御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※弘明寺ではいただけません

ぐみょうじ|高野山真言宗瑞応山

弘明寺

神奈川県 弘明寺(京急)駅

参拝可能時間 午前8時〜午後5時

投稿する
045-711-1231

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(4種類)

弘明寺では、「大悲殿」と「御詠歌」、「波切不動尊」、「大日如来」の4種類の御朱印をいただけます。

大悲殿の御朱印

500円

真ん中に梵字(十一面観音)大悲殿と書かれ、右上に坂東第十四番の印、右下に瑞應山の文字、真ん中に蓮華座に梵字(十一面観音)の火焔宝珠印、左下に弘明寺の文字、弘明寺観音の印が押されています。
弘明寺本堂(観音堂)にお祀りされている本尊「十一面観世音菩薩立像」(国重要文化財)は、悪病流行の天平年間に河内和泉国の僧であった行基が勅命を奉じ天下泰平のため彫刻祈願されたもので、地元では弘明寺観音と呼ばれ広く親しまれています。

御詠歌御朱印

500円

「ありがたや ちかひの海を かたむけて そそぐめぐみに さむるほのやみ」と書かれ、右上に坂東第十四番の印、真ん中に蓮華座に梵字(十一面観音)の火焔宝珠印、左下に弘明寺観音の印が押されています。

波切不動尊の御朱印

500円

真ん中に梵字(不動明王)波切不動尊と書かれ、右上に武相不動尊十八番の印、右下に瑞應山の文字、真ん中に蓮華座に梵字(不動明王)の火焔宝珠印、左下に弘明寺の文字、瑞應山弘明寺の印が押されています。
弘明寺本堂(観音堂)の内陣には、徳川三代将軍家光公の寄進とされる波切不動尊が祀られています。

大日如来の御朱印

500円

真ん中に梵字(大日如来)大日如来と書かれ、右上に新四国東国六十番の印、右下に瑞應山の文字、真ん中に蓮華座に梵字(大日如来)の火焔宝珠印、左下に弘明寺の文字、瑞應山弘明寺の印が押されています。
大日如来像は弘明寺本堂(観音堂)の外陣に安置されています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、本堂内の納経所でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~16時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
151
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に梵字と大悲殿、右下に瑞應山、左下に弘明寺と書かれ、右上に坂東十四番の印、真ん中に梵字の印、左下に社印が押されています。
弘明寺の御詠歌が書かれた御朱印、波切不動尊の御朱印もいただけます。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

近隣にコインパーキングがあります。

巡礼

弘明寺について

由緒ある寺院です。
横浜では最古の寺院です。

おすすめの投稿

惣一郎
2021年02月14日(日)
1125投稿

弘明寺(ぐみょうじ)は、神奈川県横浜市南区にある高野山真言宗の寺院。山号は瑞應山、院号は蓮華院。本尊は十一面観世音菩薩(ケヤキの一木造り、鉈彫りの像で平安時代の作とされる。国指定重要文化財)。横浜市内最古の寺院。坂東三十三観音第14番。武相不動尊第18番。

寺伝では創建は奈良時代で、インドの善無畏(ぜんむい)三蔵法師が当地に渡来し結界を作って聖地とし、行基が観音像を刻んで一宇を建立、この行基を開基としている。平安時代には空海が訪れ一千座の護摩を焚いて庶民の除災招福を祈願し、双身歓喜天(弘明寺聖天)を刻んで安置したという。実際には平安後期、1044年に光彗上人によって本堂が建立されたのが開山とされる。その後は武家からの信仰が篤く、鎌倉時代には将軍源家の祈願所となり、戦国時代には北条早雲から寺領を寄進され、江戸時代には将軍徳川家から朱印地を賜った。現在の寺有地はさほど広くないが、江戸期までは現在の5倍の面積があったようだが、明治に入って廃仏毀釈による公有地化で境内北側の大半を横浜市に譲渡(現在は弘明寺公園)したとのこと。

当寺周辺は弘明寺町という地名で、最寄りの駅も京急線・弘明寺駅となっている。駅は本堂の裏すぐにあるが、出入口がないため仁王門まではぐるっと迂回して徒歩3分。かつての参道は<弘明寺かんのん通り>という屋根付きアーケードの商店街となっている。

参拝時は週末の昼ごろ。コロナの緊急事態宣言下であるが、寺院は屋外ということで参拝客は割と多かった。

弘明寺の山門

寺院入口にある<仁王門>。江戸期の再建、平成に改修。

弘明寺の建物その他

門をくぐって左手には小さな売店。

弘明寺の地蔵

門をくぐって右手には、大小さまざまの地蔵像と観音像。

弘明寺の建物その他

階段を登る。

弘明寺の建物その他

階段の途中にある<身代り地蔵菩薩>。2001年に京浜急行電鉄が設立100周年を記念して奉納。

弘明寺の本殿

階段を登り切ると正面に<本堂>。江戸中期1766年に再建。一部床材など1044年建立時のものが使われているとのこと。1976年に茅葺から銅板葺に改修。丸みを帯びた曲線とエッジの効いたラインの組合せが独特。

弘明寺の手水

本殿正面右手に<手水舎>。

弘明寺の本殿

本殿正面、五色の寺幕。この日はたまたま本尊の<十一面観世音菩薩立像>が外部に貸出中で不在とのこと。観音像がないのにあった場所に向かって礼拝する、複雑な気分...

弘明寺の本殿

本殿正面、<感應>の扁額。御朱印は入って左手の授与所にて。

弘明寺の建物その他

本堂から境内を望む。参道の左手に<七ツ石>、右手に<大師堂>

弘明寺の建物その他

<七ツ石>はインド渡来の善無畏三蔵法師がこの山の霊域を感得し。陀羅尼(だらに)を書写して結界を立てた霊石。

弘明寺の建物その他

鐘楼。江戸中期1798年に造られた鋳銅製の梵鐘。川崎大師平間寺の梵鐘と同じ鋳物師(いもじ)の作とのこと。

弘明寺の本殿

鐘楼から本堂を望む。独特な銅板葺屋根が美しい。

弘明寺の本殿

大師堂正面。少し開いたところから見える<弘法大師像>。

弘明寺の建物その他

大師堂の脇にも諸像が。参拝者が窓を開けて拝む。左から順に閻魔大王、弁才天、奪衣婆、役行者の4体。

弘明寺の建物その他

大師堂脇を登ると<聖天堂>。弘法大師が刻んだ<双身歓喜天>を安置。

弘明寺の建物その他

聖天堂の扁額。

弘明寺の自然

梅がほころび始めている。

弘明寺の建物その他

大師堂脇から境内を望む。

弘明寺の建物その他

最後、下り階段。そこそこの高さがある。

もっと読む
のぶさん
2022年05月29日(日)
1293投稿

この弘明寺は、横浜市の中でも一番古い寺である、と言われることがある。

かつて奈良時代に高僧行基が諸国を廻ってこの地に来た事があった。行基がふと空を見上げた時、突如として真白の蓮の花びらがどこからか現れて舞い始め、ここの山の上に降ってきたのである。

これは不思議な事、と行基がさっそく山を登っていくと、そこには大きな白狐に乗った仙人がいた。仙人が言う事には、

「この寺は養老(717年~724年)のころに、インドの三蔵法師が日本を巡って修行された際に建てられたものである。そのとき、三蔵法師は不思議な力を持つ七つの石を持ってこられ、経を書き込んでは結界として埋めておかれた。いつもは地中に隠れているが、自ら地上にあらわれて七つとも人の目に触れたときは、良いことか悪いことのどちらかが起きるであろう」

とお告げされ、その声が切れるが早いか煙のように消えてしまったという話がある。

時は流れ、寛永元年(1624年)と明和3年(1766年)のころ、前触れもなく突然石が現れた。

里人たちは良いことが起きるか、悪いことが起きるかと大いに案じたものの、里人たちの作物はよく育ち、商いは繁盛して、寺へも多くの寄進がなされたという。

その時から、この七ツ石は福石とも呼ばれるようになったとされる。

弘明寺の山門弘明寺の建物その他弘明寺(神奈川県)弘明寺の地蔵弘明寺(神奈川県)弘明寺(神奈川県)弘明寺(神奈川県)弘明寺の建物その他弘明寺の歴史弘明寺(神奈川県)弘明寺の御朱印弘明寺の本殿弘明寺(神奈川県)
もっと読む
投稿をもっと見る(103件)

弘明寺の基本情報

住所神奈川県横浜市南区弘明寺町267
行き方

京急「弘明寺駅」下車、徒歩2〜3分。
横浜市営地下鉄ブルーライン「弘明寺駅」下車、徒歩5〜6分。

アクセスを詳しく見る
名称弘明寺
読み方ぐみょうじ
通称弘明寺観音
参拝時間

参拝可能時間 午前8時〜午後5時

御朱印あり

真ん中に梵字と大悲殿、右下に瑞應山、左下に弘明寺と書かれ、右上に坂東十四番の印、真ん中に梵字の印、左下に社印が押されています。
弘明寺の御詠歌が書かれた御朱印、波切不動尊の御朱印もいただけます。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号045-711-1231
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.gumyoji.jp/
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊十一面観世音菩薩
山号瑞応山
院号蓮華院
宗旨・宗派高野山真言宗
創建時代737年
開山・開基行基
体験絵馬御朱印お守り重要文化財

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月