神社お寺の検索サイト楽しみ方

くわなそうしゃ(かすがじんじゃ)

桑名宗社(春日神社)

くわなそうしゃ(かすがじんじゃ)

桑名宗社(春日神社)

公式三重県 西桑名駅
桑名市本町46

社務所 9時〜17時
(宮司は7時には出社しております。外出していなければ、御朱印の受付は行いますのでお声がけください。)

御朱印あり
御朱印帳あり
氏子以外の参拝歓迎
縁結び・恋愛成就学問の神様・合格祈願金運商売繁盛健康長寿病気平癒安産祈願・子宝厄除け交通安全家内安全勝負運五穀豊穣

現在の御朱印・御朱印帳

御朱印をもっと見る(104枚)

桑名市の総鎮守


式内社である『桑名神社』と『中臣神社』の両社を合わせて「桑名宗社」とよばれています。
日本一やかましい祭りといわれている「石取祭」桑名市最大の祭礼で、現在は国の重要無形文化財、並びにユネスコ無形文化遺産に指定されています。

また近年、所蔵する『村正』を公開したことにより刀剣ファンの参拝も増加しています。
全国的な知名度のある村正の文化的価値が高く、村正の代表作とされます。

授与品

春日神社✖️本多忠勝公✖️勝守

春日神社オリジナル御守『勝守』

本多忠勝公は桑名藩初代藩主を務め、57の戦に出陣し、一度も負けることもなく、一ヶ所の傷も負うことがなかったとされます。

当社への崇敬篤く、多くの寄進を頂きました。

授与品をもっと見る(8枚)

例祭・神事

一月一日 歳旦祭
一月三日 元始祭
一月第二月曜日 成人祭
二月三日 節分祭(厄除祈願祭)
二月十八日 祈念祭
二月下旬 初午祭
三月下旬 春分祭
四月 勤...

もっと見る(0枚)

神主から

地域の方々とともに歩んできた神社です。
皆様の参拝は、神様だけでなく地域の方々も喜んでくれています。
歴史ある桑名をお楽しみください。

オススメの投稿

〜念願叶っての参拝〜 かなり珍しい神社さんです こちらの神社さんの存在を知ってから二度ほど参拝計画をたてたものの 雨予報だったり急な出勤で参拝かなわ…続きを読む

17

春日神社インスタ映えプロジェクト第10弾 8月限定ご朱印『桑名かき氷街道2021』です。 今回も#はんこやふくちゃん に製作いただきました。 今回の柄は…続きを読む

5

毎年夏に開催される石取祭は天下の奇祭、日本一やかましい祭りと呼ばれています。 二代将軍秀忠の長女で、豊臣秀頼に嫁いだ千姫が勧請した桑名東照宮。 大阪の陣の…続きを読む

いざ夏詣…桑名へ。 公式サイトで一目惚れした7月限定の御朱印、いただいてきました。 金魚がゆらゆら泳ぐさまが美しく、水草や水紋も彩りを添えて、本当に素…続きを読む

10

三重県桑名の 桑名宗社<春日神社>様より 遥拝にて御朱印 郵送していただきました^^ 5月の御朱印 紙面にいっぱいの藤の花!! どこか本物の満開の藤見に行き…続きを読む

投稿をもっと見る(37件)

アクセス

住所桑名市本町46
Googleマップで地図を開く
エリア西桑名駅
行き方

近鉄 • JR 桑名駅より徒歩12分
市内循環バス 本町より徒歩1分
       田町より徒歩2分

駐車場境内に30台の無料駐車場があります。

基本情報

名称桑名宗社(春日神社)
読み方くわなそうしゃ(かすがじんじゃ)
通称春日神社、春日さん
氏子以外の参拝歓迎
参拝時間

社務所 9時〜17時
(宮司は7時には出社しております。外出していなければ、御朱印の受付は行いますのでお声がけください。)

参拝にかかる時間

約15分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり
御朱印帳あり
御朱印について

月毎に限定御朱印を発行しており、御朱印帳への直接書きも可能です。
また宝刀『村正』などの刀に関する御朱印も頒布しております。

電話番号0594-22-1913
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX0594‐25‐0122
メールアドレスkuwanasousha@gmail.com
ホームページhttp://www.kuwanasousha.org/
SNS

詳細情報

ご祭神《桑名神社》天津彦根命,天久久斯比乃命《中臣神社》天日別命,春日四柱神(建御雷神,斎主神,天児屋根命,比売神)
創建時代景行天皇40年(西暦110年)
創始者不詳
本殿神明造
文化財

桑名石取祭の祭車行事(ユネスコ無形文化遺産)
太刀村正(三重県指定有形文化財)
青銅鳥居(三重県指定有形文化財)
本多忠勝公朱印状(桑名市指定有形文化財)
刀剣30振、松尾芭蕉短冊、安南国書、徳川家康座像など

ご由緒

桑名宗社とは桑名神社と中臣神社の両社をあわせた名称であり、古来桑名の総鎮守として桑名首(くわなのおびと)の祖神を祀っています。

桑名神社は平安時代、延喜式神名帳にその名の見える古社で、御祭神は天照大御神の第三御子天津彦根命と、その大神の御子天久々斯比乃神の二柱です。天津彦根命は国史にも見えた様に御子孫の殊に御繁栄になった神であり、また天久々斯比乃命は神徳霊妙な神で、桑名首(上代桑名の豪族)の祖神であるので桑名の開祖として『繁栄の神様』と仰がれています。

中臣神社も延喜式神名帳にその名を見える古社であり、桑名神社と共に延喜式内社とされています。中臣神社は神護景雲三年(769年)に常陸国鹿島社(茨城県の鹿島神宮)より建御雷神霊が御通過になった基址に祀られるようになりました。御祭神天日別命は神武天皇御創業の時の功臣で伊勢国造の遠祖として仰がれ『厄除けの神様』とされています。中臣神社は山上にありましたが、正応二年(1289年)に桑名神社の境内に遷し奉り、永仁四年(1296年)に奈良春日大社から春日四柱神を勧請合祀してからは「春日さん」と呼ばれています。

その後、御社は繁栄の一途をたどり、織田信長・徳川家康などより神領の寄進、本多忠勝・松平定綱などの歴代桑名城主から篤く崇敬され、明治になってからも元年の御東行・二年の東京遷都と、共に天皇・勅使が御泊りするなどされました。このような崇敬篤く、荘厳な一大社となりましたが惜しくも昭和二十年の戦災で全て消失してしまいました。しかしこの敗戦と焼土の中にあっても氏子崇敬者の深い理解によって立派に再興されるに至っています。

ご利益
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
お参りのあとは投稿をすると、神主さんも喜ばれるでしょう。
この神社の情報は、神社の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2022年01月19日
神社寺院のホームページが無料でかんたんに>作れる!

アクセス

住所桑名市本町46
Googleマップで地図を開く
エリア西桑名駅
行き方

近鉄 • JR 桑名駅より徒歩12分
市内循環バス 本町より徒歩1分
       田町より徒歩2分

駐車場境内に30台の無料駐車場があります。

最新の三重県のご案内

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年1月