御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

えんぎょうじ|天台宗書写山

圓教寺のお参りの記録一覧

兵庫県 余部駅

投稿する
0792-66-3327

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

四季
2022年11月18日(金)
270投稿

書寫山圓教寺

~祈りの山へ② 播州薬師霊場第16番 ~

山号 書寫山
宗派 天台宗
寺格 別格本山
本尊 六臂如意輪観世音菩薩
  (摩尼殿安置)
創建年 康保三(966)年
開山  性空上人
別称  西の比叡山

札所等

神仏霊場巡拝の道
 第75番(兵庫第10番)

播磨天台六山

西国三十三所第27番
御詠歌
 はるばると のぼれば
 書写の 山おろし
 松の響きも 御法なるらん

播州薬師霊場第16番
御詠歌
 日は入りて 
 月はまだ出でぬ たそがれに
 掲げて照らす 法の灯
 (性空上人御作)

播磨西国三十三箇所第1番
御詠歌
 なにごとも
 こころにかなう やまなれば
 来れもほとけの えんぎょうじかな

御縁起

康保三年(966年)、性空上人によって開かれた。性空上人は第三〇代、敏達天皇の子孫橘諸兄―葛城王―の五代目にあたられ、母は源氏の出姓である。
この峰に住む者は六根を浄められるという。
文珠菩薩のお告げがあり、性空上人は白山でこの六根清浄のさとりを得られた。その後、御利益を得ようと多くの人々がこの山に登った。
花山法皇は二度も御来駕になり性空上人の教えを受けられた。後白河法皇も七日間、御参籠になり、後醍醐天皇は隠岐の島より御還幸の際、一泊された。
このように多くの信仰を集め、善人々の参詣や多くの僧侶の修行の道場として栄え、西の比叡山とも呼ばれるようになった。現在も参拝者が絶えない。
重要文化財の建築物八棟、仏像七体、今もなお昔日の面影を林間に輝かせている。

~播州薬師霊場冊子より~

摩尼殿
⭐三つの堂
大講堂・食堂・常行堂
⭐奥の院
開山堂・不動堂・護法堂・護法堂拝殿・和泉式部歌塚・

東坂・慈悲(こころ)の鐘・仁王門・壽量院・十妙院・瑞光院・
弁慶石・湯屋橋・方丈池・仙岳院・本多家廟所・松平家墓所・榊原家墓所・十地院・金剛堂・鐘楼・法華堂・根本薬師堂
大仏・大黒堂・南無地蔵大菩薩

兵庫県姫路市書写2968

圓教寺(兵庫県)

阿弥陀如来さまの指も美しく

圓教寺(兵庫県)

秋ですね🍁

圓教寺(兵庫県)

摩尼殿

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

納経所のお写真を拝見していましたら!!

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

朝9時 気温8度
6時間滞在させて頂きました

圓教寺(兵庫県)

常行堂

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

平安時代
阿弥陀如来

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

大講堂
14時頃は過ごし易かったです

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

食堂

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

播州薬師霊場第16番
御詠歌
 日は入りて 
 月はまだ出でぬ たそがれに
 掲げて照らす 法の灯
 (性空上人御作)

圓教寺(兵庫県)

三つの堂

圓教寺(兵庫県)

開山堂(奥の院)へ

開山堂・不動堂・護法堂・護法堂拝殿・和泉式部歌塚

圓教寺(兵庫県)

不動堂

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

開山堂

圓教寺の建物その他圓教寺(兵庫県)

ぁぁあ憧れのチベット文字を書いて下さる方では!?

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

和泉式部歌塚

圓教寺(兵庫県)

開山堂屋根四隅に天邪鬼力持ち

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

金剛堂

圓教寺(兵庫県)

金剛堂の瓦

圓教寺(兵庫県)

🍁絨毯が続きます

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

鐘楼堂

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

法華堂

圓教寺(兵庫県)

榊原家墓所

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

白山権現から根の道を通り降りてきた
本多家廟所

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

瑞光院

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

大仏さま

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

南無地蔵大菩薩

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

弁慶の鏡井戸

圓教寺(兵庫県)

弁慶のお手玉石

圓教寺(兵庫県)

次は「雪彦山」に行ってみなさい
あちらも神仏習合 霊験灼かです
と、教えて頂きました
日本酒「雪彦山」美味しいのですが
既に入手困難
「弁慶」も飲んでごらんなさい
ぃぇ、「弁慶」は幻ですからー

売店でも昔は「雪彦山」を置かれていたそうです

圓教寺(兵庫県)

仁王門

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

西国三十三観音写

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)
もっと読む
四季
2022年11月19日(土)
270投稿

書寫山圓教寺

~祈りの山へ③
 神仏霊場巡拝の道第75番~

山号  書寫山
宗派  天台宗
寺格  別格本山
御本尊 六臂如意輪観世音菩薩
    (摩尼殿安置)
創建年 康保三(966)年
開山  性空上人
別称  西の比叡山

札所等
神仏霊場巡拝の道 第75番(兵庫第10番)

白山権現
別名 十一面堂
書寫山の隠れた名所である、山頂の聖地で、
十一面観世音を祀られます。

大講堂裏または摩尼殿裏から木の根道を登った標高368 mの白山峯に位置します。

性空上人が庵を結ばれた場所とされ、須佐之男命を祀る祠があった場所。
性空上人が悟りを得たのもこの場所で、書寫山の中で最も聖なるパワースポットでもあるそうです。
摩尼殿前の倶利伽羅龍さまは陽光に溢れ、摩尼殿裏から白山権現さまへ木の根道を登りました。
白山権現前の倶利伽羅龍さまは月光に向かわれるように神秘的な雰囲気に包まれていて、とても凛とした空気を感じることができました。
どなたもいらっしゃらず、ゆったりとお参りできました。
西(左側)の日天龍八王神にお参りした後人影が。スラッとされた外国の方?俳優さんか!?と思うほど上品なオーラのある方でした。
途中で追い越され、画像の辺りをずっと撮影されていてその後お見かけすることはありませんでした。何を想われていらっしゃるのかなと思いながら西へ、姫路城主本多家の廟所を目指して下りました。

♯白山権現
♯日天龍八王神
♯星信仰「九曜」
♯倶利伽羅龍

兵庫県姫路市書写2968

圓教寺(兵庫県)

摩尼殿裏より 木の根道へ

圓教寺(兵庫県)

🎬ラストサムライより

圓教寺(兵庫県)

後から来たのに 追い越され♪

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

慈悲(こころ)の鐘

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

倶利伽羅龍

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

少しお🐵さんを眺めて

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

お稲荷さま

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

白山権現

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺の建物その他

倶利伽羅龍

圓教寺(兵庫県)

星信仰「九曜」
九曜の中の羅睺星(ラーフ)は、 日食を引き起こしたスサノオ(牛頭天王)と結びつき、 災いを引き起こす天体と平安時代は考えられていました。
「太陽(日天)・月(月天)・龍・スサノオ」

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

東の日天龍八王神

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

西の日天龍八王神

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

御朱印先生と長くお話しさせて頂き、
四国霊場、雪彦山(せっぴこさん)霊場、そして白山権現は霊験灼かに感じられたそうです。
のぶさんから頂戴しました富士山🗻黄金御朱印帳に神仏霊場の御朱印をお願いしました。
大丈夫ですか?とお尋ねしましたら快くお書き入れ下さいました。
御朱印先生から、「朱印ののりがよく、素晴らしいですね。初めてお書きしました。」と仰って頂きました。ありがとうございました。

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

この先をずっと撮影されていたため
追い越して下りました
何かを感じられたのでしょうか

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

本多家廟所へ

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

大講堂の東側に本多家廟所

圓教寺(兵庫県)

開山堂

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

開山堂前の🍊

圓教寺(兵庫県)

大黒天堂

圓教寺(兵庫県)

おまけ 
お土産♡
R2バイパス 中地→別所PAハイウェイスタンプ 生石神社・石の宝殿

圓教寺(兵庫県)

お土産② 柿

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

西国三十三観音霊場第廿七番
書寫山圓教寺
六臂如意輪観世音菩薩写

もっと読む
四季
2022年11月04日(金)
270投稿

書寫山圓教寺

~祈りの山へ 播磨西国第一番~

山号  書寫山
宗派  天台宗
寺格  別格本山
本尊  六臂如意輪観世音菩薩
    (摩尼殿安置)
創建年 康保三(966)年
開山  性空上人
別称  西の比叡山

札所等
西国三十三所第27番
播磨西国三十三箇所第1番
播州薬師霊場第16番
御詠歌
 日は入りて 月まだ出でぬ たそがれに
 掲げて照らす 法の灯

播磨天台六山
神仏霊場巡拝の道 第75番(兵庫第10番)

播磨西国観音霊場 
御詠歌
 なにごとも
 こころにかなう やまなれば
 これもほとけの えんぎょうじかな

播磨西国一番札所「圓教寺」は書寫山の
深い森の中に位置し、静寂に包まれています。

瑞雲に導かれ、この山に入った性空上人は桜の生木に如意輪観音を刻み、如意輪堂を建立。
その後、大講堂や常行堂、食堂などが相次いで建てられ、隆盛期を迎えます。

しかし、戦国時代になると、毛利軍との戦いに備えた秀吉公が山内の十地坊に本陣を置き、多くの僧が僧坊を追われたそうです。

戦乱の時代が終わり、再び荘厳さを取り戻した書寫山は「祈りの山」として多くの人々が訪れています。

書寫山の隠れた名所である、
山頂の聖地から三つの堂へ。
迫力ある懸(かけ)造りの摩尼殿裏から、
山頂へと続く木の根道を上がると、
白山権現に到着します。
こちらは性空上人が入山する以前から、
須佐之男命を祀る祠があった場所。
性空上人が悟りを得たのもこの場所で、
書寫山の中で最も聖なるパワースポットでもあるそう。
陽光にあふれ、とても凛とした空気を感じることができました。

そこから西へ歩き、姫路城主本多家の廟所を
目指して下り、さらに西へ行くと三つの堂に
出ます。
大講堂、食堂、常行堂が『コ』の字型に並ぶ様は、映画やドラマの数々のロケでお馴染みです。

~播磨西国観音霊場冊子より~

摩尼殿が参拝者のお焼香の香煙に包まれていたことや、井戸、木の根道・白山権現で見た光景が今回は印象的でした。
地元の書寫中学校の代表?皆さんが撮影のルポ及び見学に来られていて、後についていき、曽利文彦監督の2024年全国公開映画(時代劇だそうです)のロケの準備を見ることができました。🎬♡

兵庫県姫路市書写2968

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

瑞光院
現存する円教寺塔頭六院の一つになります
お手配戴き『播州薬師霊場』御朱印帳を拝受できました。ありがとうございます。

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺の建物その他圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

六臂如意輪観世音菩薩さま♡🌿

西国写 等でよくお見かけする観音さまです♡♡🌿

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)
もっと読む
nomuten
2022年10月16日(日)
497投稿

今回は兵庫県の寺院巡り、と言っても同行者ありの西国三十三所観音霊場の寺院です。
先ず1寺目は、姫路城で有名な姫路市に在る書写山 圓教寺です。西国三十三所観音霊場 第27番。
天台宗で、本尊は如意輪観音。
こちらの摩尼殿安置の四天王立像(秘仏)、大講堂安置の釈迦如来及両脇侍像、常行堂安置の阿弥陀如来坐像、開山堂安置の性空坐像(秘仏)は重文です。食堂2F安置の金剛薩埵坐像、摩尼殿安置?の如意輪観音坐像(※1)、開山堂安置の性空上人坐像は県指定文化財です。
※1:摩尼殿は1921年に焼失したため、厨子に納められた本尊の如意輪観音坐像は1933年に作られたものでしたが、近年もう1躯の鎌倉時代作の如意輪観音坐像が発見された(県指定文化財)。現在のどちらが摩尼殿の厨子に納められているのは未確認です。
名神高速→新名神高速→中国自動車道と乗り継いで270km(山陽自動車道でも行ける)、3時間半、ちと遠い。私の住む愛知県からは西国三十三所観音霊場札所の中で一番遠いです。(青岸渡寺、粉河寺、成相寺も負けず劣らずだが。)

伝えによれば、966年に天台宗の僧・性空が創建。986年に花山法皇が来山して、圓教寺の勅号を与えた。花山法皇以外にも、後白河法皇や後醍醐天皇など多くの皇族が行幸しているとの事です。また、映画「ラスト サムライ」やNHK大河ドラマ等、多数のロケ地となっています。

書写山ロープウェイの駐車場(無料)に停めました。徒歩で行けない事はありませんが、一般的には書写山ロープウェイ(往復1,000円)に乗って上がります。ロープウェイを降りると直ぐに入山受付があり、入山料(500円)を納めます。ここからこの寺の中心の摩尼殿までややアップダウンの道を20分位。自信の無い方や年配の方等は有料(片道のみでも往復でも500円)でマイクロバスに乗って行けます。但し、マイクロバスに乗るとルートが違うので仁王門はくぐれません。今回は同行者の都合で初めてマイクロバスに乗って摩尼殿近くまで行きました。(確かに楽ですね。)
それでは摩尼殿へ。大きく立派な懸け造り。堂内に入り、下陣から参拝。入れませんが内陣には閉扉の厨子が5つ、如意輪観音と四天王で1月18日に開帳されます。右角の納経所で御朱印を頂きました。
摩尼殿を出て西谷へ、5分位歩くと開けた所に3つのお堂がコの字形に建っています。右側に大講堂、真ん中正面に食堂、左側に常行堂です。大講堂には釈迦三尊像が安置されていますが、堂内には入れませんし、中に格子戸がありますので距離があってよく観えません。食堂の1Fは納経所と写経場、2Fは寺宝の展示場で無料で拝観出来ます。ガラスケースに収められていますが、薬師堂に安置にされていた薬師三尊と十二神将、金剛堂に安置されていた金剛薩埵坐像、五大明王像、等がこちらに安置されています。 特に金剛薩埵坐像は県指定文化財で、高さ約37cm、像底の銘により慶派仏師の康俊が1359年に制作したものと判明、お顔がふっくらとしてバランスの取れた綺麗な像です。常行堂は広場側に舞台があり、本尊が安置されている須弥壇は舞台とは逆側になります。こちらも堂内には入れませんが、格子戸越しでやや離れていても高さ2.54mと大きいため割と観れます。性空の弟子の安鎮による1005年頃の作。胴が短め、頭が大きめで定朝様とはバランスが違う、独特な感じがしました。
大講堂の右手前には見落としがちですが、築地塀で囲まれた本多家廟所があり、本多忠勝、忠政、政朝、政長、忠国の墓碑である五輪塔が安置されています。
大講堂の裏から坂を少し下ると奥之院。こちらもほぼ同じようにコの字形に建っています。右側に不動堂、護法堂 乙天社と若天社、真ん中正面に開山堂、左側に護法堂拝殿です。開山堂には圓教寺を創建した性空上人が祀られています。奥之院というと奥の山の上に在るというイメージですが、こちらは直ぐですので折角なら行かれるのが宜しいかと思います。
10月中旬でしたので紅葉にはまだまだでしたが(1ヶ月早い)、紅葉の時期に1度来てみたいですね。

圓教寺(兵庫県)

御朱印(軸装納経帳)

圓教寺(兵庫県)

書写山ロープウェイ

圓教寺(兵庫県)

三十三所堂

圓教寺(兵庫県)

摩尼殿

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

摩尼殿 外陣

圓教寺(兵庫県)

西谷の3堂

圓教寺(兵庫県)

紅葉はまだ早いです

圓教寺(兵庫県)

大講堂

圓教寺(兵庫県)

食堂2Fから見た大講堂

圓教寺(兵庫県)

釈迦如来坐像および両脇侍像(重文)
残念ながら殆ど観えない

圓教寺(兵庫県)

食堂

圓教寺(兵庫県)

食堂2Fの寺宝展示場

圓教寺(兵庫県)

薬師如来坐像

圓教寺(兵庫県)

金剛薩埵坐像(県指定文化財)

圓教寺(兵庫県)

五大明王

圓教寺(兵庫県)

常行堂

圓教寺(兵庫県)

食堂2Fから見た常行堂

圓教寺(兵庫県)

阿弥陀如来坐像(重文)

圓教寺(兵庫県)

本多家廟所

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

鐘楼

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

法華堂

圓教寺(兵庫県)

奥之院

圓教寺(兵庫県)

不動堂

圓教寺(兵庫県)

護法堂 乙天社と若天社

圓教寺(兵庫県)

開山堂

圓教寺の建物その他

開山堂 外陣

圓教寺(兵庫県)

伝 和泉式部歌塚塔(宝篋印塔)

圓教寺(兵庫県)

護法堂拝殿

もっと読む
まる
2022年06月26日(日)
26投稿

6月25日 曇。仁王門から徒歩にて
護法石(弁慶のお手玉石)、摩尼殿、大講堂、食堂( 外廊下)、奥之院開山堂の池に「モリアオガエル?の卵」
常行堂にて「圓教寺×杉本 博司展 五輪塔 ― 地 水 火 風 空」と阿弥陀如来坐像拝観
「乙天」御朱印帳満願😊(裏面には書置きでいただいた御朱印を貼り付けてます)

圓教寺(兵庫県)

仁王門

圓教寺(兵庫県)

護法石(弁慶のお手玉石)、

圓教寺(兵庫県)

摩尼殿

圓教寺(兵庫県)

大講堂

圓教寺(兵庫県)

食堂( 外廊下前)

圓教寺の建物その他

食堂( 外廊下裏)

圓教寺(兵庫県)

食堂裏

圓教寺(兵庫県)

奥之院開山堂の池(モリアオガエル?の卵かな)

圓教寺(兵庫県)

圓教寺×杉本 博司展

圓教寺の御朱印

奥之院開山堂御朱印
以前頂いたチベット語のご朱印の隣にいただきました

圓教寺の御朱印

乙天御朱印帳満願✨
裏面には書置きの御朱印を貼り付けています。

もっと読む
ハマの「寺(テラ)」リスト
2022年05月24日(火)
1935投稿

西国三十三ヶ所霊場第27番、播磨西国霊場第1番札所の天台宗寺院。
ご本尊は如意輪観世音菩薩です。

966年性空により創建と伝えられている。

西国三十三所のうち最大規模の寺院で「西の比叡山」と呼ばれるほど
比叡山、大山と共に天台宗の三大道場として格式が高かったそうです。

また京都からは天皇、皇族や貴族の信仰も厚く、多くの方が訪れたそうです。

山全体が境内で、仁王門〜十妙院にかけての「東谷」
摩尼殿を中心にした「中谷」
三つのお堂〜奥の院までの「西谷」に分かれます。

ゆっくりお参りして約2時間です。風も心地よく、しばし暑さを忘れてしまいました。

静かでどこかピリッとした雰囲気の心地よさでした。

圓教寺の景色

麓からはロープウェイで登って4分で到着。

姫路市街をのぞみますが、白鷺城と言われる「姫路城」は、正面のこんもりした山に隠れて見えないそうです。

霞んではいますが、快晴の日には淡路島や明石海峡大橋も見えるそうです。

圓教寺の建物その他圓教寺(兵庫県)

慈悲の鐘。ロープウェイから圓教寺へのマイクロバス乗り場前にあります。

圓教寺の仏像圓教寺の山門

山上ロープウェイ駅から歩いて15分。
近畿自然道にもなっている圓教寺の入口「仁王門」です。

圓教寺(兵庫県)

三十三所堂。

西国三十三観音を祀るお堂で「写し霊場」みたいなものです。

圓教寺(兵庫県)

摩尼殿。

仁王門からさらに25分。970年の創建。
如意輪観音が安置されています。
上人が根のあるがままの生木に観音像が刻まれていたために岩山の中腹に舞台作りの建物になりました。
清水さんに来たかと錯覚しがちです。

圓教寺(兵庫県)圓教寺の建物その他圓教寺の本殿圓教寺の建物その他圓教寺の建物その他圓教寺の建物その他

清水の舞台・・・いや摩尼殿の舞台から。

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺の仏像圓教寺(兵庫県)

三つの堂のゾーンです。
映画「ラストサムライ」の撮影場所にもなった所です。

圓教寺の建物その他

大講堂。

本堂になっており、釈迦三尊が祀られています。

圓教寺(兵庫県)

常行堂

ひたすら阿弥陀仏を唱えながら本堂を回る修行の場です。

圓教寺(兵庫県)

食堂

修行僧が寝食する場で、1階は写経道場。2階は宝物館になっています。

圓教寺(兵庫県)

三つのお堂の東南隅には、姫路藩主本田家の廟屋があります。

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

弁慶の鏡井戸。

武蔵坊弁慶が少年時代にここ書写山で過ごした伝説があるそうです。

圓教寺の建物その他

奥の院へ進みます。

圓教寺の建物その他

護法堂。

性空上人に付き添って仕えた不動尊の化身の乙天(右側)と毘沙門天の化身の若天(左側)がそれぞれ祀られています。

圓教寺(兵庫県)

護法堂の「拝殿」。

奥の堂の礼拝、勤行のための建物です。

圓教寺(兵庫県)

開山堂

開山の性空上人を祀るお堂です。
この日は奥の堂の朱印所が食堂になっていました。

圓教寺の芸術

開山堂の軒下にある力士像。
左甚五郎の作と言われ、四隅を支えているのですが、西北側の力士が重さに耐えきれなくて逃げ出したという伝説があります。

圓教寺(兵庫県)圓教寺の建物その他圓教寺の塔

和泉式部と伝えられている「歌塚」

暗きより 暗き道にぞ 入りぬべき 遥かに照らせ 山の端の月

それに対して性空上人は

日は入りて 月はまだ出ぬ たそがれに かかげて照らす 法の燈

と返答したと云われています。

性空上人の教えを請うために入れなかったことを痛んでの事と推測されます。

圓教寺の建物その他

鐘楼堂です。

圓教寺(兵庫県)圓教寺の建物その他圓教寺(兵庫県)

法華堂。 室町時代の創建です。

圓教寺(兵庫県)

藥師堂。鎌倉時代の創建で現存する最古の建物です。

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

風香る5月。新緑も鮮やかになってきました。

圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)圓教寺(兵庫県)

境内を約2時間で一周してきました。

圓教寺の御朱印

御朱印は、摩尼殿、食堂、奥の院の3箇所になります。

特に今回は、チベット語の御朱印です。奥の院の開山堂の御朱印で、これで「奥の院」と表すそうです。

もっと読む
惣一郎
2022年06月10日(金)
1060投稿

【西国三十三所巡り(16/33)】

圓教寺(円教寺:えんぎょうじ)は、兵庫県姫路市書写にある天台宗の別格本山の寺院。山号は書寫山(書写山)。本尊は如意輪観世音菩薩(摩尼殿(本堂)安置)。西国三十三所27番札所。西国三十三所のうち最大規模の寺院で、その寺格の高さから「西の比叡山」とも呼ばれ、中世には比叡山、大山とともに天台宗の三大道場と称された巨刹。大講堂、鐘楼、金剛堂、食堂、常行堂、奥之院(開山堂、護法堂2棟、護法堂拝殿)、十妙院(客殿及び庫裏、唐門)、寿量院、木造釈迦如来及び両脇侍像(大講堂安置)、木造四天王立像(摩尼殿安置)、木造阿弥陀如来坐像(常行堂本尊)、木造性空坐像(開山堂安置)が国指定の重要文化財。境内は国の史跡。

寺伝によると、平安時代中期966年に、性空が書写山に庵を結んだのが始まり。庵の近くの桜の老木に、生木のままで如意輪観音像を彫り本尊としたという。986年に性空を尊崇していた花山法皇が来山し、圓教寺の勅号を与え、米100石を寄進、性空はこの寄進をもとに講堂を建立したとされる。この後、後白河法皇や後醍醐天皇など多くの皇族が行幸し、勅願により建物の改築、建立を行っている。皇族以外でも、中宮従者であった和泉式部が帰依して歌を残したり、武蔵坊弁慶が一時期書写山で修行をしたり(史実の確証なし)、一遍、一向俊聖、国阿らの時宗聖が参詣したことでも知られる。戦国時代の1578年、織田信長に中国地方征伐を命じられた羽柴秀吉が、播磨制圧のために当寺に乱入し、摩尼殿の本尊である如意輪観音像などを近江・長浜に持ち帰ったが、1580年に如意輪観音像だけが戻された。

当寺は、JR山陽本線・山陽新幹線・姫路駅の北北東7kmの書写山(標高371m)にあり、境内の広さは36万㎡(東京ドーム8個分)に及ぶ。書写山南麓からケーブルカーに乗り4分ほどで到着する寺域は、仁王門から十妙院にかけての「東谷」、摩尼殿(観音堂)を中心とした「中谷」、3つの堂(三之堂)や奥之院のある「西谷」に区分される。全山で三十数棟の建物が散在しており、その中には国指定の重要文化財も多く、ゆっくり見て廻ると半日以上は優にかかる。山内はアップダウンが多く、その多くが木々に覆われており、森林浴やハイキングの目的でも良いかも。

今回は、西国三十三所札所、天台宗の別格本山、大講堂等が国指定の重要文化財であることから参拝することに。参拝時は休日の昼前後で、天気が良いこともあり、かなり多くの参拝者・観光客が訪れていた。

圓教寺の景色

書写山ロープウェイに乗って、山麓駅から山上駅まで4分間の空中遊覧。
いきなり観光モード全開。(o^―^o)

圓教寺(兵庫県)

山上駅から出たところの眺め。天台宗の<一隅を照らす>石碑。最澄の『山家学生式』で説いた一文。ここから東谷エリアのスタート。

圓教寺(兵庫県)

平坦な参道を進むと、登り始めの場所にある<慈悲(こころ)の鐘>。

圓教寺の山門

やがて参道脇に現れる、聖域入口の<仁王門>。三間一戸の八脚門、三つ棟造。

圓教寺(兵庫県)

左側の<吽形仁王像>。

圓教寺の仏像

右側の<阿形仁王像>。

圓教寺の建物その他

参道を進んで右側にある<壽量院>。かつての最重要塔頭寺院で、1174年に後白河法皇がここに1週間参籠された。国指定の重要文化財。
なお、事前予約をすると、なんとここで精進料理がいただけるとのこと。(;゚Д゚)

圓教寺(兵庫県)

参道を進むと右側にある<十妙院>。室町時代の大名・赤松満祐が亡き娘を祀るために委託した寺院。

圓教寺の山門

十妙院の現在の建物は江戸時代前期1691年の建立。国指定の重要文化財。

圓教寺(兵庫県)

十妙院から「権現坂」を下って行くと、ここから中谷エリアが始まる。
参道右側にある<護法石>。別名<弁慶のお手玉石>。

圓教寺の建物その他

参道突き当り、断崖の上に建つ<摩尼殿(本堂)>。平安時代末期の1174年に後白河法皇が「摩尼殿」と命名。

圓教寺(兵庫県)

断崖の麓にある<三十三所堂>。

圓教寺の建物その他

右側の階段を登って、<摩尼殿>に向かう。現在の建物は昭和戦前の1933年に再建。入母屋造、本瓦葺、懸造。

圓教寺(兵庫県)

<摩尼殿>の内部。

圓教寺(兵庫県)

摩尼殿の裏手の小高い場所にある<稲荷堂>。

圓教寺の建物その他

西谷エリアに向かう途中にある<杣観音堂>。

圓教寺(兵庫県)

観音堂の先にある<大仏>。

圓教寺(兵庫県)

西谷エリアには3つの大きな建物がコの字に建っている。まず北側にある<大講堂>。平安中期の10世紀、花山法皇の命による建立。桁行7間、梁間6間、2重1階、入母屋造、本瓦葺。下層は1440年、上層は1462年の建造、1622年姫路藩主・本多忠政が修復。国指定の重要文化財。

圓教寺(兵庫県)

3つの建物のうち西側に建つ<食堂(長堂・三宝院)>。桁行15間、梁間4間、入母屋造、本瓦葺。1174年後白河法皇の勅願で建立。現在の建物は室町時代中期といわれる。国指定の重要文化財。

圓教寺(兵庫県)

大講堂と食堂の間にある<弁慶鏡井戸>。

圓教寺の建物その他

食堂の2階から、南側の<常行堂>を望む。

圓教寺の建物その他

食堂の2階は展示室に使われている。

圓教寺の本殿

3つの建物のうち南側に建つ<常行堂>。方5間、入母屋造の常行堂の北側に、正面10間、側面2間、切妻造、吹き放しの建物を接続している。写真は、大講堂と向かい合わせに建つ10間、2間の部分。国指定の重要文化財。

圓教寺の建物その他

弁慶鏡井戸の奥にある<奥の院>エリアに進む。

圓教寺の建物その他

奥之院エリアの入口すぐ、右側の斜面にある<不動堂>。

圓教寺(兵庫県)

不動堂の右隣にある<護法堂>。<乙天社>と<若天社>から構成され、それぞれ社隅木入春日造、檜皮葺。鳥居2基とともに、国指定の重要文化財。

圓教寺の建物その他

奥之院の最奥にある<開山堂>。開山の性空を祀る。

圓教寺(兵庫県)

現在の建物は江戸時代前期1671年の再建。桁行5間、梁間6間、宝形造(方形造)、本瓦葺。国指定の重要文化財。

圓教寺(兵庫県)

護法堂、不動堂と向かい合わせで建つ<護法堂拝殿>。桁行7間、梁間2間、切妻造、本瓦葺、懸造。戦国時代の1589年建立。国指定の重要文化財。

圓教寺の建物その他

最後に、奥之院の南側のエリアを廻る。こちらは<金剛堂>。性空上人が生活をしていた場所に建っている。国指定の重要文化財。

圓教寺の建物その他

こちらは<鐘楼>。国指定の重要文化財。

圓教寺(兵庫県)

こちらは<法華堂(法華三昧堂)>。平安時代中期の985年に播磨国司・藤原季孝により建立。現在の建物・本尊は江戸時代の造立。

圓教寺(兵庫県)

こちらは<榊原家墓所>。ここから帰途に就く。ロープウェイ山上駅に向かう。

圓教寺(兵庫県)

帰り道に見た、<常行堂>の南側部分。

圓教寺(兵庫県)

帰り道に見た<大黒堂>。

圓教寺(兵庫県)

帰り道に見た<瑞光院>。圓教寺塔頭六院の1つ。

圓教寺の自然

最後に、参道で見掛けたきれいなお花。(^▽^)/

もっと読む
寅ちゃん
2021年10月24日(日)
215投稿

西国第27番圓教寺にお参り。
ロープウェイに乗って摩尼殿までは徒歩。
参拝者は結構いました。

圓教寺(兵庫県)圓教寺の建物その他

圓教寺摩尼殿

圓教寺の山門

仁王門

圓教寺(兵庫県)

摩尼殿

圓教寺(兵庫県)

大講堂と食堂

圓教寺(兵庫県)

不動明王

圓教寺の建物その他

鐘楼

圓教寺(兵庫県)

奥之院 開山堂

圓教寺の御朱印圓教寺の御朱印

ご詠歌

圓教寺の御朱印

大講堂御朱印

圓教寺の御朱印

根本薬師堂御朱印

圓教寺(兵庫県)

開山堂御朱印

もっと読む
らんでぃー
2021年10月16日(土)
284投稿

西国三十三所の27番「西の比叡山」とも呼ばれる圓教寺、参拝いたしました。 書写山ロープウェイに乗り、山上駅より暫し参道を歩くと志納所があります。 ここより摩尼殿までマイクロバスも出ているのですが、仁王門へ続く坂道は「西国巡礼の道」と称され、西国三十三所観音霊場の各札所本尊を表した銅像が道すがらの左右所々に設置されているので、プチ西国三十三所巡礼ができるやと思い頑張って歩きました。 途中で小さなヘビ様にも遭遇。 ニョロっとお顔を出されましたがすぐに道を譲ってくださいました(笑)。 仁王門を潜り、やっと境内に到着。 ここまで西国三十三所霊場各々の観音様に手を合わせながら登って来た為、結構な時間がかかってしまいました。少々小腹も減ったので摩尼殿前の茶店・はづき茶屋で一服し、いよいよ摩尼殿、三つの堂(大講堂・食堂・常行堂)、奥之院(開山堂)を巡ります。 摩尼殿を筆頭に素晴らしい伽藍が続きます。 三つの堂の前の広場はハリウッド映画や大河ドラマ等の撮影にも使われたことは有名です。 御朱印は摩尼殿の他、食堂、開山堂でも戴けます。 なかでも開山堂でチベット語の御朱印を戴く際には少し緊張してしまいました。 広い境内で中々ハードな行程でしたが、山岳寺院特有の神聖な雰囲気と秋晴れの心地よい空気を堪能する良い参拝となりました。

圓教寺の建物その他

圓教寺・参道

圓教寺の周辺

圓教寺・西国巡礼の道

圓教寺の山門

圓教寺・仁王門

圓教寺の山門

圓教寺・仁王門

圓教寺の建物その他

圓教寺・摩尼殿と寺院名碑

圓教寺の建物その他

圓教寺・三十三所堂

圓教寺の本殿

圓教寺・摩尼殿
 西国三十三所観音霊場の札所

圓教寺の手水

圓教寺・手水舎

圓教寺の建物その他

圓教寺・摩尼殿の舞台

圓教寺(兵庫県)

圓教寺・大仏

圓教寺の自然

圓教寺・境内
 樹齢700年超の杉

圓教寺の建物その他

圓教寺・常行堂(左)・食堂(中央)・大講堂(右)

圓教寺(兵庫県)

圓教寺・大講堂

圓教寺の建物その他

圓教寺・食堂

圓教寺の建物その他

圓教寺・常行堂

圓教寺の本殿

圓教寺・常行堂
 食堂から望む

圓教寺の建物その他

圓教寺・不動堂

圓教寺の建物その他

圓教寺・護法堂拝殿

圓教寺の末社

圓教寺・護法堂
 乙天社(手前)、若天社(奥)

圓教寺の建物その他

圓教寺・開山堂(奥の院)

圓教寺(兵庫県)

圓教寺・開山堂
 軒下を支える力士像彫刻
 

圓教寺の建物その他

圓教寺・金剛堂

圓教寺の景色

圓教寺・展望台からの眺め
 霞がかってますが姫路市街が一望できます。

圓教寺の建物その他

圓教寺・根本薬師堂

圓教寺(兵庫県)

圓教寺・鐘楼

圓教寺の建物その他

圓教寺・法華堂

圓教寺の建物その他

圓教寺・大黒堂

圓教寺の建物その他

圓教寺・瑞光院

圓教寺の地蔵

圓教寺・南無地蔵大菩薩

圓教寺の周辺

書写山ロープウェイ乗り場

圓教寺の景色

書写山ロープウェイ

圓教寺の御朱印

御朱印・摩尼殿

圓教寺の御朱印

御朱印・大講堂

圓教寺の御朱印

御朱印・根本堂

圓教寺の御朱印

御朱印・開山堂

圓教寺の御朱印

御朱印・開山堂(チベット語)

もっと読む
行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

めめ小バナー