参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ろくどうちんのうじ

六道珍皇寺の投稿一覧京都府 祇園四条駅

月参りしている小野照﨑神社つながりでお参りしたかったお寺です。冥界への井戸も見ることができました。

4

秋の非公開文化財公開事業が行われていたのが目に留まったので、西国巡礼の合間に拝観した。
薬師堂に安置されている重文の薬師如来像がもともとの本尊で、本堂にあるものは新しいものだそうだ。

7

こちらも、三室戸寺(みむろとじ)に続き、読み間違ってました。
「ろくどうちんこうじ」じゃなくて「ろくどうちんのうじ」なんですね。

あの有名な小野篁と閻魔様の像も、格子窓越しではなく、しっかり見させていただきました。

また、お庭には、冥土通いの井戸、その奥の道を...

7

臨済宗建仁寺派。ご本尊は薬師如来。念願の冥界へ行く井戸、見れました。秋の特別拝観中。

7

秋の彼岸特別寺宝展という事で久しぶりの六道珍皇寺さんへ。
悪疫退散御朱印シリーズをいただいてきました。

勿論冥府通いの井戸も覗いてご挨拶😄

小野篁が冥界への行き来に使ったと言う井戸が残っています!閻魔大王様の御朱印頂きました!

11

京都小旅行2日目。六波羅密寺参拝後、4回目の六道珍皇寺へ。
昨年はお正月1/4でしたが、今回タイミングよく初えんま詣の期間。特別御朱印を拝受しました。

あの世とこの世の分岐点である「六道の辻」がある六道珍皇子。
閻魔大王と小野篁公がお祀りされています。

小野篁公は、昼は朝廷で仕事をし、夜になるとここにある井戸を通ってあの世の閻魔庁で仕事をしていたという伝説があります。

12

六道珍皇寺へお詣りしてきました。
ここには地獄と繋がっていると言う井戸があるとのこと。

小野篁の像の大きさが圧巻でした。

5

閻魔様に会いに来ました。

7

小野篁が地獄と通じた井戸がある、というこちらのお寺。
お参りさせていただこうと境内へ入りましたが、本堂の障子は閉まり、地獄への井戸も穴からかろうじて覗いた感じで、まったく人気もなく。
障子越しにお参りさせていただいたあと、周囲を見渡すと、どうしたもんか、ときょろきょろし...

4

鬼灯の冷徹で興味を持った閻魔さまと地獄のお話。篁さんの井戸が見たかったけど特別拝観日じゃなかたし予約してなくて残念。集めたくなる御朱印ですね。

限定御朱印です。

頂いた時令和には数日早かったですが・・・

9

本堂に上がってお参りしました。

過去の参拝記録。2018年12月23日。

冥界へつながる井戸があります。閻魔さまのぎらりと光る目を見て怯えます。

六道珍皇寺

お盆限定御朱印、3ヶ所目は六道さん。

本日まで行なわれている六道まいり(迎え盆)にて特別御朱印「閻魔大王」と「小野篁」を授与。

早朝7時前にも関わらず、朝から大勢の参拝者で賑わっていました。

6

京都都七福のご参拝を兼ねて近隣寺社をお参りしました。
今回は都七福メインで回りましたが。今度は春と秋に閻魔堂が特別開扉されるのに合わせて伺いたいです。

16

建仁寺の近くにあるお寺です

冥界との境、六道の辻に位置する六道珍皇寺。境内には地獄の閻魔大王のもとへ通ったとされる井戸がありました。

過去の参拝記録。2018年2月11日参拝。

6

小野篁の冥界通いの井戸のあるお寺です。

ずっと行ってみたかったのでお参りできて良かったです。

過去の参拝記録。2017年8月11日参拝。

六道珍皇寺は「六道さん」の名で親しまれ、お盆の精霊迎えに参詣する寺として知られている。
冥府を行き来したと伝えられる小野篁卿ゆかりの寺院です。

かの有名な冥土通いの井戸。(入り口専用)
昼は御所、夜は地獄で24時間戦っていた元祖ジャパニーズビジネスマン(公務員)、小野篁。夜な夜なここを通って、閻魔大王と密談をしていたらしい。
撮影不可だが、出口専用の井戸もある。

六道まいりの様子を見に行った。
ご先祖様の霊をお迎えする行事である。
作法は以下の通り。
①入り口のテント下で売られている高野槙を求める。
②本堂に移動して、水塔婆に戒名や俗名を書いてもらう。
③迎え鐘を撞く。
六道珍皇寺の鐘は綱を引く感じになる。滅茶苦茶人が並...

京都では8月7〜10日までの4日間先祖の霊を迎えるためにこのお寺を参詣する「六道まいり」の風習があるそうです。私が訪れた日は、その準備をされていました。父の初盆回向のお願いをしました。
閻魔王宮の役人、小野篁が、冥府通いのため裏庭の井戸を入口にしていた伝説は有名ですね。
...

8月7日~10日の「六道詣り」で知られる。普段は参拝者はまばらだが、この期間は大勢の人が集まり先祖の霊を迎えに来る。
特別朱印、限定朱印の先駆となった寺院のひとつでもある。

平成27年8月8日(土)
京都の六道参り
六道珍皇寺→六波羅蜜寺→若宮八幡宮

京都市東山区の六道珍皇寺

4

平成26年8月10日(日)
京都・東山の六道参りへ。
六道珍皇寺→六波羅蜜寺

京都市東山区の六道珍皇寺(六道参り)

平成26年6月1日(日)
京都の下京区から東山を散策。
(大宮駅)→西本願寺→(龍谷ミュージアム(チベット仏教展))→上善寺(世継地蔵)→誓願寺(和泉式部奉納の謡曲を聞く。)→建仁寺→六道珍皇寺→(河原町駅)

京都市東山区の六道珍皇寺

妖怪めぐりツアーで訪れました。
小野篁ゆかりの地で、地獄とこの世を行き来出来るという井戸があります。
小野篁はこの井戸を使って地獄に行き、閻魔大王のお手伝いをしていたんだそうな。

 閻魔大王に仕えていたという小野篁(たかむら)ゆかりの寺です。この寺の辺りは、あの世とこの世の境として「六道の辻」と呼ばれていました。小野篁像や閻魔像、小野篁が冥界に通うのに使っていたとされる井戸などの公開に合わせてお参りしました。

6

冥界への井戸がある六道珍皇寺へ。

4

冥府の裁判官をしていたという小野篁ゆかりのお寺さんです。
地蔵信仰を広めたのはこの篁。
妹フェチだった篁が病気で妹を亡くした事で地蔵菩薩にすがったと言う話を聞きました。
随分大柄な人だったそうでその当時でも珍しい、180㎝を超す身長をされていたそうです。
どうして彼...

10

平成23年8月
京都旅行にてお参りしました。
小野篁ゆかりのお寺です。

小野篁が地獄へ行くために使ったという伝説が残る井戸があります。
井戸は限定公開で、年に数日間だけの公開。
等身大と言われる小野篁像の大きさと閻魔像の目力に圧倒です。

過去参拝記録。カラフルな御朱印の走りではないかと思います。

閻魔様もですが、熊野観心十界曼陀羅、小野篁が冥界への往路に利用したと伝えられる井戸がとても印象的でした。

京都の御朱印めぐりが楽しみになったきっかけのお寺。昨夜ブラタモリでなつかしく思い出しました。
...

4

郵送対応です。

お盆えんま詣記念御朱印、見開き金仕立墨書朱印、銀紙閻魔御札兼朱印。

7/26までのインターネットで申し込みなので、今は終了してます。

京都府京都市の六道珍皇寺樣から六道参りの特別御朱印を送って頂きました。
六道参りとは京都のご先祖様(精霊)をお迎えするお盆の前に行われる風習。
その中心になるのがこちらの六道珍皇寺様なんですね。知りませんでした😅
写真は、「江戸・花洛細見図」の地蔵尊・薬師佛の御朱印。...

5

春のご朱印帳祭り
限定?の閻魔大王様、小野篁様の御朱印帳です。

京都で使いたいのですが、中々京都に行けません((T^T)

地獄絵図と閻魔さまにいつも
見いります

清水寺から歩いて回れます。
ちょうど住職側別対応中で、書置きを頂きました。
閻魔大王が有名。

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る