参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

はぼろじんじゃ

羽幌神社北海道 留萌駅

はぼろじんじゃ

羽幌神社北海道 留萌駅

北海道 苫前郡羽幌町南大通6丁目1
御朱印あり
縁結び・恋愛成就学問の神様・合格祈願金運健康長寿安産祈願・子宝厄除け交通安全家内安全

例祭・神事

1月1日 初詣 0:00~
1月1日 元旦祭 9:00~
1月15日 どんど祭 10:00~
2月3日 節分厄祓祈願祭 10:00~17:00
6月第3土・日 太...

もっと見る(0枚)

アクセス

住所苫前郡羽幌町南大通6丁目1
Googleマップで地図を開く
エリア留萌駅

羽幌神社について

基本情報

名称羽幌神社
読み方はぼろじんじゃ
御朱印あり
御朱印帳なし
電話番号01646-2-1041
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.haborojinja.jp/

詳細情報

ご祭神《主》豊御食津能神
本殿神明造
ご由緒

明治19年頃わずか漁民十数名が羽幌にきて漁業を営んでいた頃、この漁場内に一小社を建て稲荷大明神を祀っていた。
その後漁場の発展と共に移住者が増加したが今だ鎮守の神として崇める社祠がなく、この小社を氏神に代えていた。
さらに明治22年頃住民が協議して社殿を建築し毎年祭事を行なっていたが、明治30年苫前村より分離して羽幌に戸長役場が設置されると神社の確立を要望する声が高まり、明治33年南大通6丁目に移転し、翌34年無格社羽幌神社と社号を公称する。
この年京都伏見稲荷大社から御分霊を奉斎して海路はるばる当地前浜に到着した日が7月9日であったことを記念して翌年から例祭日と定め現在まで続いている。
明治35年二級町村制の施行と共に社殿の改築を企画し、明治38年4月社殿の落成を見る。
明治42年一級町村制がしかれると同時に境内の内容を整え、明治43年6月25日村社に列せらる。
大正6年9月神殿を再度改築して境内地を拡張し、大正10年町制施行と共に郷社の昇格を望んで境内各所の改造を計り、奉賛会を組織して出願し、大正12年5月30日郷社に昇格する。
戦後社格廃止、昭和22年2月2日宗教法人羽幌神社として、神社本庁に所属する。

ご利益
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2020年10月04日byささ


アクセス

住所苫前郡羽幌町南大通6丁目1
Googleマップで地図を開く
エリア留萌駅

最新の北海道のご案内

仁玄寺
仁木駅

坊主カフェ@オンライン【12月12日 昼】

2020年12月12日14:00〜
ちょっとした雑談がしにくくなった今だからこそ――オンラインでお坊さんと他愛もないお喋りなん…
1
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る