参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

おおあさじんじゃ

大麻神社の歴史北海道 大麻駅

大麻神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神天照大御神(あまてらすおおみかみ) 稲倉魂命(うがのみたまのみこと) 少名彦名神(すくなひこなのかみ) 大己貴命(おおなむちのみこと) 埴山姫命(はにやまひめのみこと)
ご由緒

明治33年麻畑(現在の江別市大麻の一部)に最初に入植した福屋角助が大麻の小高い丘に「八百萬神」と記した角柱を建て祭りを行っている。同年、大曲の平本与三吉の宅地にも小祠を建立し祭祀し、続いて明石石之助も小祠を建立し「十二錦山神社」として開拓者の寄りどころとした。この3つの神社に、大正8年他地区にもあった小祠2柱を合祀し、現在の位置に本殿拝殿を御造営し社名を大麻神社と呼称し、この5柱神を「開拓祖神」として今日まで崇められている。

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!