御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ふじさんひがしぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ

富士山東口本宮 冨士浅間神社

公式静岡県 御殿場駅

午前9時から午後4時半(時期により午後5時まで)

投稿する
0550-75-2038

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に富士浅間神社と書かれ、右上に富士山東口本宮、真ん中に東口本宮浅間神社の印が押されています。時期によっては干支の印が押されることも。
黒地に赤富士が描かれた御朱印帳がいただけます。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

無料駐車場あり/乗用車40台、大型バス4台

ご利益

富士山東口本宮 冨士浅間神社について

御祭神に由来する「縁結びの木」や「子授け夫婦杉・貫通石祠」、熔岩石の上に作られた、獅子は我が子を千尋の谷に突き落とすのことわざに倣う「富士塚の狛犬」などがあります。
ぜひ神様の御神威にあやかる境内にお参り下さいませ。

おすすめの投稿

ナオ ユキオ
2021年11月28日(日)
207投稿

浅間さん巡り 其の四

北口本宮冨士浅間神社の参拝を終え、河口湖・
忍野八海・山中湖等々、各所に数在る浅間さん
を泣く泣く飛ばして向かったのは、こちらの社
務所のタイムリミットがあったからです。
こちらの赤富士の御朱印帳を頂くのが、今回の
大きな目的の一つでした。

先に三社参拝させていただいた浅間さんは馬力
強めでしたので、それに比べればこじんまりと
していて、ホッと一息つける気がしました。

が、しかし

そこは流石の世界文化遺産の構成資産の一つと
して、歴史ある由緒深い魅力溢れる浅間さんで
した。

念願の赤富士の御朱印帳も、無事頂戴する事が
できましたが、事前にHPを確認した時は御朱印
は書き置き対応となっていましたが、お伺いす
ると直書きも可能とのことで、浅間巡り専用の
御朱印帳にも入れて頂き、大変ありがたかった
です。(ちょうど数日前から直書き対応に戻さ
れたそうです)

自分の中では神社参拝は午前中が好きですが、
今回はどうにも夕方近くの時間でしたが、西日
を背負った雰囲気というのも、また趣がありま
した。(写真撮るのは難しいですがw)

富士山東口本宮 冨士浅間神社の御朱印富士山東口本宮 冨士浅間神社の鳥居

駐車場からは遠回りになりますが、
正面の表参道より参拝です

富士山東口本宮 冨士浅間神社の鳥居

二つとない(不)素晴らしい山「不二山」
の扁額

富士山東口本宮 冨士浅間神社の山門

随神門

富士山東口本宮 冨士浅間神社の狛犬

富士塚の狛犬
「獅子の子落とし」の諺を倣った
親子三匹の狛犬

富士山東口本宮 冨士浅間神社の狛犬富士山東口本宮 冨士浅間神社の建物その他富士山東口本宮 冨士浅間神社(静岡県)

御社殿

富士山東口本宮 冨士浅間神社の本殿富士山東口本宮 冨士浅間神社(静岡県)

境内の紅葉も綺麗でした

富士山東口本宮 冨士浅間神社の建物その他富士山東口本宮 冨士浅間神社(静岡県)

夫婦杉と貫通石祠

富士山東口本宮 冨士浅間神社(静岡県)

御社殿より登山道へとつながる裏参道を
望む

富士山東口本宮 冨士浅間神社の鳥居

裏参道の入口
(駐車場からは近いです)

富士山東口本宮 冨士浅間神社の景色

裏参道から望む富士山

富士山東口本宮 冨士浅間神社の御朱印帳

格好いいっす!

もっと読む
投稿をもっと見る(91件)

歴史

西暦802(延暦21)年の富士山噴火の際、鎮火を祈る神事を行った場所に、西暦807(大同2)年に最初の祠を建てて神様をお祀りしたことが、当社の起源とされる。数えて平成19年に御鎮座1200年を迎える。又、平成25年には富士山が世界文化遺産に登録された際、構成資産(関連場所)として当神社も合わせて登録される。
富士山登山道の1つ・須走口(東口)の起点。富士山頂より真東の登山道の起点の神社=東口本宮としても親しまれる。須走口登山道の五合目・古御嶽神社、本六合目・胎内神社、九合目・迎久須志之神社の

歴史をもっと見る|
30

富士山東口本宮 冨士浅間神社の基本情報

住所静岡県駿東郡小山町須走126
行き方

【お車】新東名・新御殿外ICより10分、東名・御殿場ICより20分
【電話・バス】JR御殿場駅より富士急行バス富士学校、河口湖方面行きにて約20分「須走浅間神社前」下車徒歩約1分。

アクセスを詳しく見る
名称富士山東口本宮 冨士浅間神社
読み方ふじさんひがしぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ
通称須走浅間神社、東口本宮、
参拝時間

午前9時から午後4時半(時期により午後5時まで)

参拝にかかる時間

約20分

参拝料

なし

トイレ社殿と神門の間
御朱印あり

真ん中に富士浅間神社と書かれ、右上に富士山東口本宮、真ん中に東口本宮浅間神社の印が押されています。時期によっては干支の印が押されることも。
黒地に赤富士が描かれた御朱印帳がいただけます。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0550-75-2038
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスfujisengenjinja@ca.thn.ne.jp
ホームページhttp://www.higashiguchi-fujisengenjinja.or.jp/
おみくじあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神主祭神:木花咲耶姫命、相殿神:大己貴命 、彦火火出見命
創建時代807年(大同2年)
本殿権現造
文化財

世界文化遺産「富士山」構成資産
社殿(小山町有形文化財)
須走浅間のハルニレ(静岡県指定天然記念物)
根上がりモミ(小山町指定天然記念物)
エゾヤマザクラ(小山町指定天然記念物)

ご由緒

西暦802(延暦21)年の富士山噴火の際、鎮火を祈る神事を行った場所に、西暦807(大同2)年に最初の祠を建てて神様をお祀りしたことが、当社の起源とされる。数えて平成19年に御鎮座1200年を迎える。又、平成25年には富士山が世界文化遺産に登録された際、構成資産(関連場所)として当神社も合わせて登録される。
富士山登山道の1つ・須走口(東口)の起点。富士山頂より真東の登山道の起点の神社=東口本宮としても親しまれる。須走口登山道の五合目・古御嶽神社、本六合目・胎内神社、九合目・迎久須志之神社の

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三世界遺産御朱印博物館お守り

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー