参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

てしおいつくしまじんじゃ

手塩厳島神社北海道 安牛駅

てしおいつくしまじんじゃ

手塩厳島神社北海道 安牛駅

北海道 天塩郡天塩町川口基線1226
御朱印あり

例祭・神事

7月17日 例祭

アクセス

住所天塩郡天塩町川口基線1226
Googleマップで地図を開く
エリア安牛駅
行き方

幌延駅下車、沿岸バス乗車30分 天塩町ターミナル下車

駐車場社務所前 3台ほど

手塩厳島神社について

基本情報

名称手塩厳島神社
読み方てしおいつくしまじんじゃ
通称弁財天さん
トイレなし
御朱印あり
御朱印帳なし
電話番号01632-2-1036
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》市岐島姫命
本殿神明造
ご由緒

天塩厳島神社は文化元年9月1日(1804)紀伊国有田郡栖原村出身栖原角兵衛が水戸藩のサケ・マス漁場経営のために天塩川河岸に運上所を開設する際、守護神として「市杵島姫命」の御分霊を迎えたと伝えられる。明治9年村社と公称し、明治43年社殿を川口基線に建立、同年7月16日に遷座祭を執行した。大正14年12月本殿造営起工。翌15年6月完成。昭和2年9月9日に内務省令をもって郷社の社格に列せられ、さらに昭和15年春拝殿を改築し参道両側に神灯1対を設けた。文化元年当時西エゾ領はまだ松前藩領で水戸藩の領地支配になったのは明治2年8月から2年間だけである。天塩領は松前藩の家老職の家柄である松前内記の知行地で栖原屋は歴代その場所請負人だった。文化元年の天塩場所は6代目角兵衛の支配人栖原彦兵衛の請負で同人が配下に命じてこれを祀ったものであり水戸藩の運上屋とするのは誤りである。

体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2020年10月04日byささ


アクセス

住所天塩郡天塩町川口基線1226
Googleマップで地図を開く
エリア安牛駅
行き方

幌延駅下車、沿岸バス乗車30分 天塩町ターミナル下車

駐車場社務所前 3台ほど

最新の北海道のご案内

仁玄寺
仁木駅

坊主カフェ@オンライン【12月12日 昼】

2020年12月12日14:00〜
ちょっとした雑談がしにくくなった今だからこそ――オンラインでお坊さんと他愛もないお喋りなん…
1
瀧泉寺
登別駅

お正月

2020年12月31日23:30〜
詳細はチラシをご覧ください。 宗派問わず、お気軽にご参拝下さい。
2
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る