御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
金剛宝寺(紀三井寺)ではいただけません
広告

こんごうほうじ(きみいでら)|救世観音宗紀三井山

金剛宝寺(紀三井寺)
和歌山県 紀三井寺駅

拝観:8:00〜17:00 本堂・納経所(祈祷・回向受付は16:00まで) 見学時間:8:30~16:30 仏殿大観音像拝観時間 (写経奉納行・納骨壇見学時間)

御朱印・御朱印帳

御朱印(5種類)

紀三井寺では、7種類の御朱印をいただけます。
そのなかからホトカミに投稿された5種類を紹介します。

救世殿の御朱印

300円

真ん中に救世殿(ぐぜでん)と書かれ、右上に西國第二番の印、真ん中に紀三井山と梵字(十一面観音(上)、梵天(右下)、帝釈天(左下))の宝珠印、左下に金剛寶寺の印、左上に紀三井寺 西國三十三所草創1300年の記念印が押されています。
救世殿と呼ばれる本堂の裏手にある大光明殿には、50年に1度御開帳される秘仏の御本尊十一面観世音菩薩立像や秘仏千手観世音菩薩、御本尊の両脇に梵天像、帝釈天像が安置されています。

御朱印をもっと見る|
251
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に救世殿、左下に紀三井山と書かれ、右上に西国第二番の印、真ん中に梵字の印、左上に西国三十三所草創1300年の印、左下に金剛峯寺の印が押されています。
国指定重要文化財の多宝塔と桜が描かれた御朱印帳があります。
境内には約500本の桜があり、桜の名所としても有名です。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

西国三十三所霊場
西国三十三所観音霊場第2番札所
和歌の浦急峻三社寺巡り・良縁成就
日本さくら名所百選
日本名水百選

ご利益

金剛宝寺(紀三井寺)について

近畿地方に春を呼ぶ寺


開花宣言の目安となる和歌山地方気象台指定の標本木(ソメイヨシノ)が本堂前にある。

和歌山県のおすすめ🎎

広告

おすすめの投稿

くま
2024年02月18日(日)
671投稿

今日は、和歌山市内の神社仏閣を回ろうと思います。
最初は、紀三井寺におまいりに行きました。

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)
金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

ご本堂です。とても荘厳な感じがしました。

金剛宝寺(紀三井寺)の御朱印

直書きの御朱印をいただきました。納経料は300円です。

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

御朱印と一緒にいただきました。

もっと読む
ご朱印モンキー🐵
2022年12月05日(月)
310投稿

【西国33編】
本日は最後にもらい直しで紀三井寺さんへ😅
お金の力を使ったらそこそこ上の駐輪場へ止めれますよ足が元気なら下から石段登って下さい😌
2回目ですがやっぱり立派ですね‼️
今日はここまでと言うことでまた明日も引き続き行きますよもちろんますみんも一緒にね✌

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

和歌山ラーメンを食べて最終目的地✌

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

エレベーターを上がりてくてく歩いた所に金箔を貼ってねお地蔵様がまだまだって感じですね😅

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

カエル🐸はい今日も無事にカエルます😌

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)
金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)
金剛宝寺(紀三井寺)の本殿
金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他
金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)
金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)
金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)
金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

前はなかったですが新しい⛩️です

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

立派な千手観音様で日本一の大きさですよしかも無料で拝観OKです😁

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

では、また明日の無事を祈りつつ帰ります🙋

もっと読む
投稿をもっと見る(148件)

歴史

紀三井寺は、今からおよそ1230年前昔、奈良朝時代、光仁天皇の宝亀元年(AD770)、唐僧・為光上人によって開基された霊刹です。
為光上人は、伝教の志篤く、身の危険もいとわず、波荒き東シナ海を渡って中国(当時の唐国)より到来されました。
そして諸国を巡り、観音様の慈悲の光によって、人々の苦悩を救わんがため、仏法を弘められました。行脚の途次、たまたまこの地に至り、夜半名草山山頂あたりに霊光を観じられて翌日登山され、そこに千手観音様の尊像をご感得になりました。
上人は、この地こそ観音慈悲の霊場、仏法弘通の勝地なりとお歓びになり、十一面観世音菩薩像を、自ら一刀三礼のもとに刻み、一宇を建立して安置されました。それが紀三井寺の起こりとされています。
その後、歴代天皇の御幸があり、また後白河法皇が当山を勅願所と定められて以後隆盛を極め、鎌倉時代には止住する僧侶も五百人を越えたと伝えられています。江戸時代に入ると、紀州徳川家歴代藩主が頻繁に来山され、「紀州祈祷大道場」として尊這崇されました。
正式には「紀三井山金剛宝寺護国院(きみいさんこんごうほうじごこくいん)」という当時の名称を知る人は少なく、全国に「紀三井寺」の名で知られていますが、この紀三井寺とは、紀州にある、三つの井戸が有るお寺ということで名付けられたといわれ、今も境内には、清浄水(しょうじょうすい)、楊柳水(ようりゅうすい)、吉祥水(きっしょうすい)の三井より清水がこんこんと湧き出して、年中絶えることがありません。(紀三井寺の三井水は昭和60年3月、環境庁より日本名水百選に選ばれました)
西国三十三所第2番の札所である当寺は、観音信仰の隆盛に伴い、きびすを接する善男善女は数えるにいとまなく、ご宝前には日夜香煙の絶え間がありません。
特に、ご本尊・十一面観世音菩薩様は、厄除・開運・良縁成就・安産・子授けにご霊験あらたかとされ、毎月十八日の観音様ご縁日を中心に、日参、月参りの篤信者でにぎわいます。
春は、早咲きの名所として名高く、境内から景勝・和歌の浦をはじめ淡路島・四国も遠望出来る紀三井寺は観光地としても有名で、古来文人墨客にして杖引く人も多く、詩歌に、俳諧に、絵画にと、多くの筆の跡が遺されています。
紀三井寺は以前、真言宗山階派の寺院でしたが、昭和26年に独立し現在は、山内・県下あわせて十六ヶ寺の末寺を擁する救世観音宗(ぐぜかんのんしゅう)の総本山となっています。

歴史をもっと見る|
3

金剛宝寺(紀三井寺)の基本情報

住所和歌山県和歌山市紀三井寺1201
行き方

京阪神・関西航空方面より
JR線:和歌山駅より紀勢本線(きのくに線)乗り継ぎ、普通電車南方面へ
   2駅目紀三井寺駅下車徒歩10分
南海電鉄:和歌山市駅より和歌山バス海南方面行き乗車
     紀三井寺バス停下車徒歩10分
高野山方面から
 高野山-橋本(JR和歌山線乗り換え)-和歌山駅。約2時間20分
新宮・那智・勝浦方面から
  新宮-那智-勝浦(JRきのくに線)-海南駅(乗り換え)-紀三井寺駅下車。約4時間

アクセスを詳しく見る

和歌山県のおすすめ🎎

広告
名称金剛宝寺(紀三井寺)
読み方こんごうほうじ(きみいでら)
通称紀三井寺
参拝時間

拝観:8:00〜17:00 本堂・納経所(祈祷・回向受付は16:00まで) 見学時間:8:30~16:30 仏殿大観音像拝観時間 (写経奉納行・納骨壇見学時間)

参拝にかかる時間

1時間

参拝料

大人200円、小・中学生・70歳以上100円

御朱印あり

真ん中に救世殿、左下に紀三井山と書かれ、右上に西国第二番の印、真ん中に梵字の印、左上に西国三十三所草創1300年の印、左下に金剛峯寺の印が押されています。
国指定重要文化財の多宝塔と桜が描かれた御朱印帳があります。
境内には約500本の桜があり、桜の名所としても有名です。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号073-444-1002
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kimiidera.com/
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊十一面観音菩薩
山号紀三井山
院号護国院
宗旨・宗派救世観音宗
創建時代宝亀元年(770)
開山・開基為光上人
札所など

西国三十三所観音霊場第2番札所
和歌の浦急峻三社寺巡り・良縁成就
日本さくら名所百選
日本名水百選

文化財

楼門,鐘楼,多宝塔,本尊十一面観世音菩薩,秘仏・千手観音菩薩,十一面観世音菩薩,梵天,帝釈天(国指定重要文化財)
本堂(県指定文化財)

ご由緒

紀三井寺は、今からおよそ1230年前昔、奈良朝時代、光仁天皇の宝亀元年(AD770)、唐僧・為光上人によって開基された霊刹です。
為光上人は、伝教の志篤く、身の危険もいとわず、波荒き東シナ海を渡って中国(当時の唐国)より到来されました。
そして諸国を巡り、観音様の慈悲の光によって、人々の苦悩を救わんがため、仏法を弘められました。行脚の途次、たまたまこの地に至り、夜半名草山山頂あたりに霊光を観じられて翌日登山され、そこに千手観音様の尊像をご感得になりました。
上人は、この地こそ観音慈悲の霊場、仏法弘通の勝地なりとお歓びになり、十一面観世音菩薩像を、自ら一刀三礼のもとに刻み、一宇を建立して安置されました。それが紀三井寺の起こりとされています。
その後、歴代天皇の御幸があり、また後白河法皇が当山を勅願所と定められて以後隆盛を極め、鎌倉時代には止住する僧侶も五百人を越えたと伝えられています。江戸時代に入ると、紀州徳川家歴代藩主が頻繁に来山され、「紀州祈祷大道場」として尊這崇されました。
正式には「紀三井山金剛宝寺護国院(きみいさんこんごうほうじごこくいん)」という当時の名称を知る人は少なく、全国に「紀三井寺」の名で知られていますが、この紀三井寺とは、紀州にある、三つの井戸が有るお寺ということで名付けられたといわれ、今も境内には、清浄水(しょうじょうすい)、楊柳水(ようりゅうすい)、吉祥水(きっしょうすい)の三井より清水がこんこんと湧き出して、年中絶えることがありません。(紀三井寺の三井水は昭和60年3月、環境庁より日本名水百選に選ばれました)
西国三十三所第2番の札所である当寺は、観音信仰の隆盛に伴い、きびすを接する善男善女は数えるにいとまなく、ご宝前には日夜香煙の絶え間がありません。
特に、ご本尊・十一面観世音菩薩様は、厄除・開運・良縁成就・安産・子授けにご霊験あらたかとされ、毎月十八日の観音様ご縁日を中心に、日参、月参りの篤信者でにぎわいます。
春は、早咲きの名所として名高く、境内から景勝・和歌の浦をはじめ淡路島・四国も遠望出来る紀三井寺は観光地としても有名で、古来文人墨客にして杖引く人も多く、詩歌に、俳諧に、絵画にと、多くの筆の跡が遺されています。
紀三井寺は以前、真言宗山階派の寺院でしたが、昭和26年に独立し現在は、山内・県下あわせて十六ヶ寺の末寺を擁する救世観音宗(ぐぜかんのんしゅう)の総本山となっています。

体験重要文化財花の名所札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ