神社お寺の検索サイト楽しみ方

最新のお知らせ

歳旦祭を行いました。

元旦、10時から歳旦祭を行いました。
時折小雪が舞う寒い天気でしたが、地元東千里の氏子さんに大勢参列して頂きました。 
今年は、壬寅年。長い厳しい冬を乗り越えて、新しい新芽が芽吹いてくるスタートの年とも言われています。
今年一年が良き年となりますよう、ご祈願しました。

大祓式

大晦日の夕刻17時から大祓式を行いました。
拝殿で参列者全員が切幣で穢れを祓い、人形、車形を燃やしました。
雪の降りしきる中でしたが、大勢の方に参加して頂きました。

尾前神社の建物その他
お知らせをもっと見る(8件)
御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
あり

駐車場はありませんが、近くにマリーナ河芸の駐車場があります。一般車用のフリーの駐車場もあります。尾前神社は、この駐車場の北西にあります。
マリーナ河芸の駐車場から北西方向を見ると、こんもりした森がありますので、それを目指して歩いてきて下さい。徒歩3分ぐらいです。

歴史

当社は延喜式内社で、祓戸の四神、速佐須良比売命(ハヤサスラヒメ)を主祭神としています。垂仁天皇一八年、勅命によって今の千里ケ丘中尾前の地に神殿が建てられていたが鎌倉時代の後期に至って里人と共に現在地に移ったとみられており、河芸町内では、一番古くからある神社で、1300年以上の歴史のある神社です。
霊験あらたかなとことから、天武天皇より「尾前土宮」の宮号を賜り、一名「土御前」と号します。更に後鳥羽天皇の御宇には、「奄藝祓所」の称号を受けました。
宝物となっている獅子頭二口は、高倉天皇の御代に、朝廷から献じられたものと伝えられている。上野の城主より社領として米五石を受領している。明治維新に際し、天皇は神宮に参拝の帰途、勅使に代参を命じられたとの記録がある。明治末の神社合祀例によらず、一社として今に続いています。

歴史をもっと見る|
1

尾前神社の基本情報

住所三重県津市河芸町大字東千里759
行き方

近鉄名古屋線千里駅より徒歩10分
マリーナ河芸、駐車場より徒歩3分

アクセスを詳しく見る
名称尾前神社
読み方おざきじんじゃ
参拝にかかる時間

約10分

トイレ鳥居の手前、左側にあります。

詳細情報

ご祭神《主》速佐須良比咩神,《配》塩椎神,大山津見神,品陀和気神
ご由緒

当社は延喜式内社で、祓戸の四神、速佐須良比売命(ハヤサスラヒメ)を主祭神としています。垂仁天皇一八年、勅命によって今の千里ケ丘中尾前の地に神殿が建てられていたが鎌倉時代の後期に至って里人と共に現在地に移ったとみられており、河芸町内では、一番古くからある神社で、1300年以上の歴史のある神社です。
霊験あらたかなとことから、天武天皇より「尾前土宮」の宮号を賜り、一名「土御前」と号します。更に後鳥羽天皇の御宇には、「奄藝祓所」の称号を受けました。
宝物となっている獅子頭二口は、高倉天皇の御代に、朝廷から献じられたものと伝えられている。上野の城主より社領として米五石を受領している。明治維新に際し、天皇は神宮に参拝の帰途、勅使に代参を命じられたとの記録がある。明治末の神社合祀例によらず、一社として今に続いています。

体験祈祷お祓いお宮参り七五三祭り

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ