参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ルスツじんじゃ

留寿都神社北海道 比羅夫駅

ルスツじんじゃ

留寿都神社北海道 比羅夫駅

北海道 虻田郡留寿都村字留寿都26番地
御朱印あり

道の駅230ルスツに近いので是非お参りしてみてください。広々としてとても気持ちのいい空間です。

アクセス

住所虻田郡留寿都村字留寿都26番地
Googleマップで地図を開く
エリア比羅夫駅
行き方

札幌駅前より道南バス洞爺湖温泉行「留寿都」下車

駐車場あり

留寿都神社について

基本情報

名称留寿都神社
読み方ルスツじんじゃ

詳細情報

ご祭神天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ) 大己貴大神(おおなむちのおおかみ) 応神天皇(おうじんてんのう)
ご由緒

 明治27年7月、加藤泰秋子爵が旧領の伊予国大州藩内の久米村八幡神社の御分霊を戴き、加藤家留寿都農場の氏神として祠を建立して奉斎したことに始まる。大正4年6月に地元有力者たちが、大正天皇即位大典を記念して留寿都八幡神社の改築と村社昇格の運動をおこしている。このことから農場の氏神であったこの神社を地域住民の鎮守とし、加納富貴松、加藤農場からの寄附により社殿を新たに建立した。大正7年3月30日、無格社、同13年3月29日には村社に列せられた。昭和36年12月26日、五ノ原地区の八幡神社を、また同43年3月18日には知来別地区の金刀比羅神社を合祀している。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
八幡神社 応神天皇 昭和36年12月16日合祀・金刀比羅神社 大己貴大神 昭和43年3月18日合祀

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2020年09月28日bymeme


アクセス

住所虻田郡留寿都村字留寿都26番地
Googleマップで地図を開く
エリア比羅夫駅
行き方

札幌駅前より道南バス洞爺湖温泉行「留寿都」下車

駐車場あり

最新の北海道のご案内

仁玄寺
仁木駅

坊主カフェ@オンライン【12月12日 昼】

2020年12月12日14:00〜
ちょっとした雑談がしにくくなった今だからこそ――オンラインでお坊さんと他愛もないお喋りなん…
1
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る