査までに応募投稿およびアカウントを削除した場合、応募が無効となります。
・応募後にメールアドレスを変更するなど、メールをお送りすることができない場合、当選は無効となります。
・南海電車乗ったで賞の応募にはInstagramまたはTwitterの会員登録(無料)が必要です。
・2022年3月6日から2022年5月29日の間に投稿された「#南海御朱印めぐり」のハッシュタグのついた投稿が審査対象となります。
・審査時に非公開アカウントとなっている場合、応募が無効となります。
・審査までにホトカミのInstagramまたはTwitterのフォローを外した場合、応募が無効となります。
・御朱印を受けるには各寺社が定める初穂料・納経料等が必要です。
・境内は本堂など、撮影禁止区域があります。
・内容が不適切と判断されるもの、第三者の肖像権を侵害する恐れのあるもの、対象寺院の撮影禁止区域で撮影しているものは、ホトカミ上に投稿及び掲載できません。
・入賞者はご本人以外の方への権利譲渡、賞品の換金等は一切できません。
・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
・本キャンペーン終了日は、予告なく変更となる可能性があります。
※賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。

以上

\投稿するほど当選確率アップ/

参拝記録を投稿する

参拝記録を投稿するだけで応募完了

※アプリ版・Web版どちらをご利用いただいても本キャンペーンの対象となります
※Web版のアカウントをお持ちの方は、アプリ版の初回起動時に表示される画面にて「ログインする」を選択するとデータが引継ぎ・連携されます
※毎回このキャンペーンページを経由しなくても大丈夫です

地図

巡礼してるホトカミさん [35人]

【南海御朱印めぐり】女人高野御朱印めぐり -南海電車の旅-

世界遺産・高野山。
平安時代に空海によって開かれた、高野山真言宗の総本山です。

山まるごとすべてが金剛峯寺という大きなお寺で、山上には117のお寺(塔頭寺院)があります。

標高約900メートルに位置する高野町は、まさに天空の聖地。
金剛峯寺の本堂である金堂をはじめ、貴重な建築や伝統が受け継がれています。

現代でこそ、誰もがお参りできますが、
実は、明治時代まで、
女性は高野山に立ち入ることができませんでした。

かつての女人結界であった石柱

修行者の心を乱すという理由で、空海は開山当初から「女人結界」を定め、
女性の立ち入りを禁じたといいます。

厳しい戒律を守るために設けられた結界は、
およそ1000年の間、解かれることはありませんでした。


しかし女性であっても、仏様に祈りたい気持ちは変わりません。
「少しでもお大師様(空海)のお近くでお参りしたい」と、
女人結界の近くまで訪れ、山に向かって祈りをささげた人々がいました。

高野山の外から祈りをささげた女性たちが多く集まったお寺は、
やがて「女人高野」と呼ばれるようになります。

高野山へと続く古道に位置し、空海も修行したと伝わる
天野山 金剛寺

高野山の麓、空海の母が暮した
万年山 慈尊院

高野山の山中、女人結界に隣接する
高野山 金剛峯寺 女人堂

明治時代に女人結界が解かれるまでの1200年間、
女女性をはじめ数多の人々の願いを受け入れてきた女人高野。

ここからは女人高野の3つのお寺の魅力をお伝えします。

天野山 金剛寺(あまのさん こんごうじ)

平安時代のお姫様も祈ったお寺

天野山金剛寺が女人高野と呼ばれるきっかけとなったのが、鳥羽天皇の愛娘・八条女院(はちじょうにょいん)。
平安時代末期、保延3(1137)年4月8日に生まれたお姫様(内親王)です。
4月8日はお釈迦様の誕生日であることから、たいへんおめでたいと祝福されたようです。

父の鳥羽上皇に天皇に推薦されたエピソードが残るなど、愛されて育ったことがうかがえます。
父母から莫大な領地を譲りうけた八条女院は、生涯の後半を仏教への帰依と両親の菩提を弔うことに専念しました。

そんな八条女院が篤く庇護したのが天野山 金剛寺です。

当時荒廃していた金剛寺を、兄の後白河上皇とともにバックアップ!
野山の修行僧・阿観上人によって、高野山へと続く古道沿いに金剛峯寺を模した大伽藍が建立されました。
金剛寺は国の繁栄を祈る「祈願所」と定められ、興隆しました。

八条女院に仕えた女房をはじめ、4代にわたり皇室ゆかりの女性が院主(いんじゅ=住職)をつとめています。

高野山からは空海のお姿を描いた肖像画「弘法大師像」がおくられており、
「お大師様に祈りたい」「少しでもお大師様を近くに感じたい」と考える女性たちの、祈りの対象となったことでしょう。

こうして八条女院の篤い庇護を受けた天野山金剛寺は、女性の祈りを集めるお寺「女人高野」として多くの人々に崇敬されています。

国指定重要文化財・大伽藍の御朱印

特別拝観中は御朱印の『大伽藍』が『大日如来』に変わります。
このほか、御詠歌や新西国第七番札所の御朱印などの御朱印をいただけます。

御朱印受付時間

9時~16時半 直書き
御朱印帳あり

アクセス

南海高野線 河内長野駅からバスで20分
南海高野線 河内長野駅から南海バス4番のりば発、
光明池駅前行・槇尾中学校前行・サイクルスポーツセンター行のいずれかに乗車
「天野山」下車

駐車場

寺務所横60台、南大門横20台

歴史
行基が開山、空海が修行、皇女の帰依で女人高野に

  • 【奈良時代】行基によって開山
  • 【平安時代初期】空海がこの地で修行
  • 【平安時代後期】八条女院と後白河上皇の庇護を受け、阿観上人が復興
  • 【南北朝時代】南北朝の天皇の行宮(あんぐう=天皇の仮の住まい)となる
  • 【戦国時代】信長や秀吉、徳川家の庇護を受ける

みどころ1
金堂にいらっしゃる国宝の仏様

※撮影禁止
重要文化財 大日如来坐像(画像中央)は、八条女院の帰依によって建立されました。
大日如来はその名の通りお日様のように世界を照らし宇宙の根源とされる仏様です。
金箔を貼った体や衣、きらびやかなネックレスやイヤリングを身につけられたお姿が特徴的。
高さが約2m40cmと、大きなお姿です。
これはお経に「如来の身長は1丈6尺(約4m80cm)」と書かれていることに由来し、座ったお姿はその半分であると考えられています。
つまり、お経で伝わる大日如来のお姿の等身大の仏像となります。
平成の大修理を終えたばかりで、朱塗りに美しい極彩色の装飾が施された金堂は必見です。

みどころ2
信長・秀吉・家康も愛した天野酒

三大美酒とうたわれた天野酒。
中世の日本では、寺領からの年貢米をもとに、お寺の僧房(僧侶の暮らす建物)でお酒がつくられていました。
なかでも金剛寺の天野酒は一級品!
信長・秀吉・家康をはじめとした時の権力者に献上されました。
信長・秀吉・家康から送られた書状が寺宝として多数残っています。

所在地

大阪府河内長野市天野996

万年山 慈尊院(まんねんさん じそんいん)

空海のお母さんが暮らしたお寺

「我が子の開いた山を一目見たい」
空海の母・玉依御前(たまよりごぜん)は晩年、故郷の香川県から息子を訪ね、この地に移り住みました。

現在はお寺となっている慈尊院ですが、
もとは空海が高野山の表玄関として、また高野山の政所(まんどころ)として開いたものでした。
政所とは、現在でいう運営事務局のようなもの。
女人結界によって高野山に入れなかった玉依御前は麓の政所で暮らします。

高齢の母を気にかける空海は、月に9度、山を降りて母のもとを訪ねたとされ、一帯の地名「九度山」の由来となりました。

翌年、玉依御前は83歳で亡くなります。
空海はこの地にお墓(御廟)を建立し、御前が篤く信仰していた弥勒菩薩像(国宝)を安置されました。
慈尊院の名は、弥勒菩薩の別名(敬称)が「慈尊」であることに由来します。

弥勒菩薩は玉依御前の化身と考えられ、子宝、安産、育児、授乳等を祈願する女性が多く参拝するようになりました。
また、御前がたいへん長命であったことから、長寿や極楽往生の祈願に訪れる方も絶えません。

こうして空海の母・玉依御前をまつる万年山慈尊院は、女性の祈りを集めるお寺「女人高野」として多くの人々に崇敬されています。

空海の母・玉依御前の化身とされる弥勒菩薩の御朱印

乳房型絵馬をデザインした女人高野・日本遺産の青い印入りの御朱印。
このほか、弥勒菩薩様や玉依御前のお姿を切り抜いた切り絵御朱印もいただけます。

御朱印受付時間

9時~17時 直書き
御朱印帳あり

アクセス

南海高野線 九度山駅から徒歩20分

駐車場

あり

歴史
高野山の表玄関から、母公の御廟へ

  • 【平安時代初期】空海が高野山の表玄関として、また庶務をつかさどる政所として伽藍を建立
  • 【平安時代初期】空海の母・玉依御前が移り住む
  • 【平安時代初期】玉依御前の御廟が建つ
  • 【平安時代中期】藤原道長が高野山参詣、政所河南の土地を寄進
  • 【室町時代後期】洪水を避け紀の川沿いから現在地に移転
  • 【江戸時代】政所の一部から、高野山の一寺院となる

みどころ1
女性の祈りの象徴・乳房型絵馬

境内に足を踏み入れるとまず目にとびこんでくるのが白く立体的な絵馬たち!
慈尊院には女性のシンボルでもある乳型絵馬を奉納して「子宝・安産・授乳・乳癌平癒」などを祈願する習わしがあります。
いつのころからか、布で米をくるんだ手作りの絵馬が奉納されるようになりました。
裁縫が一般的でなくなった現在では、簡単に乳房型絵馬が作れるセットが頒布されており、多くの女性が願いを込めて絵馬を奉納しています。

みどころ2
朱色に輝く多宝塔

平成の修復工事を経て、美しくたたずむ朱塗りの塔。
山門をくぐると真っ先に目に飛び込んできます。
多宝塔は空海によって建立されましたが、平安時代に焼失してしまい、江戸時代に再建されました。
大日如来を祀ることから、大日塔とも呼ばれます。
和歌山県の指定文化財です。

所在地

和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832

高野山 金剛峯寺 女人堂(こうやさん こんごうぶじ にょにんどう)

女人結界の入り口

高野線極楽橋駅から高野町中心地へと続く道を進むと、一対の石柱が見えてきます。
この石柱こそが「女人結界」の境界線。

明治時代まで、ここから先に女性が立ち入ることは許されませんでした。

この石柱の手前に建つ平屋建てのお堂は、高野山 金剛峯寺 女人堂。
かつて女性がお大師様の一番近くで祈ることのできた場所です。

この女人堂はおよそ800年前の鎌倉時代、小杉という越後国の宿屋の女性によって建立されました。
小杉は、不貞の濡れ衣で指を切り落とされ、子を亡くすなど悲しい人生を歩みました。
子供の遺髪を持って高野山へお参りしようとしますが、女人結界のため山には入れません。

そこで子供のために貯めていたお金で女人結界の入り口に女性が祈る場所をつくり、訪れた女性たちをもてなすようになりました。

その後、7つの参詣道のそれぞれの入り口に女人堂が建てられましたが、現存するのは1つだけとなっています。

女人堂の3つの御朱印

大日如来様、弁財天様、神変大菩薩様の3尊の御朱印をいただけます。
高野山ではお堂ごとにあわせて12種類の御朱印を頒布しています。

御朱印受付時間

8時半~16時半 直書き
御朱印帳あり(金剛峯寺にて拝受できます)

アクセス

南海高野山ケーブル 高野山駅からバスで6分
南海高野線 極楽橋駅から南海高野山ケーブルで高野山駅へ
高野山駅を発着するいずれかの南海りんかんバスに乗車
「女人堂」下車

駐車場

あり

歴史
女人堂は1人の女性からはじまった

  • 【鎌倉時代】小杉という女性によって建立
  • その後、ほかの参詣道にも女人堂が建つが、現存するのは不動坂の女人堂のみ

みどころ1
女人堂の歴史

女人堂の左奥には、女人堂の歴史を紹介するスペースがあります。
明治時代の女人堂の写真など、女人高野の歴史を感じられる貴重な資料が展示されています。
女人高野めぐりをされる方には必見です。

みどころ2
高野山真言宗 総本山金剛峯寺

女人結界を越えて高野山の中へ。
そこは1200年前、空海が開いた高野山真言宗の総本山です。
中心地の大伽藍を取り囲むように、117のお寺(塔頭寺院)が点在しています。
本堂にあたる「金堂」やお大師様(空海)が今もいらっしゃる「奥之院」にも、参拝してはいかがでしょうか。

所在地

伊都郡高野町高野町高野山709

\投稿するほど当選確率アップ/

参拝記録を投稿する

参拝記録を投稿するだけで応募完了

※アプリ版・Web版どちらをご利用いただいても本キャンペーンの対象となります
※Web版のアカウントをお持ちの方は、アプリ版の初回起動時に表示される画面にて「ログインする」を選択するとデータが引継ぎ・連携されます
※毎回このキャンペーンページを経由しなくても大丈夫です

「女人高野御朱印めぐり ―南海電車の旅―」運営元
・南海電気鉄道株式会社
https://www.nankai.co.jp/
・株式会社DO THE SAMURAI
https://dothesamurai.com/

お問い合わせ
omotenashi@hotokami.jpまでお願いします。

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
crossorigin