御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※温泉寺ではいただけません

おんせんじ|黄檗宗

温泉寺

兵庫県 有馬温泉駅

投稿する
078-904-0650

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

きどっち
2021年09月04日(土)
771投稿

黄檗宗 有馬山 温泉禅寺

神亀元年(724年)、僧行基による建立。
元々は真言宗だったとのこと。

有馬温泉と行基の関係について。
(以下、一部有馬温泉龍泉閣HPより)

行基が伊丹の昆陽池を築造していたころ、一人の病人と出会いました。
行基がどうしたのか?と声をかけると、「有馬の湯に入って病気を治したいが、食べ物を買うお金がありません。その上、わたしは、新しい魚しか食べられないのです。」というので、行基は新しい魚を買って病人に食べさせました。
次に「皮膚が痛くてたまりませぬ。あなたの情けで肌をなめてください。」というので、行基は肌をなめてやったそうです。
すると、病人から光が放たれ薬師如来になったそうです。

「私は温泉山の薬師如来です。あなたの情け深い心には感心しました。これから、有馬に行って、病の人々を助けてあげなさい。私もそれを助けましょう。」そう言うと如来様は、さっと消えてしまいました。
それを聞いた行基は有馬に向かい、温泉寺を建立し、自ら薬師如来を彫りお祀りしました。

本堂内にはご本尊の薬師如来様がいらっしゃいましたが、ガラス戸で反射してうまく写真が撮れなかったため掲載はしておりません。

神戸市北区有馬町1643

温泉寺の建物その他

鐘楼

温泉寺の建物その他温泉寺の地蔵温泉寺の建物その他温泉寺の建物その他温泉寺の本殿温泉寺の本殿温泉寺の建物その他温泉寺の塔

五輪塔

温泉寺の建物その他

五輪塔の説明書

温泉寺の歴史温泉寺の食事

中華風精進料理の普茶料理
予約をすればいただけるようです。

温泉寺の建物その他温泉寺の建物その他

池之坊満月城遭難者慰霊塔

有馬温泉にあった池之坊満月城で、1968年火災が発生し、30名が亡くなる惨事だったそうです。

温泉寺の周辺温泉寺の御朱印
もっと読む
きどっち
2022年05月20日(金)
771投稿

黄檗宗 有馬山 温泉禅寺

僧行基が神亀元年(724年)に建立したと伝えられる元々は真言宗のお寺です。
なぜ黄檗宗になったかというと、

戦国時代の戦火により一度荒廃した温泉寺ですが、豊臣秀吉公が有馬温泉を復興させ、天正18年(1590年)に北政所が温泉寺を再建します。
そして秀吉公はこの温泉寺の阿弥陀堂にて有馬大茶会を開催したそうです。
ところが明治初めの廃仏毀釈により廃寺となり、薬師堂以外の堂塔が破却されるという事態に陥ります。
その後、旧温泉寺の奥の院だった清涼院(黄檗宗)が後継寺院として継いだため黄檗宗となったそうです。

前回お参りした際には本堂のガラス戸が閉まっていたためよくお顔が見えなかった御本尊の薬師如来様ですが、今回ははっきりとお顔を拝むことができました。
とても優しいお顔をされていましたよ。
この薬師如来様の周りには国の重文指定となっている木造波夷羅大将立像が守護する形で祀られています。

温泉客や観光客は徐々に戻りつつあるのか、周辺のお土産屋さんなどは結構賑わっていました。
ただお寺の境内まで入って手を合わせる方は1割もいらっしゃらないのがちょっと残念ですね。

温泉寺の本殿温泉寺の建物その他温泉寺の建物その他温泉寺の本殿

本堂前には大きな石造五輪塔

温泉寺の仏像

御本尊の薬師如来様

温泉寺の歴史温泉寺の建物その他温泉寺の建物その他
もっと読む
投稿をもっと見る(24件)

歴史

このてらは、有馬温泉の歴史と共に盛衰を同じくしており、奈良時代の僧行基が開基、鎌倉時代仁西上人再興、桃山時代北政所が復興、そして元禄時代に黄檗派になっています。明治維新の神仏分離以降衰微し、清涼院以外の寺院は廃絶しました。

歴史をもっと見る|
17

温泉寺の基本情報

住所兵庫県神戸市北区有馬町1643
行き方
アクセスを詳しく見る
名称温泉寺
読み方おんせんじ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号078-904-0650
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊薬師如来
宗旨・宗派黄檗宗
創建時代神亀元年(724)
開山・開基行基
文化財

波夷羅大将立像(重要文化財)

ご由緒

このてらは、有馬温泉の歴史と共に盛衰を同じくしており、奈良時代の僧行基が開基、鎌倉時代仁西上人再興、桃山時代北政所が復興、そして元禄時代に黄檗派になっています。明治維新の神仏分離以降衰微し、清涼院以外の寺院は廃絶しました。

体験重要文化財

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー