神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

にしあらいだいしそうじじ|真言宗豊山派

西新井大師総持寺

東京都 大師前駅

8:00~18:00 各種受付は9:00~16:30

投稿する
03-3890-2345

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(1種類)

西新井大師総持寺では、2種類の御朱印をいただけます。
そのなかからホトカミに投稿された厄除弘法大師の御朱印を紹介します。

厄除弘法大師の御朱印

300円

真ん中に厄除弘法大師と書かれ、右上に仏法僧の印、右下に五智山の文字、真ん中に蓮華座に梵字(十一面観音)の火焔宝珠印、左下に西新井大師の文字、五智山総持寺の印が押されています。
總持寺の開基である弘法大師が疫病に苦しむ村人救済のため、十一面観音像と自身の尊像を彫り護摩祈願したところ、枯井戸から清らかな水が湧き出し、村人は平癒したと伝えられています。
弘法大師によって彫られた像は大本堂内に秘仏として祀られ、また、霊水が湧き出した井戸は「西新井」の地名の由来にもなっています。
西新井大師は、川崎大師や観福寺大師堂とともに関東厄除け三大師として知られ、江戸時代には女性の厄除け祈願所として名を馳せました。

御朱印帳(2種類)

西新井大師総持寺では、西新井大師と東国花の寺百ヶ寺の2種類の御朱印帳が頒布されています。

西新井大師の納経帖

1,000円
約16×11cm

茶色の地に牡丹唐草文様、表面は左上に納経帖の文字、裏面は真ん中に寺紋と西新井大師の文字が入っています。
寺紋は、右が五七桐紋、左が「大」が四つで「大師」を意味しています。

東国花の寺百ヶ寺御朱印帳(上巻)

1,500円
約21×15cm

赤色の地に花柄文様、様々な花の刺繍が施され、表面は真ん中に東国花の寺百ヶ寺の文字、御朱印帳の文字と上巻のマークが入り、裏面は真ん中に東国花の寺百ヶ寺の文字が入ったバインダー式の御朱印帳です。
2020年に開創20周年を迎えた東国花の寺百ヶ寺は、関東1都6県の「花の寺」と称される103の寺院で構成され、東国花の寺百ヶ寺御朱印帳の上巻には、東京、埼玉、群馬、栃木の寺院が収録されています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、本堂二階にある御朱印納経所でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~16時30分。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
132
御朱印について
御朱印
あり

梵字にご本尊のパワーがこめられている!

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
なし

なし

巡礼

ご利益

西新井大師総持寺について

女性に愛された厄除け大師


厄災消除の祈願寺として創建された由来を持ち、江戸時代には女性の厄除け祈願所として名を馳せました。
現在も全国から多くの人が厄除けの霊場として訪れ、また厄除けだけでなく様々な所願成就や初参り、七五三等、毎日護摩祈願を行っています。

四季折々の花が咲き誇る境内


「西の長谷寺・東の西新井」と言われ、ぼたんの名所としてよく知られる西新井大師。他にも梅や桜、藤など四季折々のお花が楽しめます。

おすすめの投稿

惣一郎
2021年03月07日(日)
795投稿

總持寺(そうじじ)は、足立区西新井にある真言宗豊山派の寺院。山号は五智山、院号は遍照院。本尊は十一面観音菩薩と弘法大師。通称「西新井大師」の名で知られている。「火伏せ大師」「ボタン大師」「関東の高野山」などの別称もある。「関東三大師」の一つとされる。関東八十八箇所・特別霊場、関東三十六不動26番、東国花の寺百ケ寺・東京1番。

寺伝によると、弘法大師・空海が関東巡錫の途上この地を訪れ、本尊の十一面観音菩薩を彫り、平安初期の826年に当寺を建立したとしている。

当寺は、東武大師線・大師駅から徒歩1分。東武伊勢崎線・西新井駅からだと1kmほど。車だと環七通りからすぐ。境内はかなり広く、参拝客が多く入る場所以外に、参拝客がほとんど入らない光明殿・八角堂エリアや牡丹園エリアなどがある。メインの境内は広い上に見どころ満載で飽きさせない。参拝客か地元民か分からないが、とにかく人が多く、それに応じて屋台の出店もかなり多い。

参拝時は週末の昼過ぎで、境内はたくさんの参拝客がいた。本堂前は交通安全祈願の車両でいっぱいで、本堂のみの雰囲気のある写真が撮れないぐらい。お守札授与所、おみくじ処、お護摩受付処は特設プレハブ。正月や節分はすごい混雑と想像される。

西新井大師総持寺の山門

参道からの境内入口<山門>。

西新井大師総持寺の山門

山門をくぐる。

西新井大師総持寺の地蔵

まず左手に<塩地蔵>。功徳があったら塩を倍返しする。

西新井大師総持寺の建物その他

同じく左手の<六角観音堂>。手前に屋台が建ち並ぶ。

西新井大師総持寺の地蔵

参道右手の<延命水洗地蔵尊>。信じると十種の福徳を授かり、特に寿命長遠の功徳があるとのこと。

西新井大師総持寺の建物その他

参道左手の<御祈願受付所・札守授与所>。御朱印はこちら。

西新井大師総持寺の本殿

参道の突き当りの<大本堂>。祈祷の車両が並んでいて、見た目がイマイチ。(このお寺の唯一の欠点かな...)

西新井大師総持寺の本殿

大本堂入口。

西新井大師総持寺の建物その他

大本堂から境内を望む。

西新井大師総持寺の建物その他

境内左手のメイン、<不動堂>。

西新井大師総持寺の地蔵

不動堂の脇にある<水子供養地蔵尊>。

西新井大師総持寺の建物その他

<三匝堂>(左)と<加持水舎>(右)。

西新井大師総持寺の仏像

大日如来像。

西新井大師総持寺の自然

大日如来像の近くに建つ古木。立派な枝ぶり。

西新井大師総持寺の本殿

ここからは、大本堂左手のエリアに進む。

西新井大師総持寺の仏像

四国八十八箇所霊場お砂踏み巡礼所。

西新井大師総持寺の像

弘法大師像。

西新井大師総持寺の像

稚児大師尊像。

西新井大師総持寺の庭園

庭園と池。左奥には<十三重宝塔>が建つ。

西新井大師総持寺の庭園

池の奥から大本堂を望む。

西新井大師総持寺の末社

境内奥に建つ<権現堂>。

西新井大師総持寺の建物その他

権現堂の右隣に建つ<如意輪堂(女人堂)>。

西新井大師総持寺の建物その他

如意輪堂の右手に建つ<奥の院>。高野山奥の院を関東に奉迎して祀ったもの。

西新井大師総持寺の末社

大本堂の右奥に建つ<出世稲荷神社>。

西新井大師総持寺の庭園

参道に戻って授与所の対面にある庭園。写真右側は<鐘楼堂>。

西新井大師総持寺の自然

庭園の一部の<藤棚>。多くの人がこの周りで寛いでいた。

西新井大師総持寺の建物その他

境内右手にある<寺務所>。

西新井大師総持寺の本殿

境内右手から本堂を望む。

西新井大師総持寺(東京都)

境内右手の<東門>から外に出ると<西新井大師牡丹園>。本日は閉まっている。

西新井大師総持寺の本殿

大師駅方向の別の敷地に建つ<光明殿>。

西新井大師総持寺の建物その他

光明殿の前に立つ<八角堂>。

西新井大師総持寺の自然

境内では、枝垂れ紅梅が咲いていた。

もっと読む
Gorilla-King
2021年03月31日(水)
449投稿

関東三十六不動尊霊場 第26番札所
関東88箇所霊場 特別霊場
真言宗豊山派 ご本尊 十一面観世音菩薩

天長年間(824-33)、弘法大師は東国を巡錫し、この地で悪疫流行に苦んでいた多くの人々を救うため、十一面観世音菩薩と自身の像を造顕し、一宇を建立して奉安した。

そして21日間祈祷したところ浄水が涌き出て病はたちまち平癒したという。これが当寺のはじまりで、西新井の地名もこの霊泉からつけられたという。以来数度の災火に遭ったが尊像は難を免れ「厄除・火伏の大師」と信仰されてきた。

江戸時代の慶安元年(1648)、徳川家光から二十石の朱印を賜り、元文2年(1737)、吉宗が参詣し広く信仰を集めた。

昭和41年の災火の際も、本尊と弘法大師像は無事で、昭和46年に壮大な本堂が再建された。寺宝に平安時代の鋳銅刻画蔵王権現(国宝)、絹本着色弘法大師像(国重文)など数多くある。ぼたんの名所でもあり、西の長谷寺・東の西新井とよばれ境内に100種・2500株程あり、4月上旬の花まつりの頃から開花し多くの人で賑わう。

西新井大師総持寺の建物その他西新井大師総持寺の山門

山門

西新井大師総持寺の像西新井大師総持寺の像西新井大師総持寺の建物その他西新井大師総持寺の地蔵

塩地蔵

西新井大師総持寺の末社

六角観音堂

西新井大師総持寺の手水

手水舎

西新井大師総持寺の像

大日如来尊像

西新井大師総持寺の建物その他

加持水舎

西新井大師総持寺の建物その他

三匝堂

西新井大師総持寺の庭園西新井大師総持寺の末社

不動堂

西新井大師総持寺の像

お大師さま

西新井大師総持寺の像西新井大師総持寺の仏像

四国お砂踏み霊場

西新井大師総持寺の自然西新井大師総持寺の自然西新井大師総持寺の建物その他

稚児大師

西新井大師総持寺の庭園西新井大師総持寺の末社

弁天堂

西新井大師総持寺の建物その他

権現堂

西新井大師総持寺の建物その他

女人堂

西新井大師総持寺の建物その他

奥の院

西新井大師総持寺の末社

出世稲荷明神

西新井大師総持寺の末社西新井大師総持寺の末社西新井大師総持寺の本殿西新井大師総持寺の本殿

本堂

西新井大師総持寺の本殿西新井大師総持寺の本殿
もっと読む
投稿をもっと見る(106件)

西新井大師総持寺の基本情報

住所東京都足立区西新井1-15-1
行き方

東武大師線 大師前駅下車 徒歩5分
日暮里舎人ライナー 西新井大師西駅下車 徒歩20分

アクセスを詳しく見る
名称西新井大師総持寺
読み方にしあらいだいしそうじじ
通称西新井大師
参拝時間

8:00~18:00 各種受付は9:00~16:30

御朱印あり

梵字にご本尊のパワーがこめられている!

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号03-3890-2345
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.nishiaraidaishi.or.jp/
おみくじあり
SNS

詳細情報

ご本尊十一面観世音 弘法大師
宗旨・宗派真言宗豊山派
体験写経・写仏祈祷お祓い七五三国宝重要文化財花の名所

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ