御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※菊田神社ではいただけません

きくたじんじゃ

菊田神社

千葉県 京成津田沼駅

社務所 平日10:00~15:00
土日祝9:00~16:00

投稿する
047-472-4125

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印

菊田神社では、「菊田神社」、「菊田神社御朱印帳限定」の御朱印をいただけます。
季節や行事に合わせたカラフルな御朱印が頒布されています。

菊田神社の御朱印

300円
直書き

真ん中に久久田大明神と書かれ、右下にならしの守護の印、上部に菊田神社の社印、左下に大黒天の印が押されています。
菊田神社は、平安時代の弘仁年間(西暦810年代)には、久久田大明神と称し、神社として創建されていたと伝わっています。

菊田神社御朱印帳限定御朱印

御朱印帳代に含まれる

真ん中に久久田大明神と金色で書かれ、菊田神社の金印が押されています。
菊田神社の御朱印帳にのみ授与される御朱印です。

このほか、季節や行事にあわせてカラフルな特別御朱印が頒布されます。

御朱印帳

菊田神社の御朱印帳は全部で2種類。 
普通の大きさの御朱印帳が3色、大判の御朱印帳が2色あります。

オリジナル御朱印帳

1,500円
約16×11cm

ピンク色の地に、境内にある狛犬と菊の花がデザインされた華やかな御朱印帳で、表面は真ん中に菊田神社の文字が入り、裏面は上部に菊田神社の社紋が入っています。
御朱印帳限定の御朱印付きで、最初のページの右側には旅先安全守護の御札が貼られています。

オリジナル御朱印帳

1,500円
約16×11cm

緑色の地に、境内にある狛犬と菊の花がデザインされた華やかな御朱印帳で、表面は真ん中に菊田神社の文字が入り、裏面は上部に菊田神社の社紋が入っています。
御朱印帳限定の御朱印付きで、最初のページの右側には旅先安全守護の御札が貼られています。

オリジナル御朱印帳

1,500円
約16×11cm

紺色の地に、境内にある狛犬と菊の花がデザインされた華やかな御朱印帳で、表面は真ん中に菊田神社の文字が入り、裏面は上部に菊田神社の社紋が入っています。
御朱印帳限定の御朱印付きで、最初のページの右側には旅先安全守護の御札が貼られています。

オリジナル御朱印帳

2,000円
約18×12cm

赤色の地に、微笑んでいる狛犬と菊の花がデザインされた華やかな御朱印帳で、表面は上部に菊田神社の文字が入り、裏面は上部に菊田神社の社紋が入っています。
御朱印帳限定の御朱印付きで、最初のページの右側には旅先安全守護の御札が貼られています。

オリジナル御朱印帳

2,000円
約18×12cm

青色の地に、微笑んでいる狛犬と菊の花がデザインされた華やかな御朱印帳で、表面は上部に菊田神社の文字が入り、裏面は上部に菊田神社の社紋が入っています。
御朱印帳限定の御朱印付きで、最初のページの右側には旅先安全守護の御札が貼られています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、本殿正面向かって左側にある社務所でお受けできます。

御朱印の受付時間は平日と土日祝で変わります。
新型コロナウィルス対策のため、社務時間を短縮しています。

平日…………10時~15時
土・日・祝…9時~16時

詳しくは公式サイトをご確認ください。

過去の限定御朱印

菊田神社では、季節や行事に合わせてカラフルな限定御朱印をいただけます。 
ここからは2020年に頒布された過去の限定御朱印をご紹介します。

立皇嗣之礼特別御朱印

500円
2020年11月

二面見開きの御朱印です。右面から博文約礼の文字、右上に奉祝の印、右に立皇嗣之礼の文字、真ん中に菊田神社の社印、菊の花と植物のイラストが描かれています。
博文約礼とは、広く学び、その知識を礼によって集約するという意味です。

月参り御朱印 12月

500円
2020年12月

二面見開きの御朱印です。雪原を感じさせる地に、右面は上部に菊田神社の社印、下部に2匹のネズミのシルエットが描かれ、左面はピンク色で一陽来復の文字が入っています。
一陽来復とは、悪いことが続いた後で幸運に向かうことなどの意味です。

月参り御朱印 11月

500円
2020年11月

二面見開きの御朱印です。楓色で爽籟(そうらい)と書かれ、両面に楓の葉と水の流れのイラスト、左面に菊田神社の社印が入っています。
爽籟とは、秋風のさわやかなひびきという意味です。

月参り御朱印 10月

500円
2020年10月~11月

二面見開きの御朱印です。両面に赤いコスモスの花が描かれ、右面に秋麗(あきうらら)の朱書き、左面に菊田神社の社印が入っています。
秋麗とは、麗(うらら)かに晴れ渡る秋の日という意味です。

月参り御朱印 9月

500円
2020年9月~11月

二面見開きの御朱印です。晴雲秋月と書かれ、右面は真ん中に菊田神社の社印、下部にススキが描かれ、左面は一対の狛犬が中秋の名月を見上げている姿が描かれています。
晴雲秋月とは、晴れ渡った空に浮かぶ白雲と秋の空の澄んで凛とした月という意味です。

菊まいり特別御朱印

500円
2020年9月

二面見開きの御朱印です。右面に重陽の節句の文字、上部に菊田神社の社印、右下に菊酒の入った盃、左面に榮寿の金文字、菊の花が描かれています。
9月9日は、五節句の1つ「重陽の節句」です。
菊を用いて不老長寿を願うことから、別名「菊の節句」といいます。
古来、菊は薬草としても用いられ、延寿の力があるとされてきました。

月参り御朱印 8月

500円
2020年8月~11月

二面見開きの御朱印です。カラフルな打ち上げ花火と山なみが描かれ、右面に菊田神社の社印、左面に泉鏡花の俳句「花火遠く 木隠(こがくれ)の里 見ゆるなり」が入っています。

月参り御朱印 7月

500円
2020年7月~11月

二面見開きの御朱印です。光輝く星のように金色で天乃川と書かれ、菊田神社の社印、青色で七夕の笹と織姫彦星を連想させる二人が描かれています。

月参り御朱印 6月

500円
2020年6月~11月

二面見開きの御朱印です。茅の輪と紫陽花が描かれ、「水無月の 夏越しの祓ひする人は 千歳(ちとせ)の命 延ぶと云ふなり」の文字、真ん中に菊田神社の社印が入っています。
6月の夏越の祓の行事で、厄落としの方法として茅の輪くぐりが行われ、「水無月の…」と唱えながら8の字を書くように3度くぐり抜けます。

月参り御朱印 5月

500円
2020年5月~11月

二面見開きの御朱印です。全体に藤の花が描かれ、右面は永劫回帰(えいごうかいき)の文字、左面は上部に菊田神社の社印、下部に鎧兜の印が入っています。
永劫回帰とは、宇宙は永遠に循環運動を繰り返すという意味です。

月参り御朱印 4月

500円
2020年4月~11月

二面見開きのピンク色を基調とした可愛らしい御朱印です。両面にフジザクラの花が描かれ、右面は春うららの文字、左面は上部に菊田神社の社印、下部に富士山のイラストが入っています。

月参り御朱印 3月

500円
2020年3月~11月

二面見開きの御朱印です。両面に桜の花の印が入り、右面はお内裏様とお雛様が描かれ、左面に美意延年(びいえんねん)の文字と菊田神社の社印が入っていて、麗しく気高さ香る御朱印です。
美意延年とは、心配事もなく楽しい心のまま生きれば、自然と長生きできるという意味です。

月参り御朱印 2月

500円
2020年2月

二面見開きの御朱印です。全体に福豆の絵が散りばめられ、真ん中に追儺(ついな)と書かれ、右面はおかめのイラスト、左面は柊鰯(ひいらぎいわし)の印、赤鬼の印と菊田神社の社印が入っています。
追儺とは、平安時代に行われていた疫病を追い払う儀式のことで、のちに節分の際に豆撒きをする起源となりました。

月参り御朱印 1月

500円
2020年1月

二面見開きの御朱印です。右面は七福神が宝船に乗っているイラストが描かれ、左面は菊田神社の文字と菊田神社の社印が入っています。

狛犬の御朱印 12月

500円
2020年12月

二面見開きの御朱印です。青海波の文様が斜めに入り、右面は菊田神社の金文字と菊田神社の社印、左面は狛犬の印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 11月

500円
2020年11月

二面見開きの御朱印です。花柄の地に、右面は狛犬の印、左面は菊田神社の金文字と菊田神社の社印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 10月

500円
2020年10月

二面見開きの御朱印です。全体に赤紫色の菊の花がデザインされ、右面は菊田神社の文字と菊田神社の社印、左面は菊の意匠が入った前掛けをした黄色の狛犬の印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の菊まいり御朱印

500円
2020年9月

二面見開きの御朱印です。全体に黄色い菊の花が散りばめられ、右面は菊まいりの文字、菊の意匠が入った前掛けをした黄色の狛犬の印、左面は菊田神社の文字と菊田神社の社印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 8月

500円
2020年8月

二面見開きの御朱印です。右面は菊田神社の文字と菊田神社の社印、左面は水色の狛犬の印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 7月

500円
2020年7月~8月

二面見開きの御朱印です。右面は水色の狛犬の印、左面は菊田神社の文字と菊田神社の社印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 6月

500円
2020年6月

二面見開きの御朱印です。右面は菊田神社の文字と菊田神社の社印、左面は緑色の狛犬の印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 5月

500円
2020年5月

二面見開きの御朱印です。右面は緑色の狛犬の印、左面は菊田神社の文字と菊田神社の社印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 4月

500円
2020年4月

二面見開きの御朱印です。右面は菊田神社の文字と菊田神社の社印、左面はピンク色の狛犬の印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 3月

500円
2020年3月

二面見開きの御朱印です。右面はピンク色の狛犬の印、左面は菊田神社の文字と菊田神社の社印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 2月

500円
2020年2月

二面見開きの御朱印です。右面は菊田神社の文字と菊田神社の社印、左面は福来と書かれた前掛けをした狛犬の印が押されています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

狛犬の御朱印 1月

500円
2020年1月

二面見開きの御朱印です。右面は門笑と書かれた前掛けをした狛犬の印、左面は菊田神社の文字と菊田神社の社印が入っています。
境内に鎮座する愛嬌のある狛犬は、菊田神社の名物の1つとなっています。

御朱印をもっと見る|
728
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に久久田大明神と書かれ、右下にならしの守護の印、左下に大黒様の印が押されています。2面見開きの月参り御朱印や菊参り特別御朱印があります。

限定
あり
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり
鳥居の横に6台ほど停められる駐車場があります。

ご利益

菊田神社について

隣接して大きな池があり、鯉や鴨がいます。一周できるようになっていますので御朱印待ちの間に散策するのもいいかも☺️
神輿庫の横に喫煙スペース🚬あります。
紙巻き煙草OK👌です。

おすすめの投稿

のぶさん
2022年05月28日(土)
1212投稿

2年ぶりの参拝
愛嬌のある狛犬と多彩な御朱印を直接書き入れてくれるので境内は参拝客でいっぱいでした。
古伝によれば、当神社は久久田大明神と称して、平安時代の弘仁年間(西暦810年代)には神社として創建されてありました。当時は、この境内地は小嶋であって、この嶋を中心として東西両側は岡であって、砂土堆積している入江でありました。住民の多くは西側岡の崖下に住居を構えて生活をして居りました。住民は嶋の上に鎮座されていたお宮、即ち久久田大明神を産土神および氏神として奉斎信仰していました。なお。旧九月十九日を例祭の日と定めて、年毎に祭事を執行していました。また、住民は氏子区内並びに周辺(近郷)の人と縁を結びますと、これがまことに夫婦円満の家が多く子供達もみんな丈夫に成長し、長命の人も多く、それ故に住民はこの久久田大明神を特に縁結びの神、厄難除の神、安産の神として崇敬し、商売繁盛の神(後年この地に商人が出来て、この宮に祈願したところ何れも商売が繁盛した)としても崇敬しました。
治承四年、藤原師経、藤原師長卿の一部郎党当国に左遷のおり、相模国より船に乗船し相模灘を経て袖ヶ浦へ来ました。海上が少し荒れていた為に何処か波静かな所はないかと探し求めていましたところ、たまたま久久田浦の入江と嶋を発見しました。一同はここに船を漕ぎ来たりてこの嶋に上陸しますと、住民達が崇敬しているお宮がありました。
即ち久久田大明神のお宮で、師経、師長卿は無事に此処まで安着の出来たことはこの御祭神の御神徳によるものであるとして深く感銘されて、このお宮を崇め奉りてこの地を安住の地と定めることとし、同時に祖先の第六十代醍醐天皇の御代延喜左大臣藤原時平命を合せ祀り、住民と共に奉斎崇敬しました。後に師経の一族は三山の郷(現在の二宮神社の鎮座の地)に移住したと伝えられています。
その後星移り年変わりて入江も浅瀬となり、この嶋の土と東西の岡の土を採取し浅瀬に盛土して水田を拡げて氏神の社名に相応しく永く久しく栄える国として耕作するようになりました。またこの境内地が船の形をしているのは、師経一族郎党が着船したのを記念とするために浅瀬を盛土するときにこの形を造ったと伝えられています。(頒布のリーフレットより)

菊田神社(千葉県)菊田神社(千葉県)菊田神社の狛犬菊田神社(千葉県)菊田神社の歴史菊田神社(千葉県)菊田神社(千葉県)菊田神社(千葉県)菊田神社(千葉県)菊田神社(千葉県)菊田神社(千葉県)菊田神社(千葉県)菊田神社の手水菊田神社の本殿菊田神社(千葉県)菊田神社(千葉県)菊田神社の芸術菊田神社の本殿菊田神社(千葉県)菊田神社(千葉県)菊田神社の御朱印
もっと読む
投稿をもっと見る(281件)

例祭・神事

1月1日 歳旦祭
2月3日 節分祭
3月15日に近い日曜日 あんば様
4月29日 昭和祭
10月19日 例祭

例祭・神事をもっと見る|
15

歴史

古伝によれば、当神社は久久田大明神と称して、平安時代の弘仁年間(西暦810年代)には神社として創建されてありました。当時は、この境内地は小嶋であって、この嶋を中心として東西両側は岡であって、砂土堆積している入江でありました。住民の多くは西側岡の崖下に住居を構えて生活をして居りました。住民は嶋の上に鎮座されていたお宮、即ち久久田大明神を産土神および氏神として奉斎信仰していました。なお。旧九月十九日を例祭の日と定めて、年毎に祭事を執行していました。また、住民は氏子区内並びに周辺(近郷)の人と縁を結びますと、これがまことに夫婦円満の家が多く子供達もみんな丈夫に成長し、長命の人も多く、それ故に住民はこの久久田大明神を特に縁結びの神、厄難除の神、安産の神として崇敬し、商売繁盛の神(後年この地に商人が出来て、この宮に祈願したところ何れも商売が繁盛した)としても崇敬しました。
治承四年、藤原師経、藤原師長卿の一部郎党当国に左遷のおり、相模国より船に乗船し相模灘を経て袖ヶ浦へ来ました。海上が少し荒れていた為に何処か波静かな所はないかと探し求めていましたところ、たまたま久久田浦の入江と嶋を発見しました。一同はここに船を漕ぎ来たりてこの嶋に上陸しますと、住民達が崇敬しているお宮がありました。
即ち久久田大明神のお宮で、師経、師長卿は無事に此処まで安着の出来たことはこの御祭神の御神徳によるものであるとして深く感銘されて、このお宮を崇め奉りてこの地を安住の地と定めることとし、同時に祖先の第六十代醍醐天皇の御代延喜左大臣藤原時平命を合せ祀り、住民と共に奉斎崇敬しました。後に師経の一族は三山の郷(現在の二宮神社の鎮座の地)に移住したと伝えられています。
その後星移り年変わりて入江も浅瀬となり、この嶋の土と東西の岡の土を採取し浅瀬に盛土して水田を拡げて氏神の社名に相応しく永く久しく栄える国として耕作するようになりました。またこの境内地が船の形をしているのは、師経一族郎党が着船したのを記念とするために浅瀬を盛土するときにこの形を造ったと伝えられています。

歴史をもっと見る|
20

菊田神社の基本情報

住所千葉県習志野市津田沼3-2-5
行き方

・JR津田沼駅より徒歩15分
・京成電鉄京成線京成津田沼駅より徒歩3分

アクセスを詳しく見る
名称菊田神社
読み方きくたじんじゃ
通称菊田大明神
参拝時間

社務所 平日10:00~15:00
土日祝9:00~16:00

御朱印あり

真ん中に久久田大明神と書かれ、右下にならしの守護の印、左下に大黒様の印が押されています。2面見開きの月参り御朱印や菊参り特別御朱印があります。

限定御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号047-472-4125
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@kikuta-jinja.jp
ホームページhttp://www.kikuta-jinja.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》大己貴命,《配》藤原時平
ご由緒

古伝によれば、当神社は久久田大明神と称して、平安時代の弘仁年間(西暦810年代)には神社として創建されてありました。当時は、この境内地は小嶋であって、この嶋を中心として東西両側は岡であって、砂土堆積している入江でありました。住民の多くは西側岡の崖下に住居を構えて生活をして居りました。住民は嶋の上に鎮座されていたお宮、即ち久久田大明神を産土神および氏神として奉斎信仰していました。なお。旧九月十九日を例祭の日と定めて、年毎に祭事を執行していました。また、住民は氏子区内並びに周辺(近郷)の人と縁を結びますと、これがまことに夫婦円満の家が多く子供達もみんな丈夫に成長し、長命の人も多く、それ故に住民はこの久久田大明神を特に縁結びの神、厄難除の神、安産の神として崇敬し、商売繁盛の神(後年この地に商人が出来て、この宮に祈願したところ何れも商売が繁盛した)としても崇敬しました。
治承四年、藤原師経、藤原師長卿の一部郎党当国に左遷のおり、相模国より船に乗船し相模灘を経て袖ヶ浦へ来ました。海上が少し荒れていた為に何処か波静かな所はないかと探し求めていましたところ、たまたま久久田浦の入江と嶋を発見しました。一同はここに船を漕ぎ来たりてこの嶋に上陸しますと、住民達が崇敬しているお宮がありました。
即ち久久田大明神のお宮で、師経、師長卿は無事に此処まで安着の出来たことはこの御祭神の御神徳によるものであるとして深く感銘されて、このお宮を崇め奉りてこの地を安住の地と定めることとし、同時に祖先の第六十代醍醐天皇の御代延喜左大臣藤原時平命を合せ祀り、住民と共に奉斎崇敬しました。後に師経の一族は三山の郷(現在の二宮神社の鎮座の地)に移住したと伝えられています。
その後星移り年変わりて入江も浅瀬となり、この嶋の土と東西の岡の土を採取し浅瀬に盛土して水田を拡げて氏神の社名に相応しく永く久しく栄える国として耕作するようになりました。またこの境内地が船の形をしているのは、師経一族郎党が着船したのを記念とするために浅瀬を盛土するときにこの形を造ったと伝えられています。

体験祈祷おみくじ絵馬七五三御朱印お守り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー