御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年6月
足利織姫神社ではいただけません
広告

あしかがおりひめじんじゃ

足利織姫神社
栃木県 足利市駅

午前10時~午後4時(年中無休)

御朱印・御朱印帳

御朱印(1種類)

足利織姫神社の御朱印

300円

真ん中に足利織姫神社と書かれ、右上に御祭神である天御鉾命(あめのみほこのみこと)天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)の印、上部に足利織姫神社の神紋の印、真ん中に於里比賢乃也志呂印が押されています。
1200年余の機場としての歴史をもつ足利に機織の神社がないことに気づき、天照大神(あまてらすおおみかみ)の絹の衣を織っていたという神服織機神社(かんはとりはたどのじんじゃ)の織師(天御鉾命)と織女(天八千々姫命)を勧請したのが、足利織姫神社の始まりと伝わっています。

限定御朱印(1種類)

御朱印をもっと見る|
236
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に足利織姫神社と書かれ、印が押された御朱印です。
織物がモチーフの御朱印帳があります。
約1200年続く織物の町・足利の機織の神社です。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり
織姫山を東側から登り神社直近に止められる山上の駐車場と、階段下の一の鳥居前の駐車場がある。
体力・信心・雰囲気などを考慮してどちらに止めるかはお好みで。

おすすめの投稿

トール
2024年05月15日(水)
74投稿

栃木2日目 足利、佐野エリアランキング1番の織姫神社⛩️参拝です。200段位の階段を登って行きます。上からは足利の町が一望できます。神社の下に観光駐車場有ります。

足利織姫神社(栃木県)

書き置き御朱印

足利織姫神社(栃木県)

手書き御朱印両方いただきました

足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)

七色⛩️鳥居 手前黄色🟡奥は🟢

足利織姫神社(栃木県)

御神木

足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)

本殿

足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)

足利の町並

足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)

七色の⛩️鳥居 緑🟢

足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)
もっと読む
のぶさん
2022年07月08日(金)
1530投稿

七夕近かったので足利市の織姫神社へ
大雨の予報でしたが快晴の下で参拝できました。
1200年余の機場としての歴史をもつ足利。この足利に機織の神社がないことに気づき、宝永2年(1705年)足利藩主であった戸田忠利が、伊勢神宮の直轄であり天照大神(あまてらすおおみかみ)の絹の衣を織っていたという神服織機神社(かんはとりはたどのじんじゃ)の織師、天御鉾命(あめのみほこのみこと)と織女、天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)の二柱を現在の足利市通4丁目にある八雲神社へ合祀。その後、明治12年(1879年)機神山(はたがみやま)(現在の織姫山)の中腹に織姫神社を遷宮した。
翌年の明治13年、火災に遭い仮宮のままとなっていたが、昭和8年皇太子殿下御降誕(現在の上皇陛下)を期し、当時の足利織物同業組合組長の殿岡利助氏の先導により市民ぐるみで新社殿の建造にかかり、昭和12年5月に現在の織姫山に完成、遷宮した。
平成16年6月、社殿、神楽殿、社務所、手水舎が国の登録有形文化財となる。
足利織姫神社が縁結びの神社と云われる由縁
ご祭神は、機織(はたおり)をつかさどる『天御鉾命』と織女である『天八千々姫命』の二柱の神様です。
この二柱の神様は共同して織物(生地)を織って、天照大御神に献上したといわれています。
織物は、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が織りあって織物(生地)となることから、男女二人の神様をご祭神とする縁結びの神社といわれるようになりました。
また、織物をつくる織機(しょっき)や機械は、鉄でできているものも多いことから全産業の神様といわれ7つのご縁を結ぶ産業振興と縁結びの神社といわれております。

足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社の建物その他
足利織姫神社の建物その他
足利織姫神社の建物その他
足利織姫神社の建物その他
足利織姫神社の建物その他
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社の建物その他
足利織姫神社の建物その他
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社の手水
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社の建物その他
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社(栃木県)
足利織姫神社の御朱印
もっと読む
投稿をもっと見る(168件)

歴史

当織姫神社の祭神は、太古の昔より機織を司る天御鉾命、天八千々姫命の二柱の神様です。この二柱の神様は、もともとは皇太神宮御料の織物を織って奉納したという伊勢国渡会郡出井の郷、神服織機殿神社の祭神でした。
 千二百年余の歴史と伝統を誇る機業地足利の守護神として、1705年にこの二柱の神を勧請し、その分霊をお祀りしたのがこの織姫神社でございます。
 昭和九年春、崇敬者有志をもって、織姫神社奉賛会を組織し、新社殿建立に着手しました(旧社殿は明治十二年に建立、翌年焼失)。三年有余の歳月をかけて落慶し、昭和十二年五月現有社殿の威容が完成いたしました。そして平成十六年六月九日、国の登録有形文化財として認定されました。
 徳富蘇峰撰文による「造営碑」に記されておりますように産業振興の神社として、さらに縁結びの神社としてその御神徳は高く、足利市民はもとより、全国から多くの参詣者が訪れております。
 朱塗りの殿堂は織姫山(機神山)の緑に映えて美しく、足利を代表するシンボルであり、境内より正面に富士の霊峰を仰ぎ、関東一円を遠望できる景勝の杜でございます。

歴史をもっと見る|
25

足利織姫神社の基本情報

住所栃木県足利市西宮町3889
行き方

□東武伊勢崎線 足利市駅より徒歩30分
□JR両毛線   足利駅より徒歩30分
市内巡回しております生活路線バス あしバスアッシーを(大人200円~)ご利用の際は・・・
□東武足利市駅よりお越しの方は・・・東武足利市駅 →(約6分) → 通5丁目 下車
□JR足利駅よりお越しの方は・・・(一旦、東武足利市駅を経由し、バス乗換となります。)JR足利駅 →(約10分)→ 東武足利市駅

アクセスを詳しく見る
名称足利織姫神社
読み方あしかがおりひめじんじゃ
通称機神様
参拝時間

午前10時~午後4時(年中無休)

トイレ山上駐車場にトイレあり
御朱印あり

真ん中に足利織姫神社と書かれ、印が押された御朱印です。
織物がモチーフの御朱印帳があります。
約1200年続く織物の町・足利の機織の神社です。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0284-22-0313
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.orihimejinjya.com/
お守りあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》八千千姫命・天御鉾命
創建時代宝永二年(1705)
創始者不詳
ご由緒

当織姫神社の祭神は、太古の昔より機織を司る天御鉾命、天八千々姫命の二柱の神様です。この二柱の神様は、もともとは皇太神宮御料の織物を織って奉納したという伊勢国渡会郡出井の郷、神服織機殿神社の祭神でした。
 千二百年余の歴史と伝統を誇る機業地足利の守護神として、1705年にこの二柱の神を勧請し、その分霊をお祀りしたのがこの織姫神社でございます。
 昭和九年春、崇敬者有志をもって、織姫神社奉賛会を組織し、新社殿建立に着手しました(旧社殿は明治十二年に建立、翌年焼失)。三年有余の歳月をかけて落慶し、昭和十二年五月現有社殿の威容が完成いたしました。そして平成十六年六月九日、国の登録有形文化財として認定されました。
 徳富蘇峰撰文による「造営碑」に記されておりますように産業振興の神社として、さらに縁結びの神社としてその御神徳は高く、足利市民はもとより、全国から多くの参詣者が訪れております。
 朱塗りの殿堂は織姫山(機神山)の緑に映えて美しく、足利を代表するシンボルであり、境内より正面に富士の霊峰を仰ぎ、関東一円を遠望できる景勝の杜でございます。

体験おみくじ絵馬御朱印お守り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ