御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
仙波東照宮ではいただけません
広告

せんばとうしょうぐう

仙波東照宮
埼玉県 本川越駅

御朱印について
御朱印
あり

徳川家の家紋『三つ葉葵』の印が、押されています。

限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

ぱん吉🍀
2023年11月17日(金)
930投稿

遠征⑩小江戸・川越『仙波東照宮』個人的にはここが川越最大の目的地!日曜祝日しか開門されない東照宮╭( ・ㅂ・)و ̑̑ 江戸城からきた狛犬さんや、国の重要文化財に指定されている極彩色の美しい随身門や御社殿など見どころが多く、こぢんまりしていますが素敵です。ベテランガイドさんと楽しくお話しをして、書置きの御朱印もいただきました♪

元和3年(1617年)~亡くなった家康の遺骸を久能山から日光へ運ぶ途中、川越の喜多院(お隣り)で法要が営まれました。そんな特別な場所に、後の寛永10年(1633年)に建立されたのが仙波東照宮✨

日光・久能山に続く三大東照宮の一つ(色々な考え方があるようますが…)といわれています。大火後の寛永17年(1640年)に再建された現在の建物は、東照宮好きとして見てみたいものでした(*'‐'*)♪

仙波東照宮の山門

随身門 国指定重要文化財
鮮やかな朱色の門の先には本殿までの真っ直ぐな参道✨

仙波東照宮の御朱印

右は川越八幡宮さんで拝領したもの (500円)。
左側はこちらのセルフでいただける御朱印 (300円)😊

タイプが全く違う御朱印でした~♪
二カ所とも同じ御朱印だと思っていたからビックリ!!
どちらもいただけて良かった🍀

仙波東照宮(埼玉県)

参道の途中にある石造りの鳥居も文化財
江戸時代に川越城主の堀田正盛が奉納🌿
写真が見当たらないので遠目に眺める、、

仙波東照宮(埼玉県)

ここは他に比べて静か😌 (川越の穴場 笑)
厳かな感じてとてもよかった✨🌿✨
わりと急な階段を上がり~~

仙波東照宮(埼玉県)

この先は日曜と祝日しか見られない!
赤い柵の向こう側!!

仙波東照宮(埼玉県)

ちょっと見にくい写真、、
ガイドさんが二人いて緊張😅
お話しを聞いていて拝殿の写真はこれだけ、、

仙波東照宮(埼玉県)

お賽銭箱の横にセルフ御朱印があります👍

仙波東照宮(埼玉県)

江戸城からきた手水鉢✨
寛永15年に川越大火で仙波東照宮が消失、、
徳川家光の東照宮再建計画で贈られたそうです。

仙波東照宮(埼玉県)

基本的に一般開放されない拝殿から奥 (塀に囲まれていて入れません)
拝殿横から覗いて見ることはできます🎵
ガイドさんがOKしてくれたので撮影😄

幣殿(拝殿裏側)と本殿、瑞垣に唐門 全て国指定重要文化財。

仙波東照宮(埼玉県)
仙波東照宮(埼玉県)

拝殿前に並ぶ2対の狛犬さん
江戸城から川越にやってきたって素敵😍

仙波東照宮(埼玉県)
仙波東照宮(埼玉県)

よくぞ元気で✨✨
お顔もしっかりしています🎵

仙波東照宮(埼玉県)
仙波東照宮(埼玉県)

川越歴代城主が奉納した26基の石燈籠
赤いお袖はガイドさん!丁寧に教えてくれます(これ↓)

仙波東照宮(埼玉県)
仙波東照宮の建物その他
仙波東照宮(埼玉県)

人気だったのか何も無かった(笑)

階段の手前で社務所の建設工事がされていました~
東照宮の対応も変わるのかも知れませんね!

仙波東照宮(埼玉県)

境内案内図

仙波東照宮(埼玉県)

すぐ近くの厳島弁財天
橋の上でお話しされている方々がいて参拝は遠慮、、
素敵な庭園は《葵庭園》にあります。5月下旬~7月上旬には蛍が見られるらしい🎵

仙波東照宮(埼玉県)

道路沿いの入口。先を真っ直ぐ進むと東照宮。
入って右手に葵庭園があり、その先には隣接する喜多院。

もっと読む
投稿をもっと見る(99件)
名称仙波東照宮
読み方せんばとうしょうぐう
通称御霊舎・権現様
御朱印あり

徳川家の家紋『三つ葉葵』の印が、押されています。

限定御朱印なし
電話番号049-222-1396
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》徳川家康
創始者天海僧正
体験絵馬お守り

Wikipediaからの引用

概要
仙波東照宮(せんばとうしょうぐう)は、埼玉県川越市小仙波町にある神社(東照宮)。日光・久能山と並ぶ日本三大東照宮の1つ。旧社格は無格社。
歴史
歴史[編集] 元和2年(1616年)に薨去した祭神の法要は、久能山から日光山に改葬される際の元和3年(1617年)に、江戸幕府の「黒衣の宰相」と称された天台宗の僧侶・天海によって喜多院で行われ、後水尾天皇から東照大権現の勅額が下賜され、同年にその地に天海によって創建された。1638年(寛永15年)の川越大火で焼失するが、徳川家光によって川越藩主で老中の堀田正盛が造営奉行に命ぜられ、幕府によって再建された。鳥居には「東照大権現御宝前 寛永十五年九月十七日 堀田加賀守従四位下藤原正盛」と刻まれている[1]。江戸時代を通じ社殿や神器等全て江戸幕府直営であった。 本殿には木像の家康公像が祀られて...Wikipediaで続きを読む
引用元情報仙波東照宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E4%BB%99%E6%B3%A2%E6%9D%B1%E7%85%A7%E5%AE%AE&oldid=97719487

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ