御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※五條天神社ではいただけません

ごじょうてんじんじゃ

五條天神社

東京都 京成上野駅

投稿する
03-3821-4306

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

のぶさん
2021年04月25日(日)
1251投稿

景行天皇の御代(110年頃)、日本武尊が東夷征伐の為に上野忍ヶ岡を御通行の際、薬祖二柱に御加護をいただいた事に感謝し、茲に両神をお祀りなされましたのがご創祀であります。
 堯恵法師の北国紀行に「正月の末武蔵野のさかい忍ケ岡を優遊しはべり鎮座の社五條天神と申しはべり」云々として記され、この正月は室町時代(文明十八年)とされております。
 大己貴命は大国主命とも称され、須佐之男命の御子で「いなばの白兎」「大国様と白ねずみ」等、神話や童話で知られている神様です。
 少彦名命は、神産日神の御子で、蛾の皮の着物に豆の実のさやを舟にして出雲の国に御到着されます。ここで大己貴命と兄弟の縁を結び初めて国民に薬の術と病を癒す方法、又お酒の作り方等もお教えになり、国土の開発に力を尽くされた神様です。
 相殿にお祀りしてあります菅原道真公は、江戸初期寛永十八年に合祀されました。(相殿とは、後から合祀されることです。)
 社地は寛永寺の境内拡張により、当時の神職瀬川家の屋敷内に、大正に至る迄遷座されましたが、昭和三年に現地に遷座されました。
 当社は古くから「天の神」を祀ることにより「五條天神」と呼ばれ、薬祖神としての尊崇が篤く、平成二十二年五月、ご創祀より壱千九百年の記念大祭が斎行された、東都有数の古社であります。

五條天神社の鳥居五條天神社の鳥居五條天神社の狛犬五條天神社の狛犬五條天神社の手水五條天神社の本殿
もっと読む
soki_k
2022年03月25日(金)
300投稿

この日は、高木神社・今戸神社・待乳山聖天の3か所を回ることが主旨だったの
ですが、ここまでですでに「あちこち」と参拝していて、またまた欲が出て、
浅草から地下鉄に乗り上野へ。
半年前にも不忍池弁天をお参りしているのですが、「抜け」があったため
改めて、上野公園一帯の「参拝漏れ」している寺社を巡りました。
3月23日・6つ目は五條天神社
【半年前は、弁財天から清水観音堂へ直行したため、この神社をスルー】
神社に向かう途中、公園入口に人が群がっているので行ってみると、
早咲きの桜がそれはそれは満開状態。
まん延防止も切れたこともあり、結構な人が様々なポーズで写真を撮ってます。
【私も2~3枚ほどバシャバシャしました】
この五條天神社は、弁財天の近くから道なりに入ると現れます。
神社の中央にも満開の桜があり、参拝者の目を楽しませてくれます。
参拝の方はほどほどですが、修学旅行の学生が目立ちましたね…
お参りを済ませ、御朱印をお願いに伺うと、対応していただいた方が正直に
「ハンコですが御朱印帳に直に書きますよ」とのことでしたので、本日初
【今年初】の直書きを頂きました。

五條天神社の自然

おまけ01
公園入口の早咲きの桜。満開で外国の方も多数いらっしゃいます

五條天神社の自然五條天神社の自然五條天神社の建物その他

鉄格子の間から撮った石標

五條天神社(東京都)五條天神社の自然

境内中央の大きな桜の樹

五條天神社(東京都)五條天神社の建物その他

これがご神木かな…?

五條天神社(東京都)

拝殿です

五條天神社の御朱印

今年初の、直書き【ハンコ】の御朱印頂きました

もっと読む
投稿をもっと見る(147件)

歴史

当社は、景行天皇の御代(110年頃)、日本武尊が東夷征伐の為に上野忍ヶ岡を御通行の際、薬祖二柱に御加護をいただいた事に感謝し、茲に両神をお祀りなされましたのがご創祀であります。
 堯恵法師の北国紀行に「正月の末武蔵野のさかい忍ケ岡を優遊しはべり鎮座の社五條天神と申しはべり」云々として記され、この正月は室町時代(文明十八年)とされております。
 大己貴命は大国主命とも称され、須佐之男命の御子で「いなばの白兎」「大国様と白ねずみ」等、神話や童話で知られている神様です。
 少彦名命は、神産日神の御子で、蛾の皮の着物に豆の実のさやを舟にして出雲の国に御到着されます。ここで大己貴命と兄弟の縁を結び初めて国民に薬の術と病を癒す方法、又お酒の作り方等もお教えになり、国土の開発に力を尽くされた神様です。
 相殿にお祀りしてあります菅原道真公は、江戸初期寛永十八年に合祀されました。(相殿とは、後から合祀されることです。)
 社地は寛永寺の境内拡張により、当時の神職瀬川家の屋敷内に、大正に至る迄遷座されましたが、昭和三年に現地に遷座されました。
 当社は古くから「天の神」を祀ることにより「五條天神」と呼ばれ、薬祖神としての尊崇が篤く、平成二十二年五月、ご創祀より壱千九百年の記念大祭が斎行された、東都有数の古社であります。

歴史をもっと見る|
18

五條天神社の基本情報

住所東京都台東区上野公園4-17
行き方
アクセスを詳しく見る
名称五條天神社
読み方ごじょうてんじんじゃ
通称五条天神
参拝時間

9:00〜17:00

参拝にかかる時間

15分

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号03-3821-4306
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》大己貴命,少彦名命,《配》菅原道真
ご由緒

当社は、景行天皇の御代(110年頃)、日本武尊が東夷征伐の為に上野忍ヶ岡を御通行の際、薬祖二柱に御加護をいただいた事に感謝し、茲に両神をお祀りなされましたのがご創祀であります。
 堯恵法師の北国紀行に「正月の末武蔵野のさかい忍ケ岡を優遊しはべり鎮座の社五條天神と申しはべり」云々として記され、この正月は室町時代(文明十八年)とされております。
 大己貴命は大国主命とも称され、須佐之男命の御子で「いなばの白兎」「大国様と白ねずみ」等、神話や童話で知られている神様です。
 少彦名命は、神産日神の御子で、蛾の皮の着物に豆の実のさやを舟にして出雲の国に御到着されます。ここで大己貴命と兄弟の縁を結び初めて国民に薬の術と病を癒す方法、又お酒の作り方等もお教えになり、国土の開発に力を尽くされた神様です。
 相殿にお祀りしてあります菅原道真公は、江戸初期寛永十八年に合祀されました。(相殿とは、後から合祀されることです。)
 社地は寛永寺の境内拡張により、当時の神職瀬川家の屋敷内に、大正に至る迄遷座されましたが、昭和三年に現地に遷座されました。
 当社は古くから「天の神」を祀ることにより「五條天神」と呼ばれ、薬祖神としての尊崇が篤く、平成二十二年五月、ご創祀より壱千九百年の記念大祭が斎行された、東都有数の古社であります。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月