参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

けごんじ

華厳寺岐阜県 神海駅

けごんじ

華厳寺岐阜県 神海駅

岐阜県 揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23

拝観時間 8:00 ~ 17:00 納経時間 8:00 ~ 16:30 御祈祷・供養 9:00 ~ 15:30

御朱印あり
安産祈願・子宝厄除け
東海三十六不動尊霊場西国三十三所霊場

西国三十三カ所第三十三番 札所


西国三十三番満願霊場美濃国谷汲山華厳寺は「谷汲さん」の名でも親しまれ、西国札所の中で最も東の岐阜県に位置しています。 広い境内には巡礼の満願・結願の地として厳かな雰囲気があり、「笈摺堂」、「満願堂」、「精進落としの鯉」を始めとする巡礼を終えた者のみが知ることが出来る喜びに満ち溢れ、一般の参拝客らもその雰囲気に引き込まれます。 また巡礼だけでなく、桜や紅葉の名所としても知られ、四季折々の自然の移ろいを味わうことが出来ます。

オススメの投稿

【巡礼結願の寺:西国三十三観音、三十三番華厳寺】  西国観音霊場の一巡目の結願は2012年8月のことでした。当時住んでいた大阪から東海道線を滋賀県・米原で乗…続きを読む

12

観音霊場三十三番札所で満願寺とあいなり、私もここですべて終わりとなりました。 満願の証を受け取り、そしてその後は人生の転機を迎える事となり、何故こんなに後半…続きを読む

14

新長谷寺で気を良くして、本日1番の目的地に向かいました。関市を離れ、車で1時間ほどかかって谷汲にある華厳寺にお邪魔しました。こちらは西国三十三所観音霊場の第三…続きを読む

17

西国三十三所の二十九番札所。 御詠歌【世を照らす 仏のしるし ありければ まだともしびも 消えぬなりけり】(現在) 御詠歌【万世の 願いをここに 納めお…続きを読む

34

西国霊場33所  巡拝地33番目 華厳寺へ 紐で仏様と手を繋ぐ 。 →コロナ大丈夫か問題💦 ま、仏様が浄化してくれてるでしょ。 「戒壇めぐり…続きを読む

投稿をもっと見る(21件)

アクセス

住所揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23
Googleマップで地図を開く
エリア神海駅
行き方

JR東海道本線大垣駅→樽見鉄道(約40分)谷汲口駅下車→名阪近鉄バス・揖斐川町コミュニティバス(谷汲山行き・約10分)谷汲山下車
JR東海道本線大垣駅→養老鉄道(約25分)揖斐駅下車→名阪近鉄バス・揖斐川町コミュニティバス(谷汲山行き、または横蔵行き・約25分)谷汲山下車

駐車場あり(町営駐車場700台)
近くの駅

◼︎樽見鉄道樽見
神海駅から直線約3.17km
徒歩約1時間16分
車で約15分
Googleマップで確認



◼︎樽見鉄道樽見
谷汲口駅から直線約3.27km
徒歩約1時間18分
車で約16分
Googleマップで確認



◼︎樽見鉄道樽見
高科駅から直線約3.69km
徒歩約1時間28分
車で約18分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

華厳寺について

基本情報

名称華厳寺
読み方けごんじ
通称たにぐみさん
参拝時間

拝観時間 8:00 ~ 17:00 納経時間 8:00 ~ 16:30 御祈祷・供養 9:00 ~ 15:30

参拝料

なし

御朱印あり
電話番号0585-55-2033
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kegonji.or.jp/
SNS

詳細情報

ご本尊十一面観世音菩薩(秘仏)
宗旨・宗派
創建時代延暦十七年(798)
札所など

西国三十三観音霊場第33番札所
東海白寿三十三観音霊場第33番札所
東海三十六不動尊霊場第33番札所

ご由緒

永禄3年(1560年)成立の『谷汲山根元由来記』によると、華厳寺は延暦17年(798年)、会津黒河郷の豪族大口大領なる人物によって創建されたという。『由来記』によれば、大口大領は都の仏師に依頼して自らの信仰する十一面観音の像を造立した。彼は観音像とともに会津に帰ろうとしていたが、途中、美濃国の赤坂(現・岐阜県大垣市)で観音像が動かなくなってしまった。赤坂の北五里の山中に観音所縁の霊地があるというお告げを受け、大口大領は同地に草庵を建立。延暦末年に、当地で修行していた僧・豊然上人(ぶねんしょうにん)の協力を得て華厳寺を建立した。
延暦20年(801年)、桓武天皇の勅願寺となり、延喜17年(917年)には醍醐天皇が「谷汲山」の山号と「華厳寺」の扁額を下賜。天慶7年(944年)には朱雀天皇が鎮護国家の道場として当寺を勅願所に定め、仏具・福田として一万五千石を与えたという。「谷汲山」という山号については、寺付近の谷から油が湧き出し、仏前の灯明用の油が汲めども尽きなかったことに由来する。
西国三十三所霊場の中興者と伝承される花山法皇は徒歩で巡幸し、当寺を第三十三番札所の満願所と定め、禅衣(笈摺)、杖、及び三首の御詠歌を奉納したと伝え、鎌倉時代には後白河法皇が花山法皇の跡を慕って同行千有余人を従えて巡幸したという。なお、西国三十三所巡礼について触れた最も古い史料である『寺門高僧記』所収の「行尊伝」及び「覚忠伝」では、第三十三番の霊場は三室戸寺になっており、園城寺(三井寺)の僧・覚忠が三十三所霊場を巡礼した応保元年(1161年)には、華厳寺は満願所ではなかった。また、三種の御詠歌(後出)のうち、「世を照らす」の歌は作者が判明しており、花山法皇ではなく、前出の覚忠の作歌である[1]。
建武元年 1334年足利氏と新田氏の戦乱が起こり、新田氏一族堀口美濃守貞満の乱をはじめとする戦乱で幾度となく諸堂伽藍を焼失するが、本尊ならびに脇侍等は山中に移し難を逃れた。
江戸時代には薩摩国鹿児島慈眼寺住職道破拾穀上人によって再興された。

巡礼
ご利益
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2020年10月26日


神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23
Googleマップで地図を開く
エリア神海駅
行き方

JR東海道本線大垣駅→樽見鉄道(約40分)谷汲口駅下車→名阪近鉄バス・揖斐川町コミュニティバス(谷汲山行き・約10分)谷汲山下車
JR東海道本線大垣駅→養老鉄道(約25分)揖斐駅下車→名阪近鉄バス・揖斐川町コミュニティバス(谷汲山行き、または横蔵行き・約25分)谷汲山下車

駐車場あり(町営駐車場700台)
近くの駅

◼︎樽見鉄道樽見
神海駅から直線約3.17km
徒歩約1時間16分
車で約15分
Googleマップで確認



◼︎樽見鉄道樽見
谷汲口駅から直線約3.27km
徒歩約1時間18分
車で約16分
Googleマップで確認



◼︎樽見鉄道樽見
高科駅から直線約3.69km
徒歩約1時間28分
車で約18分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

最新の岐阜県のご案内

永昌院
湯の洞温泉口駅

坐禅会

2020年11月04日06:30〜
毎月第一水曜日に行われる坐禅会です。 15分ほどの短い時間ですので、初めての方でも安…
3
専養寺
笠松駅

地蔵さま顔ふき祭り

2020年11月03日10:00〜
皆さまに親しまれております専養寺境内のお地蔵さまにふれていただき、日頃の感謝の気持ちを『お…
5
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!