御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※朝護孫子寺ではいただけません

ちょうごそんしじ|信貴山真言宗信貴山

朝護孫子寺

奈良県 信貴山下駅

投稿する
0745-72-2277

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

朝護孫子寺本堂御朱印「毘沙門天王」を始め7種類の御朱印をいただけます。また本堂とは別に各宿坊(千手院・成福院・玉蔵院)でも拝受できます。また毎年寅の月(2月)は限定御朱印をいただけます。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

巡礼

ご利益

朝護孫子寺について

大きな張り子の虎が目につくお寺

おすすめの投稿

nomuten
2022年07月11日(月)
455投稿

奈良県の寺社仏閣巡りの2番目は、先の杵築神社と同じく生駒郡平群町に在る信貴山 朝護孫子寺です。一般的には信貴山(しぎさん)、「ちょうごそんしじ」とはなかなか読めないですね。
折角近くにお邪魔しているし、私自身20年位前に参拝していますが、恥ずかしながら殆ど当時の記憶が無いため参拝する事にしました。また、奥秘仏の毘沙門天は12年に1度の寅年(今年)に開帳されるとの事で、これも参拝の理由の1つです。
信貴山真言宗 総本山で、本尊は毘沙門天。

伝えによれば、582年に毘沙門天を聖徳太子が感得し、後にその加護によって物部守屋に勝利した事から、587年に聖徳太子が自ら刻んだ毘沙門天を本尊として当寺を創建、「信ずべき貴ぶべき山」と名付けたとの事です。910年には中興である命蓮(みょうれん)上人によって伽藍を整備、また、病であった醍醐天皇を命蓮が祈祷した所、病気が治癒したことから天皇により「朝廟安穏・守護国土・子孫長久」の祈願寺とされ、「朝護孫子寺」の号を賜ったとの事です。
戦国時代に信貴山頂に信貴山城が築かれ、1577年に城主・松永久秀と織田信長の間で信貴山城の戦いが行われ松永久秀は自害し、当寺も全て焼失。1602年に豊臣秀頼が本堂を再建し、1610年には伽藍が再興した。1951年に漏電により本堂が焼失、1958年に本堂が再建され現在に至ります。

直営駐車場(500円)に停めました。この時期、空いているだろうと思っていたら駐車場は結構埋まっていました。開運橋を渡って行かれる方が多いそうですが直営駐車場は橋を渡った側にあります。
駐車場からの参道入口にいきなりの鳥居、神仏習合の寺院のようです。少し上がると皆さんは左側へ行きますが、私は右側へ。仁王門があり、少し行くと千体地蔵。千体地蔵に手を合わせてから仁王門をくぐって戻りました。(私の流儀=山門、仁王門から入る)
左側の開山堂を往復し、右側の剱鎧護法堂も往復し、大寅の横を進むと赤門(総門?)。本山と云うだけの事はあります。広い境内に多数のお堂。先ずは本堂へ。本堂内の右側の納経所で御朱印をお願いし、秘仏本尊・毘沙門天の拝観料(1000円)を納めて、御札を頂きましたが、祈祷が始まりましたので終わるまでWait。終わってから内陣に入って順番に拝観です。大層立派な厨子に安置されていて、それ程遠くないのに暗いため見辛いです。(直接拝めたた云うことで。)後陣には二十八使者像。見た感じでは中世以降の作。時間を消費したので戒壇巡り(200円)はまた次回に。御朱印帳を受け取って、霊宝館へ行きました。拝観料(300円)を納めて館の中へ、国宝の信貴山縁起絵巻のレプリカが展示されています。(年に数回本物が展示される)その他、指定文化財も展示されていました。
それから塔頭(宿坊)の成福院、玉蔵院、千手院を周りました。流石に奥の院と信貴山頂の空鉢護法堂へ行く時間がなくなりました。こちらもまた次回に。
滞在時間は2時間でしたが足りませんでした。
次回の参拝時にはもう少し確保したいと思います。

朝護孫子寺の御朱印

御朱印

朝護孫子寺(奈良県)

駐車場からの参道
(寺院なのにいきなり鳥居)

朝護孫子寺(奈良県)

千体地蔵

朝護孫子寺(奈良県)

仁王門

朝護孫子寺(奈良県)

吽形

朝護孫子寺の像

阿形

朝護孫子寺(奈良県)

開運橋

朝護孫子寺の鳥居

開山堂への参道
(やはり鳥居がある)

朝護孫子寺の建物その他

開山堂

朝護孫子寺(奈良県)

剱鎧護法堂

朝護孫子寺の建物その他

剱鎧護法堂から見た本堂

朝護孫子寺(奈良県)

大寅

朝護孫子寺(奈良県)

赤門

朝護孫子寺の山門

本坊入口の門

朝護孫子寺(奈良県)

融通殿

朝護孫子寺(奈良県)

三宝堂

朝護孫子寺(奈良県)

本堂前の手水

朝護孫子寺(奈良県)

本堂(横から上がる)

朝護孫子寺(奈良県)

本堂(斜め前から)

朝護孫子寺(奈良県)

本堂(正面)

朝護孫子寺の授与品その他

奥秘仏拝観で頂いた御札

朝護孫子寺(奈良県)

本堂からの眺め

朝護孫子寺の建物その他

霊宝館

朝護孫子寺の建物その他

虚空蔵堂

朝護孫子寺の建物その他

多宝塔

朝護孫子寺(奈良県)

行者堂

朝護孫子寺(奈良県)

融通堂

朝護孫子寺(奈良県)

三重塔

朝護孫子寺の地蔵

地蔵尊

朝護孫子寺(奈良県)

1億円 欲しいなあ

朝護孫子寺の山門

玉蔵院の門

朝護孫子寺の建物その他

浴油堂

朝護孫子寺(奈良県)

成福院の門

朝護孫子寺(奈良県)

千手院

朝護孫子寺(奈良県)

護摩堂

朝護孫子寺の末社

銭亀堂

朝護孫子寺の建物その他

四国八十八ヶ所お砂踏み

朝護孫子寺の山門

千手院の門

もっと読む
garu
2017年09月10日(日)
614投稿

神仏霊場の御朱印と、娘が「大和四神めぐり」の散華が欲しいと言うのでお参りに来ました。
初めて来たんですが、いつも写真で大きな張り子のトラばかりクローズアップされている所為で、ここがこんなに広くてこんなに歴史ある場所だとは思ってもみなかったんですよね。
いや~舐めてました(苦笑)
まぁそれでも何処をお参りしても「金、金、金」の御利益でちょっと呆れてしまった部分もあったんですが、きっと最初はそうじゃなかったんだろうなって思うんです。
でも、これだけお金に御利益があるのなら参拝客も多いんだろうなって思いますね(苦笑)
しかし、流石に本堂は違いました。
ちゃんと毘沙門天様の武道成就・降魔厄除・家内安全・夫婦和合の御利益を唱えてらっしゃいました。
それともう一つ、境内にある剣鎧神社。ここも違います。無病息災・病気全快の神として信仰を集めています。
ご本尊が剣鎧護法童子なんです。
「信貴山縁起絵巻」で醍醐天皇が病気で倒れられた時、ここの命蓮上人が毘沙門天様に加持祈祷されたのだそうです。その時毘沙門天様の使者であるこの童子が天皇様の枕元にお立ちになり病気はたちまち治ったという話があります。
本堂の屋根にコッソリ、この童子様がいらっしゃるんです(笑)

ところで、まだ蝉が鳴いてました。大阪ではもうすっかり聞こえなくなった蝉ですがここでが元気よく鳴いていましたね。
そして本堂からの眺望が素晴らしい。
実は勧められた空鉢護法堂まで行けばもっと眺望が素晴らしいと言われたんですが、足に不安があるため断念。膝が元気なら30分、登りましたのにね。
空鉢の話も絵巻に出てきますがあれはどうとればいいのか・・・(苦笑)
托鉢用の空鉢だけが長者のもとに飛んできて、修業している身だからそこに米を入れてと。最初は素直に聞いていた長者も何度も来るとさすがに呆れてしまい、その空鉢を蔵に隠した。
すると蔵ごと空鉢がお寺に向かおうとするものですから、あわてて引き留めたら中にあった米俵が飛び出しドンドン空を飛んで修業中の僧の元に。
それってどうなのって思ってました(笑)

絵巻としては最高に面白いです。さすが国宝です。
機会があれば是非見てください「信貴山縁起絵巻」

朝護孫子寺の狛犬朝護孫子寺の建物その他

赤門 しゃがんでいる人が見ているのは隙間に巣を作っている日本ミツバチ(笑)

朝護孫子寺の山門

本坊

朝護孫子寺の鳥居

ご神木(樹齢1500年のカヤの木)

朝護孫子寺の像

黒駒にまたがる聖徳太子(絵伝ではこの馬に乗って天を駆けてました)

朝護孫子寺の建物その他

成福院

朝護孫子寺の絵馬

成福院の方が「ひょうたんも写真に撮っていって」とおっしゃったので撮ったはいいんですが、お願い事をぼやかすのが大変な作業でした(笑)

朝護孫子寺の建物その他

浴油堂(出世毘沙門堂)

朝護孫子寺の建物その他

本堂

朝護孫子寺の建物その他

本堂

朝護孫子寺の建物その他

本堂

朝護孫子寺の景色

本堂

朝護孫子寺の像

剣鎧護法童子(本堂屋根の上)

朝護孫子寺の末社

剣鎧神社

朝護孫子寺の自然

千手公孫樹(いちょう)仏手白果 「中国原産の銀杏だが日本では高千穂の岩戸神社の1本しか生えていたいと言われていたが昭和57年この木が発見された。樹齢500年)

朝護孫子寺の山門

仁王門

朝護孫子寺の狛犬

仁王門の天を仰ぐ狛犬

朝護孫子寺の周辺

開運橋

朝護孫子寺の周辺

何故か開運橋の中央でバンジージャンプ

もっと読む
投稿をもっと見る(76件)

歴史

今から1400余年前、聖徳太子は、物部守屋を討伐せんと河内稲村城へ向かう途中、この山に至りました。太子が戦勝の祈願をするや、天空遥かに毘沙門天王が出現され、必勝の秘法を授かりました。その日は奇しくも寅年、寅日、寅の刻でありました。太子はその御加護で勝利し、自ら天王の御尊像を刻み伽藍を創建、信ずべし貴ぶべき山『信貴山』と名付けました。以来、信貴山の毘沙門天王は寅に縁のある神として信仰されています。
醍醐天皇の御病気のため、勅命により命蓮上人が毘沙門天王に病気平癒の祈願をいたしました。加持感応空なしからず天皇の御病気は、たちまちにして癒えました。よって天皇、朝廟安穏・守護国土・子孫長久の祈願所として「朝護孫子寺」の勅号を賜ることとなりました。また、朝護孫子寺は、「信貴山寺」とも呼ばれ、多くの方に親しまれています。

歴史をもっと見る|
11

朝護孫子寺の基本情報

住所奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1
行き方

平日:近鉄信貴山下駅からバス信貴大橋下車 徒歩約5分
土日祝:近鉄信貴山下駅からバス信貴山下車 徒歩約10分
JR・近鉄王寺駅からバス信貴大橋下車 徒歩約5分

アクセスを詳しく見る
名称朝護孫子寺
読み方ちょうごそんしじ
参拝時間

09:00~16:30

御朱印あり

朝護孫子寺本堂御朱印「毘沙門天王」を始め7種類の御朱印をいただけます。また本堂とは別に各宿坊(千手院・成福院・玉蔵院)でも拝受できます。また毎年寅の月(2月)は限定御朱印をいただけます。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0745-72-2277
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.sigisan.or.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊毘沙門天
山号信貴山
宗旨・宗派信貴山真言宗
ご由緒

今から1400余年前、聖徳太子は、物部守屋を討伐せんと河内稲村城へ向かう途中、この山に至りました。太子が戦勝の祈願をするや、天空遥かに毘沙門天王が出現され、必勝の秘法を授かりました。その日は奇しくも寅年、寅日、寅の刻でありました。太子はその御加護で勝利し、自ら天王の御尊像を刻み伽藍を創建、信ずべし貴ぶべき山『信貴山』と名付けました。以来、信貴山の毘沙門天王は寅に縁のある神として信仰されています。
醍醐天皇の御病気のため、勅命により命蓮上人が毘沙門天王に病気平癒の祈願をいたしました。加持感応空なしからず天皇の御病気は、たちまちにして癒えました。よって天皇、朝廟安穏・守護国土・子孫長久の祈願所として「朝護孫子寺」の勅号を賜ることとなりました。また、朝護孫子寺は、「信貴山寺」とも呼ばれ、多くの方に親しまれています。

体験武将・サムライ伝説
Youtube

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー