御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※朝日神社(御薬園)ではいただけません
パーキング
駐車場
あり

「あり」御薬園の駐車場

御朱印について
御朱印
なし
ありません

朝日神社(御薬園)の基本情報

住所福島県会津若松市花春町8-1 会津松平氏庭園(御薬園)内
行き方
アクセスを詳しく見る
名称朝日神社(御薬園)
読み方あさひじんじゃ(おやくえん)
トイレ御薬園内
御朱印なし

詳細情報

ご由緒

至徳元年(1384年)、葦名氏七代、直盛は、小田木(現鶴ヶ城の地)に、東黒川館を築き、これを鶴ヶ城または黒川城と称していたという(小田木城とも)。そして、城下の北西に鶴が舞う大田谷地という野原があり、そこでは、清水が湧いていたと言う。当時、近くには一軒の農家があり、そこには喜助という者が住んでいたが、病気で難儀していた。ある時、朝日保方という白髪の老人がやって来て、10数羽の鶴の舞い降りる泉を発見し、その水を汲んできては喜助を介抱し、やがて喜助は病が治ったという。保方老人はそれを見届けるようにしてこの世を去り、喜助は恩人として、救い主の保方を霊泉のかたわらに手厚く葬り、祠をたてて朝日神社とし、霊泉の泉を鶴ヶ清水と名づけたと言われている。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中