御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
大川八幡神社ではいただけません
広告

おおかわはちまんじんじゃ

大川八幡神社
和歌山県 加太駅

大川八幡神社の基本情報

住所和歌山県和歌山市大川48
行き方

南海加太線加太駅 徒歩44分

アクセスを詳しく見る

和歌山県のおすすめ🎎

広告
名称大川八幡神社
読み方おおかわはちまんじんじゃ
御朱印なし
電話番号073-459-0368
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》応神天皇,《配》仲哀天皇,神功皇后
本殿木造檜皮葺八幡造霧除付
ご由緒

 御祭神は、応神天皇・仲哀天皇・神功皇后の三神である。創立年代は不詳であるが、『紀伊続風土記』によると、「前は今の社地より五丁(545m)西にあった住吉神社の境内に鎮座していたが、寛永年間(1624〜1644)紀州藩士山本十太夫が当所を支配したとき、村民阿舎梨孫右衛門と協力して現在地に移したという」とあり、また、「今村中の産土神とす 社殿壮麗にして 尋常一村の産土神の体にあらず」とも記されているが、それを裏付けるように、「廻船問屋中」と記銘された、高さ4mにも及ぶ壮大な石灯籠が4基奉納されており、また今は老朽化しているが、絵馬殿には、5.5m程の菱垣廻船の模型が保存されていることなどから、江戸中期には、紀州廻船の一翼を担う重要な廻船基地として、繁栄した面影が偲ばれる。尚、この菱垣廻船の模型は、古老の話によれば、例祭の宵祭から本祭にかけてこの船を飾り付け、村の若衆等が、祭半纏に向う鉢巻き威勢よく、村中を練り歩いたという。だが、現在は過疎地で若者も少なく、持ち運びもできない状態なので、絵馬殿に保存されたままである。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ