御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年6月
渡内日枝神社ではいただけません
広告
御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

渡内日枝神社の基本情報

住所神奈川県藤沢市渡内3-8-10
行き方

JR東海道線「藤沢駅」北口より大船駅西口駅行きバスで22分、「渡内第三会館前」下車徒歩4分

アクセスを詳しく見る
名称渡内日枝神社
読み方わたうちひえじんじゃ
参拝にかかる時間

10分

トイレなし
ホームページhttps://www.buccyake-kojiki.com/archives/1069576993.html

詳細情報

ご祭神主祭神:大山咋命、合祀:村岡良文
ご由緒

日枝神社(ひえじんじゃ)は、神奈川県藤沢市渡内にある神社。
近代社格では村社。渡内日枝神社(わたうちひえじんじゃ)とも。
現在は大綱金刀比羅神社の兼務社である。
御朱印の有無は不明。

桓武天皇の孫、高望王の子にあたる村岡五郎太夫平良文が相模国の郷を下賜され、三浦・梶原・大庭・長尾・畠山・千葉・上総・土肥など関東八平氏の祖となった。
平安時代の天慶年間(938年-947年)、その平良文が村岡村渡内に邸宅を定めた際、宮山の地に日吉山王大権現を勧請し、山神社と称え、守護神としたのが起源だという。

室町時代の応永27年(1421年)、福原左衛門平忠次が社殿を現在地に遷座、同時に良文を合祀した。
江戸時代初期の慶長12年(1608年)6月、福原孫十郎重種が社殿を造営した。

『新編相模国風土記稿』渡内村の条にも「山神社」と記載され、「峯渡内の鎮神なり。村岡良文の霊を合祀す」とある。末社として、山神・秋葉が記載されている。
江戸時代後期の天保9年(1839年)、地頭加藤三左衛門藤原明随・福原左兵太平高峯・村岡六蔵平良毅などにより本社の覆殿が再建された。
御祭神は、大山咋命・村岡良文公。明治6年(1873年)12月、村社に列した。例祭は9月15日、現在は9月第2日曜日に斎行されている。

祭礼では、大人神輿、子供神輿、山車などが出て、囃子が奏でられる。
土地開発の整備にともな、現在の社地はコンクリート擁壁で囲まれ、その一段高いところに社殿がある。境内では相州村岡七福神の弁財天が祀られている。
境内右側の祠は、渡内4-1、県道小袋谷・藤沢線沿いの渡内バス停北側あたりにあったものを、平成10年(1998年)、区画整理事業に伴い移設したもの。
中央の祠は、峯渡内村の名主家にあったもので、もとは現在地より東に70メートルほどのところに鎮座していた。
平成20年(2008年)、区画整理事業に伴い移設。

左の祠は坪井三社大権現(源頼義・源義家・徳川家康)で、もとは現在地より北東140メートルほど、本在寺公園の山頂に祀ってあったもの。
境内には、小ぶりな手水鉢であるが、日露戦争の凱旋を紀念して奉納されたもの。正面に陸軍を表す星章が刻されている。
https://www.buccyake-kojiki.com/archives/1069576993.html

体験祭り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ