御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年5月
切幡寺ではいただけません
広告

きりはたじ|高野山真言宗得度山(とくどざん)

切幡寺
徳島県 西麻植駅

御朱印について
御朱印
あり

真ん中に千手観音、左に切幡寺と書かれ、右上に四国第十番の印、真ん中に梵字の印、左下に幡の印が押され、左上に第一番笠和山霊山寺の文字が入っています。

限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

境内の下 普通10台 (中・大型は進入不可)(無料)
山門の内側 20台

巡礼

その他の巡礼の情報

四国八十八箇所第10番

おすすめの投稿

くるくるきよせん
2023年11月10日(金)
1479投稿

憧れの四国八十八霊場巡り 2回目に出かけました。
道には詳しくないので 札所の番号順にしました。
四国八十八カ所霊場巡り 10番札所のお寺です。
こちらの切幡寺は 今までのお寺と違って やや山奥のイメージです。
国道・県道から外れ 山道を5分ほど走った所に山門があり その奥に駐車場がありました。
山号は得度山
院号は灌頂院
宗旨宗派は高野山真言宗
ご本尊は千手観世音菩薩
です。
ご真言とご詠歌は
本尊真言:おん ばさら たらま きりく
ご詠歌:欲心をただ一筋に切幡寺 後の世までの障(さわ)りとぞなる
でした。
こちらは駐車場に車を停めてからがなかなか大変です。
杖無橋を越え しばらく歩くと階段が始まります。
参拝が終わって帰られる方が皆 「がんばってください」 とおっしゃるのです。
すぐに気づきます。本堂までの段数 333段とありました。
ちょっと想像がつかないのですが 本堂に着くまでに休憩が必要でした。
100段上がっていない所に経木場があり 休憩場所になります。
この先 階段が急こう配になります。
女厄除け坂と男厄除け坂が待ち構えています。
ようやく上り終わると境内で 奥に本堂があります。
拝殿土間と本堂と奥殿の三重構造になっています。
本堂には大塔の本尊であった大日如来が奉られ、奥殿には秘仏千手観音菩薩が奉られています。
本堂横には 機織の乙女が即身成仏した伝説の観音像があります。
本堂左手奥には 大塔の概要の書かれた大きな看板がありました。
階段を上ると 少し開けた場所に出て そちらに大塔がありました。
さらに奥に進むと奥の院があるのですが スズメバチが巣を作っているらしく 通行止めになっていました。
大塔は高さ24メートル 明治時代に大阪から約10年かけて移築されたものです。
慶長12年(1607年)に豊臣秀頼が父・秀吉の菩提を弔うために徳川家康のすすめで住吉大社の神宮寺に建てたという二重の塔です。
一層目と二層目がともに方形の塔は切幡寺大塔以外に現存していないというとても貴重なもので 国の重要文化財に指定されています。
中に入ることはできませんが 彫刻が素晴らしいので外観だけでも見る価値はあります。

由緒については
切幡山の中腹 標高155メートルに境内がある。
国指定重要文化財である大塔からの眺望はすばらしく 眼下には吉野川がゆったりと流れ 前方には四国山脈の雄大な山々が連なる。
古く この山麓に機を織る乙女がいた。
ここで修法していた弘法大師は 結願の7日目 綻びた僧衣を繕うために布切れを所望された。
乙女は 織りかけていた布を惜しげもなく切って差し出した。
大師は この厚意にたいへん感動し 「何か望みはないか」と尋ねた。
乙女は 「父は都で薬子の変に関係して島流しとなり 母は身ごもっていたが 男の子が産まれればその子も咎を受ける。どうか女の子が産まれるようにと 清水の観音様に祈願し やがてこの地に来て産まれたのが私です」といい 「亡き父母に代わり 観音様をつくってお祀りし わたしも仏門に入って精進したい」と願いを告白した。
大師はつよく心を打たれ さっそく千手観音像を彫造し 乙女を得度させて灌頂を授けた。
乙女はたちまちのうちに即身成仏し 身体から七色の光を放ち千手観音菩薩に変身した。
大師は このことを時の嵯峨天皇に伝え 天皇の勅願により堂宇を建立して自ら彫った千手観音像を南向きに また即身成仏した千手観音像を北向きに安置して本尊にしたと伝えられる。
得度山 灌頂院 切幡寺それぞれの名称もこうした由縁による。
麓は 巡礼用具店などがならぶ門前町となっている。
「女人即身成仏の寺」として知られ 七色の光を放つ善女に憧れる女性からの人気が高い。
とありました。

切幡寺(徳島県)

山門(仁王門)

切幡寺(徳島県)

金剛力士 阿

切幡寺(徳島県)

金剛力士 吽

切幡寺(徳島県)

杖無橋

切幡寺(徳島県)

ここから階段が始まります

切幡寺(徳島県)

まだ100段も上っていないのですが 建物が見えてきました

切幡寺(徳島県)

経木場

切幡寺(徳島県)

その裏手

切幡寺(徳島県)
切幡寺(徳島県)
切幡寺(徳島県)

けっこう急こう配です

切幡寺(徳島県)

女厄除け坂

切幡寺(徳島県)

男厄除け坂

切幡寺(徳島県)

本堂

切幡寺(徳島県)
切幡寺(徳島県)
切幡寺(徳島県)

本堂

切幡寺(徳島県)

天井からつるされた数珠 引っ張って ご真言を唱えました

切幡寺(徳島県)

鐘楼

切幡寺(徳島県)

大師堂

切幡寺(徳島県)

大師堂

切幡寺(徳島県)

はたきり観音

切幡寺(徳島県)

虚空蔵菩薩

切幡寺(徳島県)

弁財天

切幡寺(徳島県)

大塔の概要

切幡寺(徳島県)

不動堂

切幡寺(徳島県)

大塔由緒書

切幡寺(徳島県)

境内からさらに登った所に大塔があります この先に奥の院があるのですが通行止めになっていました

切幡寺(徳島県)

由緒書

切幡寺(徳島県)

八大龍王堂の石

切幡寺(徳島県)

八大龍王堂

切幡寺(徳島県)

石碑

切幡寺(徳島県)

車で10分ほどの所に きっとお遍路さんが大勢来られると思うお食事処があります

切幡寺(徳島県)

ぜひぜひお立ち寄りください とても親切なお姉さまがいらっしゃいます

もっと読む
惣一郎
2023年06月04日(日)
1269投稿

【四国八十八ヶ所札所巡り⑩】

切幡寺(きりはたじ)は、徳島県阿波市市場町切幡字観音にある高野山真言宗の寺院。山号は得度山(とくどざん)、院号は灌頂院(かんじょういん)。本尊は千手観世音菩薩。別称は「はたきり観音」。四国八十八ヶ所10番札所。大塔は、国指定の重要文化財。

寺伝によると、平安時代初期の弘仁年間(810年~824年)に弘法大師による開基。当地で修法していた弘法大師が親思いの善良な乙女と出会い、乙女の仏門に入りたいという望みを受けて千手観音像を彫像し、乙女を得度させて灌頂を授けると、乙女はたちまち即身成仏し身体から七色の光を放つ千手観音菩薩に変身した。大師がこのことを時の嵯峨天皇に伝え、天皇の勅願により堂宇を建立して、自ら彫った千手観音像を南向きに、即身成仏した千手観音像を北向きに安置して本尊にしたと伝わる。この由緒から、山号は「得度山」、院号は「灌頂院」とされ、「女人即身成仏の寺」として知られている。

当寺は、JR徳島線・阿波川島駅の北方5.4km、道のり7.0kmの山の南麓にある。9番札所の法輪寺からは道のり4.3km。境内南端の仁王門から森の中の参道を進むと、たっぷり333段の階段、直線距離で300m進んだ山の中腹に本堂などの伽藍がある。この山中にあって大きな本堂には驚くが、さらに高いところに国重文の大塔があり、歴史的遺産の感動とプチ山登りの達成感が同時に味わえる。

今回は、四国八十八ヶ所札所であることから参拝した。参拝時は休日の午前中で、あいにくの天気であったにもかかわらず、ご老人を伴った家族連れなどけっこうな人数の参拝者が訪れていた。

切幡寺(徳島県)

境内の南方300mほどの位置にある<仁王門>。

切幡寺(徳島県)

左側の<吽形仁王像>。筋骨隆々系の勇ましいタイプ。

切幡寺の像

右側の<阿形仁王像>。

切幡寺(徳島県)

参道をゆるく登りながら進むと、この建物に突き当たる。

切幡寺(徳島県)

建物の中には、各種石像が並ぶ。

切幡寺(徳島県)

建物の右奥に立つ仏像のレリーフ。

切幡寺(徳島県)

ここから一直線の階段を登って行く。150段以上ありそう。

切幡寺(徳島県)

階段は途中で左側に90度折れ曲がる。あと100段ぐらいかな。

切幡寺(徳島県)

階段を登り切ったところの右手にある<水屋>。

切幡寺(徳島県)

水屋の左隣にある<鐘楼>。

切幡寺(徳島県)

階段を登り切ったところの左手にある<納経所>。御朱印はこちら。

切幡寺(徳島県)

階段を登り切ったところの正面にある<本堂>。

切幡寺(徳島県)

<本堂>内部。扁額の文字は、山号の「得度山」かな?達筆過ぎて読めない...(^_^;)

切幡寺(徳島県)

本堂から振り返って境内全景。

切幡寺(徳島県)

本堂に向かって右手、鐘楼の左隣にある<大師堂>。<修行大師像>も見える。

切幡寺(徳島県)

<大師堂>正面。

切幡寺(徳島県)

立派な台の上に立つ<観音像>。

切幡寺(徳島県)

本堂の右手にある<弁財天>(右)と<***菩薩の小社>(左)。小社の表札が読めない...(^_^;)

切幡寺(徳島県)

本堂に向かって左手に、さらに高所への階段があるので登って行く。階段途中にあるのはこちらの<不動堂>。

切幡寺(徳島県)

階段を登り切ったところにある<大塔>。1607年建立、五間二重塔婆、本瓦葺。国指定の重要文化財。

切幡寺の建物その他

この<大塔>は、徳川家康の勧めにより、豊臣秀頼が父・秀吉の増進菩提のために、大坂・住吉大社神宮寺再興時に東西二基の塔を建立したが、そのうちの西塔を明治初期の神仏判然令による神宮寺廃寺に伴い、当時の住職が買い取ったもの。

切幡寺の建物その他

大塔から見た景色。屋根の向こうには、南側の吉野川流域平野部が広がっている。

切幡寺(徳島県)

納経所の近くに立つ樹木。梅の木かな?(。´・ω・)?

切幡寺(徳島県)

最後に、納経所から見た境内全景。こちらでは本堂、大師堂だけでなく、国重文の建物と大自然をも楽しめる。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(25件)

歴史

切幡山の中腹、標高155メートルに境内がある。国指定重要文化財である大塔からの眺望はすばらしく、眼下には吉野川がゆったりと流れ、前方には四国山脈の雄大な山々が連なる。古く、この山麓に機を織る乙女がいた。ここで修法していた弘法大師は、結願の7日目、綻びた僧衣を繕うために布切れを所望された。乙女は、織りかけていた布を惜しげもなく切って差し出した。大師は、この厚意にたいへん感動し、「何か望みはないか」と尋ねた。乙女は、「父は都で薬子の変に関係して島流しとなり、母は身ごもっていたが、男の子が産まれればその子も咎を受ける。どうか女の子が産まれるようにと、清水の観音様に祈願し、やがてこの地に来て産まれたのが私です」といい、「亡き父母に代わり、観音様をつくってお祀りし、わたしも仏門に入って精進したい」と願いを告白した。

大師はつよく心を打たれ、さっそく千手観音像を彫造し、乙女を得度させて灌頂を授けた。乙女はたちまちのうちに即身成仏し、身体から七色の光を放ち千手観音菩薩に変身した。大師は、このことを時の嵯峨天皇に伝え、天皇の勅願により堂宇を建立して自ら彫った千手観音像を南向きに、また即身成仏した千手観音像を北向きに安置して本尊にしたと伝えられる。得度山、灌頂院、切幡寺それぞれの名称もこうした由縁による。麓は、巡礼用具店などがならぶ門前町となっている。「女人即身成仏の寺」として知られ、七色の光を放つ善女に憧れる女性からの人気が高い。

歴史をもっと見る|
1

切幡寺の基本情報

住所徳島県阿波市市場町切幡字観音129
行き方

9【法輪寺】より
(自家用車)約15分 約5km
(徒歩)約1時間 約3.8km
11【藤井寺】より
(自家用車)約35分 約12km
(徒歩)約2時間20分 約9.8km

アクセスを詳しく見る
名称切幡寺
読み方きりはたじ
通称幡切り観音
参拝時間

7:00~17:00

トイレ山門付近駐車場にあり
御朱印あり

真ん中に千手観音、左に切幡寺と書かれ、右上に四国第十番の印、真ん中に梵字の印、左下に幡の印が押され、左上に第一番笠和山霊山寺の文字が入っています。

限定御朱印なし
電話番号0883-36-3010
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

巡礼の詳細情報

阿波西国三十三観音霊場

第28番

御詠歌:

御法をば 聞くに衆生の 得度山 大慈大悲の 影ぞ尊とき

四国八十八ヶ所霊場(お遍路)

詳細情報

ご本尊千手観世音菩薩
山号得度山(とくどざん)
院号灌頂院(かんじょういん)
宗旨・宗派高野山真言宗
創建時代 弘仁年間(810〜824)
開山・開基弘法大師
文化財

大塔(重要文化財)

ご由緒

切幡山の中腹、標高155メートルに境内がある。国指定重要文化財である大塔からの眺望はすばらしく、眼下には吉野川がゆったりと流れ、前方には四国山脈の雄大な山々が連なる。古く、この山麓に機を織る乙女がいた。ここで修法していた弘法大師は、結願の7日目、綻びた僧衣を繕うために布切れを所望された。乙女は、織りかけていた布を惜しげもなく切って差し出した。大師は、この厚意にたいへん感動し、「何か望みはないか」と尋ねた。乙女は、「父は都で薬子の変に関係して島流しとなり、母は身ごもっていたが、男の子が産まれればその子も咎を受ける。どうか女の子が産まれるようにと、清水の観音様に祈願し、やがてこの地に来て産まれたのが私です」といい、「亡き父母に代わり、観音様をつくってお祀りし、わたしも仏門に入って精進したい」と願いを告白した。

大師はつよく心を打たれ、さっそく千手観音像を彫造し、乙女を得度させて灌頂を授けた。乙女はたちまちのうちに即身成仏し、身体から七色の光を放ち千手観音菩薩に変身した。大師は、このことを時の嵯峨天皇に伝え、天皇の勅願により堂宇を建立して自ら彫った千手観音像を南向きに、また即身成仏した千手観音像を北向きに安置して本尊にしたと伝えられる。得度山、灌頂院、切幡寺それぞれの名称もこうした由縁による。麓は、巡礼用具店などがならぶ門前町となっている。「女人即身成仏の寺」として知られ、七色の光を放つ善女に憧れる女性からの人気が高い。

体験御朱印重要文化財札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ