参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

みむろとじ|本山修験宗

三室戸寺京都府 三室戸駅

みむろとじ|本山修験宗

三室戸寺京都府 三室戸駅

京都府 宇治市菟道滋賀谷21

4月〜10月:8時30分〜16時00分  11月〜3月:8時30分〜15時30分

御朱印あり
神仏霊場巡拝の道西国三十三所霊場

御朱印・御朱印帳

御朱印(2種類)

三室戸寺では、「大悲殿」と「御詠歌」の2種類の御朱印をいただけます。また、季節に合わせた限定御朱印が頒布されています。

大悲殿の御朱印

御朱印をもっと見る(98枚)

紫陽花寺として有名


5千坪の大庭園に四季おりおりの花が見られるので、一名『花の寺』とも言われています。 4月下旬〜5月上旬の『つつじ園』には、20000株の平戸ツツジ、霧島ツツジ、久留米ツツジ等が咲き誇り、その規模は関西屈指のもので『ツツジ寺』と呼ばれています。
6月には『アジサイ園』に50種・10000株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花等が咲き乱れ、『あじさい寺』とも称されています。
本堂前の『蓮(ハス)園』には、250鉢の色とりどりの蓮(はす)が咲き、有名な大賀ハス、古代バスなど100種が6月下旬より8月上旬にかけて咲き、さながらその光景は極楽浄土のようで、『蓮(ハス)の寺』とも言われます。

西国三十三カ所第十番札所

行事

つつじ・しゃくなげ園:平成31年4月20日(土)~令和元年5月12日(日)
あじさい園:令和元年6月1日(土)~7月7日(日)

オススメの投稿

三室戸寺(みむろとじ)は、京都府宇治市にある本山修験宗の別格本山の寺院。山号は明星山。本尊は千手観世音菩薩。西国三十三所10番札所。 創建は不詳。寺伝に…続きを読む

17

西国33所巡礼で参拝。10番札所。 今週は寒波が入っており、日本海や山岳は危険と判断してのんびり近場の巡礼をすることにした。 本堂右脇になでるとお金がかえ…続きを読む

この日は秋の特別拝観 観音様の足の裏を拝する会がありました 「三室戸寺の観音様は正座した珍しい姿をしており、かわいらしい足の裏が衣の裾から覗いています。…続きを読む

7

【巡礼の寺:西国三十三観音、十番 三室戸寺】  広大な庭園にツツジやアジサイが咲き誇る花の寺です。秋の紅葉も見事です。巡礼の一巡目でお参りしたのはツツジの時…続きを読む

10

今年の目標、西国33所観音巡礼を1月から始めて1番青岸渡寺から9番南円堂まで順調に進んでいたのに、コロナの影響で中断していましたが、ここで再開しました。 今…続きを読む

投稿をもっと見る(64件)

アクセス

住所宇治市菟道滋賀谷21
Googleマップで地図を開く
エリア三室戸駅
行き方

京阪 三室戸駅から徒歩15分

近くの駅

◼︎京阪宇治線
三室戸駅から直線約1.18km
徒歩約28分
車で約5分
Googleマップで確認



◼︎京阪宇治線
宇治駅から直線約1.35km
徒歩約32分
車で約6分
Googleマップで確認



◼︎JR奈良線
黄檗駅から直線約1.97km
徒歩約47分
車で約9分
Googleマップで確認



◼︎JR奈良線
宇治駅から直線約2.03km
徒歩約48分
車で約10分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

三室戸寺について

基本情報

名称三室戸寺
読み方みむろとじ
参拝時間

4月〜10月:8時30分〜16時00分  11月〜3月:8時30分〜15時30分

参拝料

大人500円、小人300円(あじさいの時期は大人800円、小人400円)

御朱印あり
御朱印について

源氏物語宇治十帖ゆかりの御朱印

電話番号0774-21-2067
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.mimurotoji.com/
SNS

詳細情報

ご本尊千手観音菩薩
山号明星山
宗旨・宗派本山修験宗
創建時代宝亀年間(770年~781年)
開山・開基光仁天皇
札所など

西国観音霊場十番札所

ご由緒

寺伝によれば、宝亀元年(770年)光仁天皇の勅願により南都大安寺の僧行表が創建したものという。創建と本尊に関しては次のような伝承がある。天智天皇の孫にあたる白壁王(後の光仁天皇)は、毎夜宮中に達する金色の霊光の正体を知りたいと願い、右少弁(右少史とも)藤原犬養なる者に命じて、その光の元を尋ねさせた。犬養がその光を求めて宇治川の支流志津川の上流へたどり着くと、滝壺に身の丈二丈ばかりの千手観音像を見た。犬養が滝壺へ飛び込むと1枚の蓮弁(ハスの花びら)が流れてきて、それが一尺二寸の二臂の観音像に変じたという。光仁天皇がその観音像を安置し、行表を開山として創建したのが当寺の起こりで、当初は御室戸寺と称したという。その後、桓武天皇が二丈の観音像を造立、その胎内に先の一尺二寸の観音像を納めたという。
以上のように、当寺の創建伝承については伝説的色彩が濃く、創建の正確な事情についてははっきりしない。園城寺(三井寺)の僧の伝記を集成した『寺門高僧記』所収の僧・行尊の三十三所巡礼記は、西国三十三所巡礼に関する最古の史料であるが、これによると、11世紀末頃に行尊が三十三所を巡礼した時は、三室戸寺は三十三番目、つまり最後の巡礼地であった[3]。寺は康和年間(1099 - 1103年)、三井寺の僧隆明によって中興されたという。
その後寛正年間(1460 - 1466年)の火災で伽藍を失い、再興されたものの、天正元年(1573年)には織田信長と争った足利義昭に加勢したため焼き討ちされる。
現存する本堂は江戸時代後期の文化11年(1814年)に再建された。

巡礼
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2021年06月14日


アクセス

住所宇治市菟道滋賀谷21
Googleマップで地図を開く
エリア三室戸駅
行き方

京阪 三室戸駅から徒歩15分

近くの駅

◼︎京阪宇治線
三室戸駅から直線約1.18km
徒歩約28分
車で約5分
Googleマップで確認



◼︎京阪宇治線
宇治駅から直線約1.35km
徒歩約32分
車で約6分
Googleマップで確認



◼︎JR奈良線
黄檗駅から直線約1.97km
徒歩約47分
車で約9分
Googleマップで確認



◼︎JR奈良線
宇治駅から直線約2.03km
徒歩約48分
車で約10分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?