御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺リリー大バナー※夛宝院長福寺ではいただけません

天台宗

夛宝院長福寺

群馬県 西桐生駅

投稿する
0277-22-8778

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

たかく
2019年10月19日(土)
133投稿

寺伝三宝荒神縁起等によれば400年以上も前の話。比叡山の名僧法心上人が諸国行脚のうち、利根川のほとりでうたた寝をしていると夢枕に荒神様が現れ、こう告げた。「その方、いまより私を背負って行脚しなさい。そして私のとどまるところ、艱難の衆人を助け生涯安楽の恵みを与えなさい」と。目覚めると枕元に一体の荒神様があった。お告げに従って諸国を巡り、ある時桐生新宿村雷電原坊主山に立ち寄ると、荒神様はたちまち千貫の重さとなり動かなくなった。そこで、土地の者に夢話を語り、荒神様を祀ったという・・・。
 其後50数年、戦国の世が去り、桐生郷は由良氏支配地から徳川氏の支配地に変わり、桐生新町創設時に桐生中心地5丁目に新たに建立された中央山多宝院長福寺と併せて荒神様尊像も祀られました。火伏の荒神様の霊験はあらたかで、元治元年の桐生新町の大火の際、この荒神様で火がとまり、以後長福寺イコール荒神様といわれ、東日本一帯から信仰を集めた。ために付近には旅館が建ち並び、門前には商い屋などの賑わいをみせた。
 ところが、昭和30年代に入り、桐生市の都市再開発のため、道路拡張工事の必要性から、荒神様は「市民の幸せになるのなら・・・」と住み慣れた縁故の地を去る決意をされました。まさにお慈悲からの移転決意でした。移転された荒神様の3度目のお住まいは、由緒ある本堂を、そのとき調査にあたった建築家のすすめで解体移転という形をとったため、昔懐かしい姿をそのままに残し、幸いにも山紫水明静寂閑雅な現在地宮本町で、毎年冬至に護摩を焚き、また、訪れる善男善女たちに、今日も変わりない御利益を与え続けられておられます。
桐生市仏教会のホームページから転記ですが由来が詳しく載っています。桐生市仏教会は偉いです。

夛宝院長福寺の建物その他

サングラスの小僧さんがお出迎えです。

夛宝院長福寺の像

伝教大師

夛宝院長福寺の本殿
もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

夛宝院長福寺の基本情報

住所群馬県桐生市宮本町3-5-1
行き方
アクセスを詳しく見る
名称夛宝院長福寺
限定御朱印なし
電話番号0277-22-8778
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

宗旨・宗派天台宗

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中