御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年7月22日
金刀比羅治水神社ではいただけません
広告

ことひらちすいじんじゃ

金刀比羅治水神社
北海道 滝川駅

パーキング
駐車場
あり

境内前

御朱印について
御朱印
なし
ありません

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(3件)

金刀比羅治水神社の基本情報

住所北海道滝川市空知町3ー3−6
行き方

滝川ターミナルより岩見沢駅·砂川方面行き「開発局前」下車 徒歩3分

アクセスを詳しく見る
名称金刀比羅治水神社
読み方ことひらちすいじんじゃ
参拝時間

参拝/24時間

トイレなし
御朱印なし

詳細情報

ご祭神大物主命(おおものぬしのみこと)
創建時代明治40年(1907)8月10日
本殿神明造
ご由緒

当神社は明治40年8月10日讃岐金刀比羅宮の御分霊を奉祀したのを起源とする。往時内陸部における物質の輸送は石狩川・空知川の水運をもっての舟便・流送がその主要な手段であり、明治35年頃からこの北空知太が雑穀・木材・米噌など諸物資の中継集散地となりその往来は隆盛を極めた。この回漕・流送の業に従事したのはその大半が富山県から移住した当地開拓の先駆者であったが、当時芦別迄遡行するのに船を引綱で曳き、或いは船棹で突くなどして実に15時間も要したと言われ、又遠く幌加内・金山迄遡って木材の流送に従うなど身を挺し心血を注ぐ想像を絶する辛苦と困難に終始したと思われる。この様なことから水難による犠牲者もあり、その霊を祀ると共に家業の守護神として金刀比羅神社建立の議が有志の間に起こり御分霊奉祀に至ったものである。

体験祭り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ