御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

くわなそうしゃ(かすがじんじゃ)

桑名宗社(春日神社)のお参りの記録一覧

公式三重県 西桑名駅

投稿する
0594-22-1913

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

竹五郎
2022年07月19日(火)
38投稿

二軒目 暑い

桑名宗社(春日神社)(三重県)

立派な鳥居

桑名宗社(春日神社)(三重県)

立派

桑名宗社(春日神社)(三重県)

正七角形?書けるの?

桑名宗社(春日神社)の建物その他

なつもう、、で??

桑名宗社(春日神社)(三重県)

隣合う

桑名宗社(春日神社)(三重県)

大きな直筆
スバラ

桑名宗社(春日神社)(三重県)

コレに乗って風呂入りに行く
うふ❤️

もっと読む
a.tanaka
2022年03月19日(土)
329投稿

神社なのに山門のような門が有るのと、一つの拝殿の左手に中臣神社、右手に桑名神社と分かれて、本殿は一社ごとに有るようです、この様な神社は始めてです。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

青銅鳥居

桑名宗社(春日神社)(三重県)

楼門

桑名宗社(春日神社)(三重県)桑名宗社(春日神社)(三重県)

参道

桑名宗社(春日神社)の鳥居桑名宗社(春日神社)の手水

手水舎

桑名宗社(春日神社)の本殿

拝殿

桑名宗社(春日神社)の御朱印

神社名と御祭神名の書かれた案内板

桑名宗社(春日神社)の本殿

左側中臣神社拝殿

桑名宗社(春日神社)の本殿桑名宗社(春日神社)の本殿

右側桑名神社拝殿

桑名宗社(春日神社)の本殿桑名宗社(春日神社)の鳥居

拝殿左奥にある母山神社

桑名宗社(春日神社)(三重県)桑名宗社(春日神社)(三重県)

拝殿右奥の左側にある皇大神宮御分霊社 御祭神は天照大神

桑名宗社(春日神社)(三重県)

中央にある桑名東照宮 御祭神は徳川家康公

桑名宗社(春日神社)の末社

右側にある春日稲荷神社 御祭神は倉稲魂命

桑名宗社(春日神社)(三重県)桑名宗社(春日神社)の建物その他桑名宗社(春日神社)(三重県)

桑名神社の本殿

桑名宗社(春日神社)の御朱印

3月限定御朱印を見開で頂きました

もっと読む
惣一郎
2022年01月25日(火)
973投稿

【伊勢国 式内社巡り】

桑名宗社(くわな・そうしゃ)は、三重県桑名市本町にある神社。「桑名神社(三崎大明神)」と「中臣神社(春日大明神)」の2社からなり、ともに式内社で、旧社格は県社。桑名神社の主祭神は天津彦根命、天久々斯比乃命、中臣神社の主祭神は天日別命、相殿神は春日四柱神。中世以降は「春日神社」と称された。桑名の総鎮守。当社の「石鳥御神事」は天下の奇祭とも言われ、2016年に日本各地の22件の山・鉾・屋台行事の一つとしてユネスコの無形文化遺産に登録されている。

創建は不詳。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載のある「伊勢國 桑名郡 桑名神社二座 小」、「伊勢國 桑名郡 中臣神社 小」にそれぞれ比定されている。中臣神社はもともと旧上野村(桑名市上野付近)の「山上」に鎮座していたが、鎌倉時代の1289年に桑名神社の境内に遷座された(異説あり)。また1296年に中臣神社は春日神四柱を勧請し、春日大明神と呼ばれるようになった。1601年には徳川幕府より神領100石が「春日領」として寄進された。明治時代になると、近代社格制度の下、郷社に列し、のち県社に昇格した。1945年戦災により社殿、楼門等の建造物を焼失したが、戦後再建された。

当社は、JR関西本線、近鉄名古屋線・桑名駅の東方1kmの住宅街、平地にある。現在の境内地入口(境内東端)には戦後再建された大きな楼門があって、境内西側に社殿等の建造物が集まる東西に横長造りになっている。なお、楼門の東方50mほどの場所に大きな銅鳥居があり、かつての境内の広さを感じることができる。社殿については、本殿は桑名神社と中臣神社の2つに分かれているものの、拝殿は共有しているため、拝殿に参拝口が2カ所ある面白い造りをしている。

今回は、伊勢国の式内社、旧県社であることから参拝することに。参拝時は平日の午後、街中の交通至便の立地にあることもあり、自分以外にも割とたくさんの参拝者が訪れていた。

桑名宗社(春日神社)の鳥居

境内入口にある楼門の東方50mの場所にある<青銅鳥居>。江戸時代前期の1667年に7代桑名藩主・松平定重が建立。左下にある石は<しるべいし>で、簡単にいうと「迷い児石」。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

境内東端入口にある<楼門>。1945年に米軍による空爆で焼失し、1995年に春日神勧請七百年祭記念事業として再建。呼称は<楼門>だが、正面両側には随身像がある。扁額には<桑名宗社>の文字。

桑名宗社(春日神社)の山門

<楼門>をくぐる。

桑名宗社(春日神社)の建物その他

拝殿までまっすぐに伸びる参道。両側には奉納提灯がずらっと並んでいる。

桑名宗社(春日神社)の鳥居

拝殿前の<鳥居>。鳥居の両側にも大量の奉納提燈が掛かっている。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

鳥居の手前、参道左側にある<御膳水井(手水舎)>。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

鳥居の手前、左側の<狛犬>。

桑名宗社(春日神社)の狛犬

鳥居の手前、右側の<狛犬>。

桑名宗社(春日神社)の本殿

当社独特の造形をした<拝殿>全景。建物は共有しているが、参拝口が2つに分かれている。社紋も異なる。左側は<中臣神社>、右側は<桑名神社>。拝殿も1945年に米軍による空爆で焼失、1954年に再建。

桑名宗社(春日神社)の建物その他

参道の左側、中臣神社の参拝口前にある<橘>。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

参道の右側、桑名神社の参拝口前にある<金龍桜>。

桑名宗社(春日神社)の末社

まず左側の<中富神社>から参拝する。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

扉の奥に見えるのは<中臣神社>と書かれた扁額。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

つづいて右側の<桑名神社>に参拝する。

桑名宗社(春日神社)の本殿

扉の奥に見えるのは<桑名神社>と書かれた扁額。

桑名宗社(春日神社)の鳥居

拝殿の左側奥にある<母山神社>。鳥居が2つも立っている。

桑名宗社(春日神社)の末社

<母山神社>全景。覆屋の中に社殿が建っている。

桑名宗社(春日神社)の末社

母山神社社殿前から見える<中臣神社本殿>。奥に見えるのは<桑名神社本殿>で、拝殿は共有するが本殿は分かれている。ともに幣殿と合わせ1984年の再建。

桑名宗社(春日神社)の建物その他

母山神社参道脇にある<さざれ石>。

桑名宗社(春日神社)の本殿

<拝殿>正面にまで戻る。奉納樽は四日市市の銘酒、宮崎本店の「宮の雪」。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

<桑名神社>参拝口前にある庭の石群と古切株。

桑名宗社(春日神社)の本殿

<社殿>全景。やはり拝殿が横に長い造形。

桑名宗社(春日神社)(三重県)

拝殿の右側奥にある境内社群。

桑名宗社(春日神社)の本殿

境内社群前から見える<桑名神社本殿>。

桑名宗社(春日神社)の末社

桑名神社本殿の右隣にある<皇大神宮>。

桑名宗社(春日神社)の末社

皇大神宮の右隣にある<桑名東照宮>。

桑名宗社(春日神社)の末社

桑名東照宮の右隣にある<稲荷社>の千本鳥居。

桑名宗社(春日神社)の末社

稲荷社の手前の鳥居。

桑名宗社(春日神社)の末社

稲荷社の社殿全景。

桑名宗社(春日神社)の建物その他

最後に、拝殿に向かって右手にある<社務所・授与所>。御朱印はこちら。(^▽^)/

もっと読む
行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中