参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

しんとつかわじんじゃ

新十津川神社北海道 新十津川駅

しんとつかわじんじゃ

新十津川神社北海道 新十津川駅

北海道 樺戸郡新十津川町字中央37番地
御朱印あり

例祭・神事

9月4日

アクセス

住所樺戸郡新十津川町字中央37番地
Googleマップで地図を開く
エリア新十津川駅
行き方

JR滝川駅より車で10分、JR新十津川駅より車で5分、JRバス・中央バスいずれも神社前下車

駐車場あり
近くの駅

◼︎JR札沼線
新十津川駅から直線約2.88km
徒歩約1時間9分
車で約14分
Googleマップで確認



◼︎JR函館本線

◼︎JR根室本線
滝川駅から直線約3.16km
徒歩約1時間15分
車で約15分
Googleマップで確認



◼︎JR札沼線
下徳富駅から直線約7.68km
徒歩約3時間4分
車で約38分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

新十津川神社について

基本情報

名称新十津川神社
読み方しんとつかわじんじゃ
通称玉置神社
御朱印あり

詳細情報

ご祭神國常立尊(くにのとこたちのみこと) 伊弉諾尊(いざなぎのみこと) 伊弉冊尊(いざなみのみこと) 天照大神(あまてらすおおかみ) 神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)
本殿神明造
文化財

刀剣(3)(「備前国忠吉作」「相模守藤原国綱」「無銘」)

ご由緒

本社は明治22年奈良県十津川村の有する吉野郡一帯の豪雨により、生活の方途を失った人々が北海道へ移住する事に端を発し、明治24年1月14日に本村役場側に仮殿を設けて、奈良県十津川の玉置神社5柱の御分霊を奉斎した。同27年6月24日、本村上徳富のシスン島に仮殿を建築、同31年水害により現在の高台に奉遷し、同33年9月には社殿を造営、更に大正4年には現在地に社殿を新築した。母村、玉置神社は上代神武天皇がご東征の折玉置山で休まれたと伝えられ白河法皇9回、鳥羽法皇は20数回、後白河法皇は32回、後鳥羽法皇31回、後嵯峨法皇2回、亀山上皇1回という大変な数の参拝を数えると伝わる。本社は玉置神社と同名にて奉斎し大正4年に大正天皇ご大典記念として社殿を新築。その間明治28年8月24日公認神社として認可され、大正4年12月21日に村社、昭和5年8月に郷社、同18年1月15日に県社となった。さらに昭和42年社名変更をし新十津川神社となる。平成2年に鎮座100年を迎え母村十津川村より杉、桧材を奉納賜り本殿、社殿、廊下、社務所を改修、神饌所を新築、平成9年神前を横断する車道と2曲りしている参道を直線に改修し現在に至る。
 

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2020年09月03日bymeme


神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所樺戸郡新十津川町字中央37番地
Googleマップで地図を開く
エリア新十津川駅
行き方

JR滝川駅より車で10分、JR新十津川駅より車で5分、JRバス・中央バスいずれも神社前下車

駐車場あり
近くの駅

◼︎JR札沼線
新十津川駅から直線約2.88km
徒歩約1時間9分
車で約14分
Googleマップで確認



◼︎JR函館本線

◼︎JR根室本線
滝川駅から直線約3.16km
徒歩約1時間15分
車で約15分
Googleマップで確認



◼︎JR札沼線
下徳富駅から直線約7.68km
徒歩約3時間4分
車で約38分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!