神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

こんごうほうじ(きみいでら)|救世観音宗紀三井山

金剛宝寺(紀三井寺)

和歌山県 紀三井寺駅

拝観:8:00〜17:00 本堂・納経所(祈祷・回向受付は16:00まで) 見学時間:8:30~16:30 仏殿大観音像拝観時間 (写経奉納行・納骨壇見学時間)

投稿する
073-444-1002

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(5種類)

紀三井寺では、7種類の御朱印をいただけます。
そのなかからホトカミに投稿された5種類を紹介します。

救世殿の御朱印

300円

真ん中に救世殿(ぐぜでん)と書かれ、右上に西國第二番の印、真ん中に紀三井山と梵字(十一面観音(上)、梵天(右下)、帝釈天(左下))の宝珠印、左下に金剛寶寺の印、左上に紀三井寺 西國三十三所草創1300年の記念印が押されています。
救世殿と呼ばれる本堂の裏手にある大光明殿には、50年に1度御開帳される秘仏の御本尊十一面観世音菩薩立像や秘仏千手観世音菩薩、御本尊の両脇に梵天像、帝釈天像が安置されています。

御詠歌の御朱印

300円

御詠歌「ふるさとを はるばるここに 紀三井寺 花の都も 近くなるらん」と書かれ、右上に西國第二番の印、真ん中に紀三井山と梵字(十一面観音(上)、梵天(右下)、帝釈天(左下))の宝珠印、左下に金剛寶寺の印、左上に紀三井寺 西國三十三所草創1300年の記念印が押されています。
西国三十三所巡礼第二番、紀三井寺の御詠歌は、「ふるさとである京の都を後にして、幾千里の山河を越え、熊野・那智山からはるばるここ紀三井寺にやっとの思いで到着してみると、折から水ぬるむ春近き季節で、わがふるさと、京の都も近づいたこともあって、ほっと安堵することよ」と、花山法皇が西国三十三所の観音霊場を御巡拝なされた折の心境を伺い知ることができます。

清浄水の御詠歌御朱印

300円

「ゆくものは かくこそあれと瀧の水 かえらぬかげも したわれぞする」と書かれ、右上に三井水 清浄水の印、真ん中に梵字(不動明王)の宝珠印、左下に紀三井山瀧本院の印が押されています。
この御詠歌は、「私達この世で生活する者は、この瀧本の水「清浄水」がしめしているように清らかな心で日々生活していれば、たとえ姿形が見えぬ人になろうとも後々思い慕われるでありましょう」という意味です。

波切不動の御朱印

300円

真ん中に波切不動と書かれ、右上に弘法大師御作の印、真ん中に梵字(不動明王)の宝珠印、左下に紀三井山の文字、紀三井山瀧之坊印が押されています。
波切不動は、弘法大師が唐からの帰国の折、嵐に遭い船が難破しかけた時、大師自らが刻んだ不動明王に祈念すると、不動明王が右手に持った利剣で波を切り裂き無事に帰国を果たせた、という伝説が由来で、航海の安全、厄除け不動として厚く信仰されています。

松樹院(身代わり大師)の御朱印

300円

真ん中に身代り不動と書かれ、右上に厄除の印、真ん中に紀三井山と梵字の宝珠印、左下に紀三井山の文字、松樹院印が押されています。
松樹院には身代り大師が祀られていて、災いを弘法大師が代わりに引き受けてくださると言われています。

御朱印帳(4種類)

紀三井寺では、数多くの御朱印帳をいただけます。 
そのなかからホトカミに投稿された4種類を紹介します。
本堂と多宝塔、本堂と新仏殿の御朱印帳はそれぞれ2色あります。

本堂と多宝塔の御朱印帳(水色)

1,500円
約16×11cm
水、黒

水色の地に桜が満開の御朱印帳で、表面は本堂が描かれ、真ん中上部に御朱印帳の文字、裏面は本瓦葺三間の多宝塔が描かれ、左上に紀三井寺の文字が入っています。
紀三井寺は関西一の早咲き桜の名所として知られており、日本さくら名所100選にも選定されていて、名草山の中腹に位置し、桜越しに和歌浦湾の絶景が広がります。

本堂と多宝塔の御朱印帳(黒色)

1,500円
約16×11cm
水、黒

黒色の地に桜が満開の御朱印帳で、表面は本堂が描かれ、真ん中上部に御朱印帳の文字、裏面は本瓦葺三間の多宝塔が描かれ、左上に紀三井寺の文字が入っています。
紀三井寺は関西一の早咲き桜の名所として知られており、日本さくら名所100選にも選定されていて、名草山の中腹に位置し、桜越しに和歌浦湾の絶景が広がります。

本堂と新仏殿の御朱印帳(水色)

水色の地に、表面は桜の時期の本堂が描かれ、左上に御朱印帳の文字、裏面は新仏殿が描かれ、真ん中にに紀三井寺の文字が入っています。
新仏殿には高さ12mの大千手十一面観世音菩薩像が安置され、また、3階は展望台になっており、紀三井寺の境内はもちろん、和歌浦湾まで見晴らせる絶景ポイントになっています。

本堂と新仏殿の御朱印帳(黒色)

黒色の地に、表面は桜の時期の本堂が描かれ、左上に御朱印帳の文字、裏面は新仏殿が描かれ、真ん中にに紀三井寺の文字が入っています。
新仏殿には高さ12mの大千手十一面観世音菩薩像が安置され、また、3階は展望台になっており、紀三井寺の境内はもちろん、和歌浦湾まで見晴らせる絶景ポイントになっています。

紀三井寺開創1250年記念特別御朱印帳

カラフルな格子柄に梵字が組み込まれた御朱印帳で、表面は左上にGoshuinchoの文字、下部にKimiidera1250の文字が入った紀三井寺開創1250年記念特別御朱印帳です。

西国礼所会推薦 西国三十三所観音霊場 御納経帳

紐綴じバインダー式の御朱印帳で、金襴の地に、上部に西国三十三所草創1300年記念ロゴ、左上に西国礼所会推薦 西国三十三所観音霊場 御納経帳 水彩画入りの文字が入っています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、本堂右側にある納経所でお受けできます。

御朱印の受付時間は8時~17時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
149
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に救世殿、左下に紀三井山と書かれ、右上に西国第二番の印、真ん中に梵字の印、左上に西国三十三所草創1300年の印、左下に金剛峯寺の印が押されています。
国指定重要文化財の多宝塔と桜が描かれた御朱印帳があります。
境内には約500本の桜があり、桜の名所としても有名です。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

西国三十三所霊場
西国三十三所観音霊場第2番札所
和歌の浦急峻三社寺巡り・良縁成就
日本さくら名所百選
日本名水百選

ご利益

金剛宝寺(紀三井寺)について

近畿地方に春を呼ぶ寺


開花宣言の目安となる和歌山地方気象台指定の標本木(ソメイヨシノ)が本堂前にある。

おすすめの投稿

nomuten
2021年05月25日(火)
399投稿

和歌山県寺巡りの3寺目は、和歌山市内に在る紀三井山 金剛宝寺 護国院です。紀三井寺の方が名が通っています。西国三十三所観音霊場 第2番札所。久世観音宗 総本山で、本尊は秘仏・十一面観音。
昨年、紀三井寺開創1250年という事で、50年に1度しか開帳されない秘仏本尊の十一面観音と秘龕仏の千手観音を開帳しましたが、コロナ禍により開帳期間を短縮(中断)したため、今年も「よみがえり御開帳」と銘打って4月8日~5月29日に開帳となりました。期間限定というワードと物好きが相まって、昨年に続き今年も拝観しに来てしまいました。

伝えによれば、770年に唐から来日した僧の為光上人が諸国を巡り、この近くに泊まった際に金色の光を見てそこへ行ってみると千手観音だった。それを胎内仏として十一面観音を彫り、草庵に安置したのが始まりとの事です。
また山内から湧き出す3つの霊泉(清浄水、楊柳水、吉祥水)から紀三井寺と名付けたと云われています。
詳細な資料が残っていませんが、13世紀頃には隆盛を誇っていたが、1585年の紀州征伐で寺領を没収。江戸時代に入り紀州徳川家の寄進により復興したとの事です。

朱の楼門(重文指定)をくぐると231段の石段が待ち構えています。石段の途中には諸堂や三井水があります。石段を登りきると六角堂。左手へ進むと鐘楼(重文指定)、大師堂があり、その先に本堂です。参拝を済ませてから特別拝観の手続きをしていよいよ内陣に入ります。と言っても仏像は本堂の裏側に造られた大光明殿(収蔵庫)に移されています。本堂内陣から大光明殿に入ると向かって左から毘沙門天、帝釈天、秘仏本尊の十一面観音、秘龕仏の千手観音、梵天、十一面観音と6躯並んでいます。どの仏像もとても素敵です。全て平安時代の作で毘沙門天以外の5躯は重文指定されています。(秘仏本尊と秘龕仏は渡された案内パンフにも写真を載せない徹底ぶり)
本堂左側の寺務所にて御朱印を頂き、本堂の右手にある石段を上ると三社権現、開山堂、多宝塔(重文指定)があります。戻って六角堂の先には平成20年落慶の真新しい仏殿があり、堂内には高さ25mの十一面観音が祀られています。(木造立像仏では国内最大との事。)
私が撮った下手糞な写真を載せておりますが、木の葉が生い茂って建物が結構隠れています。殆どが桜の木で、境内は桜の名所です。春先には多くの方が参拝されると思います。
尚、体が不自由な方や年配の方のために本堂裏手に駐車場があるそうですが、楼門前の参道?の両側にコインパーキングがあります。

金剛宝寺(紀三井寺)の御朱印

御朱印(軸装納経帳)

金剛宝寺(紀三井寺)の山門

楼門

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

阿形

金剛宝寺(紀三井寺)の像

吽形

金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他

結縁坂

金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他

三井水(清浄水)

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

六角堂

金剛宝寺(紀三井寺)の塔

鐘楼

金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他

大師堂

金剛宝寺(紀三井寺)の手水

手水

金剛宝寺(紀三井寺)の本殿

本堂

金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他金剛宝寺(紀三井寺)の本殿金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

三社権現

金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他

多宝塔

金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他

開山堂

金剛宝寺(紀三井寺)の景色
もっと読む
nahi
2017年09月02日(土)
222投稿

 和歌山の紀三井寺へ。海を見ながら満開の桜を堪能。しかし、ここへ来たのは桜だけが目的ではない。元会津藩士で、あの見廻組だった佐々木只三郎の墓があると聞いたからだ。数年前に訪ねた、心眼寺にある桂早之助と渡辺吉太郎(一郎とも。維新後、篤と改名)の墓に続き、龍馬と中岡の暗殺実行犯の眠る場所へ向かう。はたして境内のかなり奥の、荒れに荒れた墓地にそれはあった。現地には案内などまったくなく、おまけに足元はかなり悪い。向かって左が佐々木家の累代墓で、右側が只三郎の墓である。正面に「徳川家臣 佐々木只三郎源高城墓」、側面には「慶応四年正月六日戦 橋本中砲丸経二日没 太田健一建之 宿坊 当山滝之坊」とある。 鳥羽・伏見の戦いの折、現在の枚方市樟葉あたりの戦闘で重傷を負い、紀州方面への敗走中にこの寺で死去している。墓を建てた太田健一氏は、只三郎の兄・直右衛門の曾孫にあたる人物だそうである。

 学生時代に、早乙女貢さんの『竜馬を斬った男』と、それを原作にした映画を観て只三郎のことを知った。龍馬と中岡を斬った一人ということもあり(そういえば、新撰組の生みの親である清川八郎を暗殺したのも彼だったな)、あまり良くは言われないが、会津人、そして「徳川家臣」としての誇りを持ち、あの時代を生きた日本人である。

金剛宝寺(紀三井寺)のお墓金剛宝寺(紀三井寺)の自然金剛宝寺(紀三井寺)の自然金剛宝寺(紀三井寺)の自然金剛宝寺(紀三井寺)のお祭り金剛宝寺(紀三井寺)の金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他金剛宝寺(紀三井寺)の景色金剛宝寺(紀三井寺)の建物その他
もっと読む
碧。
2021年05月24日(月)
109投稿

令和2年 / 【GoToで 】和歌山・大阪1泊旅。

2日目。
粉河寺に続いて、3ヶ所目はこちらのお寺です。
西国三十三所・二番目のお寺です。
今回、旅行に行く事が出来る様になり、最初に和歌山に行く事にしたのは、
このお寺の50年に1度とされる、秘仏御本尊の御開帳に行きたかったからです。
お寺のお坊さんとお話をさせて頂きましたが、本当に行って良かったです。
(コロナの影響で一時的に拝観停止をされた結果、令和3年4月8日~5月29日迄、
紀三井寺秘仏御本尊《よみがえり御開帳》として拝観可能だそうです。)
勝手にお勧めします。

続いては仏殿で、大千手十一面観世音菩薩像を拝観。
(こちらは、写真OKでした。)
木造立像では日本最大の仏像との事、確かに大きかったです。

そう言えば、参道の石段で『タヌキ』を見ました。
結構、急な石段を登って行きます。
「やるなー😊」

次は【葛井寺】へ向かいます。

ですが、その前に。
JR和歌山駅から特急くろしおに乗車する前にお昼ご飯を。
【総本家 めはり屋】の『めはり定食』を頂きました。

金剛宝寺(紀三井寺)の山門

『楼門』

金剛宝寺(紀三井寺)の本殿

『本堂』

金剛宝寺(紀三井寺)の本殿

『本堂』

金剛宝寺(紀三井寺)の本殿

『本堂』

金剛宝寺(紀三井寺)の仏像

『仏殿』にて『大千手十一面観世音菩薩像』

金剛宝寺(紀三井寺)の御朱印

御朱印

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

後ろ姿がキュートでした❤️

金剛宝寺(紀三井寺)(和歌山県)

【総本家 めはりや 和歌山店】の『めはり定食』です。

もっと読む
投稿をもっと見る(85件)

歴史

紀三井寺は、今からおよそ1230年前昔、奈良朝時代、光仁天皇の宝亀元年(AD770)、唐僧・為光上人によって開基された霊刹です。
為光上人は、伝教の志篤く、身の危険もいとわず、波荒き東シナ海を渡って中国(当時の唐国)より到来されました。
そして諸国を巡り、観音様の慈悲の光によって、人々の苦悩を救わんがため、仏法を弘められました。行脚の途次、たまたまこの地に至り、夜半名草山山頂あたりに霊光を観じられて翌日登山され、そこに千手観音様の尊像をご感得になりました。
上人は、この地こそ観音慈悲の霊場、仏法弘通の勝地なりとお歓びになり、十一面観世音菩薩像を、自ら一刀三礼のもとに刻み、一宇を建立して安置されました。それが紀三井寺の起こりとされています。
その後、歴代天皇の御幸があり、また後白河法皇が当山を勅願所と定められて以後隆盛を極め、鎌倉時代には止住する僧侶も五百人を越えたと伝えられています。江戸時代に入ると、紀州徳川家歴代藩主が頻繁に来山され、「紀州祈祷大道場」として尊這崇されました。
正式には「紀三井山金剛宝寺護国院(きみいさんこんごうほうじごこくいん)」という当時の名称を知る人は少なく、全国に「紀三井寺」の名で知られていますが、この紀三井寺とは、紀州にある、三つの井戸が有るお寺ということで名付けられたといわれ、今も境内には、清浄水(しょうじょうすい)、楊柳水(ようりゅうすい)、吉祥水(きっしょうすい)の三井より清水がこんこんと湧き出して、年中絶えることがありません。(紀三井寺の三井水は昭和60年3月、環境庁より日本名水百選に選ばれました)
西国三十三所第2番の札所である当寺は、観音信仰の隆盛に伴い、きびすを接する善男善女は数えるにいとまなく、ご宝前には日夜香煙の絶え間がありません。
特に、ご本尊・十一面観世音菩薩様は、厄除・開運・良縁成就・安産・子授けにご霊験あらたかとされ、毎月十八日の観音様ご縁日を中心に、日参、月参りの篤信者でにぎわいます。
春は、早咲きの名所として名高く、境内から景勝・和歌の浦をはじめ淡路島・四国も遠望出来る紀三井寺は観光地としても有名で、古来文人墨客にして杖引く人も多く、詩歌に、俳諧に、絵画にと、多くの筆の跡が遺されています。
紀三井寺は以前、真言宗山階派の寺院でしたが、昭和26年に独立し現在は、山内・県下あわせて十六ヶ寺の末寺を擁する救世観音宗(ぐぜかんのんしゅう)の総本山となっています。

歴史をもっと見る|
3

金剛宝寺(紀三井寺)の基本情報

住所和歌山県和歌山市紀三井寺1201
行き方

京阪神・関西航空方面より
JR線:和歌山駅より紀勢本線(きのくに線)乗り継ぎ、普通電車南方面へ
   2駅目紀三井寺駅下車徒歩10分
南海電鉄:和歌山市駅より和歌山バス海南方面行き乗車
     紀三井寺バス停下車徒歩10分
高野山方面から
 高野山-橋本(JR和歌山線乗り換え)-和歌山駅。約2時間20分
新宮・那智・勝浦方面から
  新宮-那智-勝浦(JRきのくに線)-海南駅(乗り換え)-紀三井寺駅下車。約4時間

アクセスを詳しく見る
名称金剛宝寺(紀三井寺)
読み方こんごうほうじ(きみいでら)
通称紀三井寺
参拝時間

拝観:8:00〜17:00 本堂・納経所(祈祷・回向受付は16:00まで) 見学時間:8:30~16:30 仏殿大観音像拝観時間 (写経奉納行・納骨壇見学時間)

参拝にかかる時間

1時間

参拝料

大人200円、小・中学生・70歳以上100円

御朱印あり

真ん中に救世殿、左下に紀三井山と書かれ、右上に西国第二番の印、真ん中に梵字の印、左上に西国三十三所草創1300年の印、左下に金剛峯寺の印が押されています。
国指定重要文化財の多宝塔と桜が描かれた御朱印帳があります。
境内には約500本の桜があり、桜の名所としても有名です。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号073-444-1002
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kimiidera.com/
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊十一面観音菩薩
山号紀三井山
院号護国院
宗旨・宗派救世観音宗
創建時代宝亀元年(770)
開山・開基為光上人
札所など

西国三十三所観音霊場第2番札所
和歌の浦急峻三社寺巡り・良縁成就
日本さくら名所百選
日本名水百選

文化財

楼門,鐘楼,多宝塔,本尊十一面観世音菩薩,秘仏・千手観音菩薩,十一面観世音菩薩,梵天,帝釈天(国指定重要文化財)
本堂(県指定文化財)

ご由緒

紀三井寺は、今からおよそ1230年前昔、奈良朝時代、光仁天皇の宝亀元年(AD770)、唐僧・為光上人によって開基された霊刹です。
為光上人は、伝教の志篤く、身の危険もいとわず、波荒き東シナ海を渡って中国(当時の唐国)より到来されました。
そして諸国を巡り、観音様の慈悲の光によって、人々の苦悩を救わんがため、仏法を弘められました。行脚の途次、たまたまこの地に至り、夜半名草山山頂あたりに霊光を観じられて翌日登山され、そこに千手観音様の尊像をご感得になりました。
上人は、この地こそ観音慈悲の霊場、仏法弘通の勝地なりとお歓びになり、十一面観世音菩薩像を、自ら一刀三礼のもとに刻み、一宇を建立して安置されました。それが紀三井寺の起こりとされています。
その後、歴代天皇の御幸があり、また後白河法皇が当山を勅願所と定められて以後隆盛を極め、鎌倉時代には止住する僧侶も五百人を越えたと伝えられています。江戸時代に入ると、紀州徳川家歴代藩主が頻繁に来山され、「紀州祈祷大道場」として尊這崇されました。
正式には「紀三井山金剛宝寺護国院(きみいさんこんごうほうじごこくいん)」という当時の名称を知る人は少なく、全国に「紀三井寺」の名で知られていますが、この紀三井寺とは、紀州にある、三つの井戸が有るお寺ということで名付けられたといわれ、今も境内には、清浄水(しょうじょうすい)、楊柳水(ようりゅうすい)、吉祥水(きっしょうすい)の三井より清水がこんこんと湧き出して、年中絶えることがありません。(紀三井寺の三井水は昭和60年3月、環境庁より日本名水百選に選ばれました)
西国三十三所第2番の札所である当寺は、観音信仰の隆盛に伴い、きびすを接する善男善女は数えるにいとまなく、ご宝前には日夜香煙の絶え間がありません。
特に、ご本尊・十一面観世音菩薩様は、厄除・開運・良縁成就・安産・子授けにご霊験あらたかとされ、毎月十八日の観音様ご縁日を中心に、日参、月参りの篤信者でにぎわいます。
春は、早咲きの名所として名高く、境内から景勝・和歌の浦をはじめ淡路島・四国も遠望出来る紀三井寺は観光地としても有名で、古来文人墨客にして杖引く人も多く、詩歌に、俳諧に、絵画にと、多くの筆の跡が遺されています。
紀三井寺は以前、真言宗山階派の寺院でしたが、昭和26年に独立し現在は、山内・県下あわせて十六ヶ寺の末寺を擁する救世観音宗(ぐぜかんのんしゅう)の総本山となっています。

体験重要文化財花の名所札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー