御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中

くわなそうしゃ(かすがじんじゃ)

桑名宗社(春日神社)

公式三重県 西桑名駅

社務所 9時〜17時
(宮司は7時には出社しております。外出していなければ、御朱印の受付は行いますのでお声がけください。)

投稿する
0594-22-1913

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

御朱印をもっと見る|
178

最新のお知らせ

春日神社インスタ映えプロジェクト第37弾
#はんこやふくちゃん とのコラボ御朱印です。

秋といえば栗です。
栗の細かい線が出が印象的で、落ち着いた中でも見入ってしまう作品です。

頒布期間 10月1日〜31日まで
初穂料 800円
その他 直書き、書置き、郵送 全て対応

#三重県 #桑名 #桑名宗社 #春日神社 #桑名最古 #延喜式内社 #石取祭 #ユネスコ #ユネスコ無形文化遺産 #日本一やかましい #御朱印 #特別御朱印 #限定御朱印 #御朱印好きとつながりたい #村正 #刀 #伊勢国一の鳥居 #七里の渡し #伊勢神宮 #熱田神宮 #長島スパーランド #名古屋 #アート御朱印 #カラフル御朱印

桑名宗社(春日神社)の御朱印

9月限定御朱印『お月見ver.2』

⛩春日神社✖️9月限定御朱印『お月見ver.2』🌕

春日神社インスタ映えプロジェクト第34弾❗️
#はんこやふくちゃん とのコラボ御朱印です☺️

昨年、人気だった『満月とススキ』をアレンジし、ウサギが地上から月を見ている可愛らしい御朱印となりました。

頒布期間 9月1日〜30日
初穂料  800円
※ 直書き、書置き、郵送 全て対応

#三重県 #桑名 #桑名宗社 #春日神社 #桑名最古 #延喜式内社 #石取祭 #ユネスコ #ユネスコ無形文化遺産 #日本一やかましい #御朱印 #特別御朱印 #限定御朱印 #御朱印好きとつながりたい #村正 #刀 #伊勢国一の鳥居 #七里の渡し #伊勢神宮 #熱田神宮 #長島スパーランド #名古屋 #アート御朱印 #カラフル御朱印

桑名宗社(春日神社)の御朱印

9月限定御朱印『お月見ver.2』 初穂料800円

お知らせをもっと見る(46件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

月毎に限定御朱印を発行しており、御朱印帳への直接書きも可能です。
また宝刀『村正』などの刀に関する御朱印も頒布しております。

限定
あり
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

境内に30台の無料駐車場があります。

ご利益

桑名宗社(春日神社)について

桑名市の総鎮守


式内社である『桑名神社』と『中臣神社』の両社を合わせて「桑名宗社」とよばれています。
日本一やかましい祭りといわれている「石取祭」桑名市最大の祭礼で、現在は国の重要無形文化財、並びにユネスコ無形文化遺産に指定されています。

また近年、所蔵する『村正』を公開したことにより刀剣ファンの参拝も増加しています。
全国的な知名度のある村正の文化的価値が高く、村正の代表作とされます。

神主より

地域の方々とともに歩んできた神社です。
皆様の参拝は、神様だけでなく地域の方々も喜んでくれています。
歴史ある桑名をお楽しみください。

おすすめの投稿

惣一郎
2022年01月25日(火)
1111投稿

【伊勢国 式内社巡り】

桑名宗社(くわな・そうしゃ)は、三重県桑名市本町にある神社。「桑名神社(三崎大明神)」と「中臣神社(春日大明神)」の2社からなり、ともに式内社で、旧社格は県社。桑名神社の主祭神は天津彦根命、天久々斯比乃命、中臣神社の主祭神は天日別命、相殿神は春日四柱神。中世以降は「春日神社」と称された。桑名の総鎮守。当社の「石鳥御神事」は天下の奇祭とも言われ、2016年に日本各地の22件の山・鉾・屋台行事の一つとしてユネスコの無形文化遺産に登録されている。

創建は不詳。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載のある「伊勢國 桑名郡 桑名神社二座 小」、「伊勢國 桑名郡 中臣神社 小」にそれぞれ比定されている。中臣神社はもともと旧上野村(桑名市上野付近)の「山上」に鎮座していたが、鎌倉時代の1289年に桑名神社の境内に遷座された(異説あり)。また1296年に中臣神社は春日神四柱を勧請し、春日大明神と呼ばれるようになった。1601年には徳川幕府より神領100石が「春日領」として寄進された。明治時代になると、近代社格制度の下、郷社に列し、のち県社に昇格した。1945年戦災により社殿、楼門等の建造物を焼失したが、戦後再建された。

当社は、JR関西本線、近鉄名古屋線・桑名駅の東方1kmの住宅街、平地にある。現在の境内地入口(境内東端)には戦後再建された大きな楼門があって、境内西側に社殿等の建造物が集まる東西に横長造りになっている。なお、楼門の東方50mほどの場所に大きな銅鳥居があり、かつての境内の広さを感じることができる。社殿については、本殿は桑名神社と中臣神社の2つに分かれているものの、拝殿は共有しているため、拝殿に参拝口が2カ所ある面白い造りをしている。

今回は、伊勢国の式内社、旧県社であることから参拝することに。参拝時は平日の午後、街中の交通至便の立地にあることもあり、自分以外にも割とたくさんの参拝者が訪れていた。

桑名宗社(春日神社)の鳥居

境内入口にある楼門の東方50mの場所にある<青銅鳥居>。江戸時代前期の1667年に7代桑名藩主・松平定重が建立。左下にある石は<しるべいし>で、簡単にいうと「迷い児石」。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

境内東端入口にある<楼門>。1945年に米軍による空爆で焼失し、1995年に春日神勧請七百年祭記念事業として再建。呼称は<楼門>だが、正面両側には随身像がある。扁額には<桑名宗社>の文字。

桑名宗社(春日神社)の山門

<楼門>をくぐる。

桑名宗社(春日神社)の建物その他

拝殿までまっすぐに伸びる参道。両側には奉納提灯がずらっと並んでいる。

桑名宗社(春日神社)の鳥居

拝殿前の<鳥居>。鳥居の両側にも大量の奉納提燈が掛かっている。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

鳥居の手前、参道左側にある<御膳水井(手水舎)>。

桑名宗社(春日神社)の狛犬

鳥居の手前、左側の<狛犬>。

桑名宗社(春日神社)の狛犬

鳥居の手前、右側の<狛犬>。

桑名宗社(春日神社)の本殿

当社独特の造形をした<拝殿>全景。建物は共有しているが、参拝口が2つに分かれている。社紋も異なる。左側は<中臣神社>、右側は<桑名神社>。拝殿も1945年に米軍による空爆で焼失、1954年に再建。

桑名宗社(春日神社)の建物その他

参道の左側、中臣神社の参拝口前にある<橘>。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

参道の右側、桑名神社の参拝口前にある<金龍桜>。

桑名宗社(春日神社)の末社

まず左側の<中富神社>から参拝する。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

扉の奥に見えるのは<中臣神社>と書かれた扁額。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

つづいて右側の<桑名神社>に参拝する。

桑名宗社(春日神社)の本殿

扉の奥に見えるのは<桑名神社>と書かれた扁額。

桑名宗社(春日神社)の鳥居

拝殿の左側奥にある<母山神社>。鳥居が2つも立っている。

桑名宗社(春日神社)の末社

<母山神社>全景。覆屋の中に社殿が建っている。

桑名宗社(春日神社)の末社

母山神社社殿前から見える<中臣神社本殿>。奥に見えるのは<桑名神社本殿>で、拝殿は共有するが本殿は分かれている。ともに幣殿と合わせ1984年の再建。

桑名宗社(春日神社)の建物その他

母山神社参道脇にある<さざれ石>。

桑名宗社(春日神社)の本殿

<拝殿>正面にまで戻る。奉納樽は四日市市の銘酒、宮崎本店の「宮の雪」。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

<桑名神社>参拝口前にある庭の石群と古切株。

桑名宗社(春日神社)の本殿

<社殿>全景。やはり拝殿が横に長い造形。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

拝殿の右側奥にある境内社群。

桑名宗社(春日神社)の本殿

境内社群前から見える<桑名神社本殿>。

桑名宗社(春日神社)の末社

桑名神社本殿の右隣にある<皇大神宮>。

桑名宗社(春日神社)の末社

皇大神宮の右隣にある<桑名東照宮>。

桑名宗社(春日神社)の末社

桑名東照宮の右隣にある<稲荷社>の千本鳥居。

桑名宗社(春日神社)の末社

稲荷社の手前の鳥居。

桑名宗社(春日神社)の末社

稲荷社の社殿全景。

桑名宗社(春日神社)の建物その他

最後に、拝殿に向かって右手にある<社務所・授与所>。御朱印はこちら。(^▽^)/

もっと読む
隼シューター
2022年06月15日(水)
694投稿

今回は三重県方面へ
まずは桑名宗社で通常の御朱印、季節の御朱印・伊勢国一の鳥居の御朱印・「宝刀村正」の見開きの御朱印・「宝刀正重」の見開きの御朱印をいただきました。カッコいいですね。
桑名宗社では御朱印帳をいただきました。
村正の御朱印帳ですが、これは一目惚れしました。
村正御刀守をいただきました。
三崎大明神は刀に漆が塗られた姿で
春日大明神は研がれた本来の姿です。
桑名宗社は桑名市内の中心部に鎮座します。
桑名宗社(春日神社)の青銅鳥居は寛文7年(1667年)、桑名城主の松平定重が寄進したといわれています。
楼門は天保年間に松平定永によって寄進されましたが
空襲により焼失しましたが再建されました。
三間一戸・重層入母屋造りの楼門です。
正門正面には左大臣右大臣が安置されています。
お寺にあるような楼門ですね。
桑名宗社は桑名神社と中臣神社の二社合社で
拝殿の向かって右が桑名神社、右が中臣神社になります。
それぞれ神紋が違います。
桑名宗社は桑名の総鎮守で
桑名神社は旧名三崎大明神でご祭神は天津彦根命 天久々斯比乃命
中臣神社は旧名は春日大明神でご祭神は天日別命、春日四柱神 (建御雷神 斎主神 天児屋根命 比売神)です。
春日大社から勧請されました。
境内社の皇大神社御分霊所、桑名東照宮、稲荷社があります。
伊勢の国一の鳥居です。
七里の渡しの下船場に鎮座する鳥居です。

#桑名宗社
#春日神社
#桑名市
#三重県
#御朱印

桑名宗社(春日神社)の御朱印

通常の御朱印

桑名宗社(春日神社)の御朱印

見開きの御朱印

桑名宗社(春日神社)の御朱印

「宝刀村正」の見開きの御朱印

桑名宗社(春日神社)の御朱印

「宝刀正重」の見開きの御朱印

桑名宗社(春日神社)の御朱印

伊勢の国一の鳥居の御朱印

桑名宗社(春日神社)(三重県)

御朱印帳

桑名宗社(春日神社)(三重県)

村正御刀守

桑名宗社(春日神社)(三重県)

巾着

桑名宗社(春日神社)(三重県)

青銅鳥居

桑名宗社(春日神社)の山門

楼門

桑名宗社(春日神社)(三重県)

手水舎

桑名宗社(春日神社)(三重県)

狛犬

桑名宗社(春日神社)の建物その他

陽石

桑名宗社(春日神社)の鳥居

二の鳥居

桑名宗社(春日神社)(三重県)

拝殿

桑名宗社(春日神社)の本殿

拝殿

桑名宗社(春日神社)の本殿

本殿

桑名宗社(春日神社)の鳥居

皇大神社御分霊所

桑名宗社(春日神社)の末社

摂社 稲荷社

桑名宗社(春日神社)の末社

桑名東照宮

桑名宗社(春日神社)の鳥居

伊勢の国一の鳥居

桑名宗社(春日神社)(三重県)

壁には石取祭りの絵

もっと読む
投稿をもっと見る(68件)

授与品

春日神社✖️本多忠勝公✖️勝守

春日神社オリジナル御守『勝守』

本多忠勝公は桑名藩初代藩主を務め、57の戦に出陣し、一度も負けることもなく、一ヶ所の傷も負うことがなかったとされます。

当社への崇敬篤く、多くの寄進を頂きました。

御守は本多忠勝公の兜と槍『蜻蛉切』をイメージし制作しました。

郵送でも承っております。

詳しくは神社HPをご確認下さい。

http://www.kuwanasousha.org

授与品をもっと見る|
8

歴史

桑名宗社とは桑名神社と中臣神社の両社をあわせた名称であり、古来桑名の総鎮守として桑名首(くわなのおびと)の祖神を祀っています。

桑名神社は平安時代、延喜式神名帳にその名の見える古社で、御祭神は天照大御神の第三御子天津彦根命と、その大神の御子天久々斯比乃神の二柱です。天津彦根命は国史にも見えた様に御子孫の殊に御繁栄になった神であり、また天久々斯比乃命は神徳霊妙な神で、桑名首(上代桑名の豪族)の祖神であるので桑名の開祖として『繁栄の神様』と仰がれています。

中臣神社も延喜式神名帳にその名を見える古社であり、桑名神社と共に延喜式内社とされています。中臣神社は神護景雲三年(769年)に常陸国鹿島社(茨城県の鹿島神宮)より建御雷神霊が御通過になった基址に祀られるようになりました。御祭神天日別命は神武天皇御創業の時の功臣で伊勢国造の遠祖として仰がれ『厄除けの神様』とされています。中臣神社は山上にありましたが、正応二年(1289年)に桑名神社の境内に遷し奉り、永仁四年(1296年)に奈良春日大社から春日四柱神を勧請合祀してからは「春日さん」と呼ばれています。

その後、御社は繁栄の一途をたどり、織田信長・徳川家康などより神領の寄進、本多忠勝・松平定綱などの歴代桑名城主から篤く崇敬され、明治になってからも元年の御東行・二年の東京遷都と、共に天皇・勅使が御泊りするなどされました。このような崇敬篤く、荘厳な一大社となりましたが惜しくも昭和二十年の戦災で全て消失してしまいました。しかしこの敗戦と焼土の中にあっても氏子崇敬者の深い理解によって立派に再興されるに至っています。

歴史をもっと見る|
2

桑名宗社(春日神社)の基本情報

住所三重県桑名市本町46
行き方

近鉄 • JR 桑名駅より徒歩12分
市内循環バス 本町より徒歩1分
       田町より徒歩2分

アクセスを詳しく見る
名称桑名宗社(春日神社)
読み方くわなそうしゃ(かすがじんじゃ)
通称春日神社、春日さん
参拝時間

社務所 9時〜17時
(宮司は7時には出社しております。外出していなければ、御朱印の受付は行いますのでお声がけください。)

参拝にかかる時間

約15分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

月毎に限定御朱印を発行しており、御朱印帳への直接書きも可能です。
また宝刀『村正』などの刀に関する御朱印も頒布しております。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0594-22-1913
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスkuwanasousha@gmail.com
ホームページhttp://www.kuwanasousha.org/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《桑名神社》天津彦根命,天久久斯比乃命《中臣神社》天日別命,春日四柱神(建御雷神,斎主神,天児屋根命,比売神)
創建時代景行天皇40年(西暦110年)
創始者不詳
本殿神明造
文化財

桑名石取祭の祭車行事(ユネスコ無形文化遺産)
太刀村正(三重県指定有形文化財)
青銅鳥居(三重県指定有形文化財)
本多忠勝公朱印状(桑名市指定有形文化財)
刀剣30振、松尾芭蕉短冊、安南国書、徳川家康座像など

ご由緒

桑名宗社とは桑名神社と中臣神社の両社をあわせた名称であり、古来桑名の総鎮守として桑名首(くわなのおびと)の祖神を祀っています。

桑名神社は平安時代、延喜式神名帳にその名の見える古社で、御祭神は天照大御神の第三御子天津彦根命と、その大神の御子天久々斯比乃神の二柱です。天津彦根命は国史にも見えた様に御子孫の殊に御繁栄になった神であり、また天久々斯比乃命は神徳霊妙な神で、桑名首(上代桑名の豪族)の祖神であるので桑名の開祖として『繁栄の神様』と仰がれています。

中臣神社も延喜式神名帳にその名を見える古社であり、桑名神社と共に延喜式内社とされています。中臣神社は神護景雲三年(769年)に常陸国鹿島社(茨城県の鹿島神宮)より建御雷神霊が御通過になった基址に祀られるようになりました。御祭神天日別命は神武天皇御創業の時の功臣で伊勢国造の遠祖として仰がれ『厄除けの神様』とされています。中臣神社は山上にありましたが、正応二年(1289年)に桑名神社の境内に遷し奉り、永仁四年(1296年)に奈良春日大社から春日四柱神を勧請合祀してからは「春日さん」と呼ばれています。

その後、御社は繁栄の一途をたどり、織田信長・徳川家康などより神領の寄進、本多忠勝・松平定綱などの歴代桑名城主から篤く崇敬され、明治になってからも元年の御東行・二年の東京遷都と、共に天皇・勅使が御泊りするなどされました。このような崇敬篤く、荘厳な一大社となりましたが惜しくも昭和二十年の戦災で全て消失してしまいました。しかしこの敗戦と焼土の中にあっても氏子崇敬者の深い理解によって立派に再興されるに至っています。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り重要文化財祭りアニメなどサブカル武将・サムライ伝説夏詣

Wikipediaからの引用

概要
桑名宗社(くわなそうしゃ)は、三重県桑名市本町にある神社。通称は春日神社(はるひじんじゃ、春日さん)。桑名の総鎮守社 桑名神社(三崎大明神)と中臣神社(春日大明神)の両社からなり、ともに延喜式神名帳の伊勢国桑名郡に記載されている式内社である。旧社格は県社。8月に行われる石取御神事(石取祭)はユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」を構成する祭りの一つである。
歴史
歴史[編集] 創建年代は、府県郷社明治神社誌料では「詳ならず」とされている。 社伝では、当初は旧桑部村にあり、景行天皇40年から45年にかけて宮町、宝殿町と遷座し、現在の本町に鎮まったという。神名帳考証再考には旧地は桑部村糠田(桑名市額田付近)であったと記されている。伊勢参宮名所図会には、天武天皇が壬申の乱で当地から尾張美濃に渡海する時、「此地の地主にして沙羯羅龍王の女妙吉祥」が現れ、「本地は十一面観音、垂迹は三種の神宝」であることから「三崎明神」と称し、虚空に飛び去ったという伝承が記されている。 中臣神社は神護景雲3年(769年)、旧上野村(桑名市上野付近)の「山上」に創祀されたという...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] JR関西本線または近鉄名古屋線桑名駅から三重交通バスで「本町」バス停下車後徒歩約5分。
行事
祭事[編集] 石取祭 8月第一日曜 - 石取御神事(石取祭)。 8月17日 - 桑名神社例大祭。 9月17日 - 中臣神社例大祭。
引用元情報桑名宗社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%A1%91%E5%90%8D%E5%AE%97%E7%A4%BE&oldid=91420773

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

投稿キャンペーン

15,000投稿達成で
当選数2倍!

まずは30秒で無料登録する
行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー