御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※黄金山神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

黄金山神社の基本情報

住所宮城県遠田郡涌谷町涌谷字黄金宮前23
行き方
アクセスを詳しく見る
名称黄金山神社
通称黄金宮
御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神《主》金山毘古命,天照皇太神,猿田彦命

Wikipediaからの引用

概要
黄金山神社(こがねやまじんじゃ)は宮城県遠田郡涌谷町黄金迫(こがねはざま)に鎮座する神社。日本で初めて金を産出した場所である。延喜式神名帳の「陸奥国小田郡 黄金山神社」に比定される。旧社格は県社。
歴史
歴史[編集] 当地では金が発見される前から神が祀られており、小田郡(現:遠田郡)の人日下部深淵が、産金当時の神主であった[1]。産金前の名は黄金山でなかったはずだが、不明である。 740年代、平城京で聖武天皇が大仏塗金のための黄金を切望していた。当時、日本国内では金は採れないとされ、全て輸入に頼っていた。まさにその時、陸奥国守百済王敬福が管内の小田郡で産出した黄金900両を貢上した。天平21年(749年)4月22日[2]のことであった。900両もの砂金を収集し、奈良の都まで運ぶためには1年から2年の歳月が必要であり、実際に砂金が発見されたのは747年頃と考えられる。この黄金発見によって東...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事[編集] 1月1日 元旦祭 2月17日 祈念祭 9月15日 大祭 11月23日 新穀感謝祭
引用元情報黄金山神社 (涌谷町)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%BB%84%E9%87%91%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E6%B6%8C%E8%B0%B7%E7%94%BA)&oldid=91318760

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー