御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

いるぎじんじゃ

居木神社

公式東京都 大崎駅

投稿する
03-3491-7490

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

オリンピック・パラリンピック成功祈願 御朱印

7月1日㈭~7月24日㈯
書置きのみ授与  毎日9:00~17:00

居木神社の御朱印

オリンピック・パラリンピック成功祈願 御朱印(聖火リレー)

居木神社の御朱印

オリンピック・パラリンピック成功祈願 御朱印(表彰台)

居木神社の御朱印

オリンピック・パラリンピック成功祈願 御朱印(ビーチバレー)

居木神社の御朱印

オリンピック・パラリンピック成功祈願 御朱印(ホッケー)

2月 限定御朱印

2月1日~2月28日 月毎限定御朱印

2月11日(木 ㊗)建国記念の日 紀元祭限定御朱印 <2種類>

2月15日(月) 月次祭限定御朱印

2月23日(火 ㊗)天皇誕生日 天皇誕生日限定御朱印 <2種類>

受付時間 9:00~17:00
郵送も承っております(詳細は居木神社ホームページ:https://irugijinjya.jp/

居木神社の御朱印

月毎限定御朱印(2月)

居木神社の御朱印

2月11日(木 ㊗)建国記念の日
紀元祭限定御朱印 その1

居木神社の御朱印

2月11日(木 ㊗)建国記念の日
紀元祭限定御朱印 その2

居木神社の御朱印

2月15日(月) 月次祭限定御朱印

居木神社の御朱印

2月23日(火 ㊗)天皇誕生日
天皇誕生日限定御朱印 その1

居木神社の御朱印

2月23日(火 ㊗)天皇誕生日
天皇誕生日限定御朱印 その2

お知らせをもっと見る(72件)
御朱印について
御朱印
あり

月毎限定御朱印は毎月絵柄が変わります。
月毎限定御朱印を6ヶ月分、12ヶ月分お受けいただくとそれぞれ記念品を差し上げます。
また、季節毎のお祭りや行事のときに限定御朱印を用意しております。

限定
あり
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

紫呉
2020年01月06日(月)
25投稿

ご祭神:日本武尊(やまとたけるのみこと)
高龗神(たかおかみのかみ)
大國主命(おおくにぬしのみこと)
倉稲魂命(くらいなたまのみこと)
天兒家根命(あめのこやねのみこと)
菅丞相(菅原道真)(かんのじょうしょう)

令和二年 初めましての初詣です(*^-^*)

初めて参拝しました!
駅から5分ぐらいでしたよ。
こちらは方向音痴の私でも、ホームページの案内通りに行けます!
大丈夫ですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

案内通りにビルをぬけると、提灯の表参道が見えます〜☆
そのまま、提灯の表参道を行きましょう。
階段をのぼると見えてきますよ!

初めて来ましたが、素敵な神社でした〜(´▽`*)
住宅街にある神社で、現代的な物もあれば、歴史を感じるものもあり、色々な空気を感じられる気がしました。

今年はこちらの神社に通うことにしました!
月毎御朱印を集めると、記念品をいただけるようです('O'*)
今回は初詣で人も多かったので、ゆっくりと参拝出来ませんでしたし、また来月、参拝しますね(*^-^*)

こちらでもおみくじをひきましたよ。
大吉をいただきました!
烏森神社でも大吉。
実は今年は本厄、しかも八方塞がりの歳なんですけど、連続大吉。
今年は色々なことが起こりそうな年になりそうです(´▽`*)

御朱印
月毎御朱印、正月限定御朱印をいただきました。
富士山をのぼるネズミが可愛いです(*´∇`*)

居木神社の鳥居居木神社の建物その他居木神社の鳥居居木神社の歴史居木神社の建物その他居木神社の建物その他

ハート発見(,,> <,,)♡

居木神社の建物その他

御朱印のご案内

居木神社の建物その他

御朱印のご案内

居木神社の御朱印居木神社の授与品その他
もっと読む
ドリルうさぎ
2022年04月09日(土)
358投稿

神社で献血のためお参りしました。
受付は境内に設置されたテントの下でした。医師の問診と実際の献血は社務所の建物内で行われ、初めて社務所内を拝見しました。
駐車場に停めた移動バスの中で献血するものだと思っていたので、社務所の広間に献血用の簡易ベッドと献血用の器材が並ぶ光景を拝見し、沢山の方が献血活動にかかわって実現したのだなと認識を改めました。

東京近郊では今後4月に相模原氷川神社、上目黒氷川神社、桐ケ谷氷川神社、田無神社で行われ、5月ゴールデンウイーク中に浅草神社、石神井氷川神社で行われます。
令和4年1月から既に1000人以上が神社de献血をされたと公式サイトに記録がありました。

一度献血をし、献血サイトで会員登録をしておくと予約ができるようになるそうです。今日も予約をされた方々が優先的に呼ばれていました。
私は今世紀に入って一度も献血をしていませんでしたので、便利になったなぁと感心しました。今後は日程が合う日があれば予約をして献血をしようと思いました。

居木神社の授与品その他

居木神社の神社de献血では献血記念御朱印(書き置き)をいただけました。また、初めてなのでスタンプ帳もいただきました。

居木神社の建物その他

町内の掲示板に貼られた献血ポスター。

居木神社の建物その他

大崎駅側の参道入口に案内看板とのぼり旗がありました。

居木神社の建物その他

社務所前に設置された受付テント。社務所の中が実際の献血会場です。

居木神社の本殿

ソメイヨシノは散り、ご神木のイチョウの葉が出始めていました。

もっと読む
投稿をもっと見る(133件)

例祭・神事

8月25日(例祭)

例祭・神事をもっと見る|
8

歴史

ご創建の年代は明らかではありませんが、古い記録によりますと、往古鎮座の地は武蔵國荏原郡居木橋村(現在の山手通り居木橋付近)に位置していたようです。
当時は「雉子ノ宮」と称され、境内には「ゆるぎの松」と呼ばれた大木があったと伝えられています。

江戸時代の初期、目黒川氾濫の難を避けるために現在の社地に御動座されました。
その折、村内に鎮座の「貴船明神」「春日明神」「子権現」「稲荷明神」の4社をあわせてお祀りし、「五社明神」と称されました。
元禄郷帳に居木橋の石高は230石余、72戸で頭屋(年番)による運営がなされ、郷土の崇敬は篤く祭事は盛んで特に里神楽を催し、秋の大祭には他村よりの参詣も多く社頭は大変賑わったと記されております。
明治5年、社号を「居木神社」と改め、同6年旧制の「村社」に列格、続いて同29年および同42年には村内鎮座の「稲荷神社」「川上神社」「本邨神社」の3社6座が合祀されました。

昭和5年には氏子の崇敬熱意によりご社殿の改築にかかり、同8年9月に竣工されましたが、その荘厳を極めたご社殿も大東亜戦争末期に戦火にて炎上しました。

以来氏子崇敬者の赤誠による再建計画が進み、昭和52年5月5日着工、同53年3月3日上棟、同6月10日正遷座祭の儀が厳かな裡に斎行され、ときわなる居木の森高台地に荘厳優美な偉容を拝するに至りました。
境内には江戸時代の石像物がいくつか残っており、北側参道の鳥居と末社御手洗の鉢は、いずれも寛政4年(1792)に、石灯籠は弘化2年(1845)に奉納されたものです。

境内末社の厳島神社は品川区指定有形文化財に指定されています。また、拝殿前の石段の横手には溶岩積による富士塚があり、しながわ百景に選定されています。

歴史をもっと見る|
21

居木神社の基本情報

住所東京都品川区大崎3丁目-8-20
行き方

大崎駅から徒歩3分

アクセスを詳しく見る
名称居木神社
読み方いるぎじんじゃ
参拝時間

9:00~17:00

参拝にかかる時間

15分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

月毎限定御朱印は毎月絵柄が変わります。
月毎限定御朱印を6ヶ月分、12ヶ月分お受けいただくとそれぞれ記念品を差し上げます。
また、季節毎のお祭りや行事のときに限定御朱印を用意しております。

限定御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号03-3491-7490
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスirugijinjya@gmail.com
ホームページhttps://irugijinjya.jp
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神日本武尊,高龗神,大國主命,天兒家根命,倉稲魂命,手力雄命,淀姫命,管丞相,大山咋命
創建時代不詳
創始者不詳
本殿流造
ご由緒

ご創建の年代は明らかではありませんが、古い記録によりますと、往古鎮座の地は武蔵國荏原郡居木橋村(現在の山手通り居木橋付近)に位置していたようです。
当時は「雉子ノ宮」と称され、境内には「ゆるぎの松」と呼ばれた大木があったと伝えられています。

江戸時代の初期、目黒川氾濫の難を避けるために現在の社地に御動座されました。
その折、村内に鎮座の「貴船明神」「春日明神」「子権現」「稲荷明神」の4社をあわせてお祀りし、「五社明神」と称されました。
元禄郷帳に居木橋の石高は230石余、72戸で頭屋(年番)による運営がなされ、郷土の崇敬は篤く祭事は盛んで特に里神楽を催し、秋の大祭には他村よりの参詣も多く社頭は大変賑わったと記されております。
明治5年、社号を「居木神社」と改め、同6年旧制の「村社」に列格、続いて同29年および同42年には村内鎮座の「稲荷神社」「川上神社」「本邨神社」の3社6座が合祀されました。

昭和5年には氏子の崇敬熱意によりご社殿の改築にかかり、同8年9月に竣工されましたが、その荘厳を極めたご社殿も大東亜戦争末期に戦火にて炎上しました。

以来氏子崇敬者の赤誠による再建計画が進み、昭和52年5月5日着工、同53年3月3日上棟、同6月10日正遷座祭の儀が厳かな裡に斎行され、ときわなる居木の森高台地に荘厳優美な偉容を拝するに至りました。
境内には江戸時代の石像物がいくつか残っており、北側参道の鳥居と末社御手洗の鉢は、いずれも寛政4年(1792)に、石灯籠は弘化2年(1845)に奉納されたものです。

境内末社の厳島神社は品川区指定有形文化財に指定されています。また、拝殿前の石段の横手には溶岩積による富士塚があり、しながわ百景に選定されています。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り祭り夏詣

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月