参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

こちょうぜんじ|臨済宗妙心寺派

古長禅寺山梨県 市川大門駅

こちょうぜんじ|臨済宗妙心寺派

古長禅寺山梨県 市川大門駅

山梨県 南アルプス市鮎沢505

9:00〜17:00

御朱印あり

武田信玄の母・大井夫人の菩提寺


大井夫人は、大井信達の長女として生まれ、後に政略結婚で武田信虎へ嫁ぎ、晴信(信玄)、信繁、信廉、今川義元夫人の生母となった。55才で逝去した後、武田信玄が母の菩提を弔うために建立した。

アクセス

住所南アルプス市鮎沢505
Googleマップで地図を開く
エリア市川大門駅
近くの駅

◼︎JR身延線
市川大門駅から直線約4.52km
徒歩約1時間48分
車で約22分
Googleマップで確認



◼︎JR身延線
市川本町駅から直線約4.92km
徒歩約1時間58分
車で約24分
Googleマップで確認



◼︎JR身延線
東花輪駅から直線約5.16km
徒歩約2時間3分
車で約25分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

古長禅寺について

基本情報

名称古長禅寺
読み方こちょうぜんじ
参拝時間

9:00〜17:00

御朱印あり
御朱印帳なし
電話番号055-282-1278
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊釈迦如来
山号瑞雲山
宗旨・宗派臨済宗妙心寺派
札所など

甲斐百八霊場 第86番

文化財

木造夢窓疎石坐像(重要文化財)
古長禅寺のビャクシン(天然記念物(国指定))
古長禅寺境内(山梨県指定史跡)

ご由緒

~御由緒書より~ 

 古長禅寺は、往古は真言宗の道場として隆盛を極めていたが、幾星霜の間にすっかり荒廃していた。
 正和5年(1316)の3月、夢窓疎石(国師)がこの地に雲遊された折り、留錫して自ら再建されて開山となられ、鎌倉の円覚寺に属す禅宗寺院として再興された。
 古長禅寺は塔頭寺院6ヶ寺を有する大寺院となり、甲斐の禅文化に影響を与えていく。その後寛保3年(1743)天心和尚の時から京の妙心寺を本山としている。
 当寺の山号は瑞雲山である。これは武田晴信公の母、大井夫人(甲斐国巨摩郡大井荘を治めた大井信達の娘)が天文21年(1552)に55歳でご逝去され、瑞雲院殿心月珠泉大姉の法号をもって当寺に葬られ、位牌が安置されたことに由来している。
 幽邃閑雅な臨済宗のこの禅寺は、不幸にも大正13年(1925)8月29日、町内の打揚げ花火により、全伽藍を焼失した。しかし昭和5年に庫裡が完成し、56年には本堂の落慶式をおこなった。重要文化財の夢窓疎石国師座像だけは、いささかの異状もなかったことは国師の霊験におるものである。

~Wikipediaより~
所在する南アルプス市鮎沢は甲府盆地西部に位置する。釜無川右岸の巨摩山地前面に展開する一之瀬台地上に立地する。標高は262メートル付近。古代の律令制下では巨摩郡大井郷鮎沢に比定される。平安時代後期には大井荘が成立し、中世には西郡一帯に勢力をもった有力国衆である大井氏が進出する。

境内地は、もとこの地にあった真言宗寺院の西光寺の跡地であるという。西光寺の創建年代は不詳であるが、行基創建と伝わり七堂伽藍を有したと言われる。西光寺伽藍のうち地蔵堂が残っていたが、大正11年(1922年)の火災で焼失し、現在では一部の墓域のみが残っている。

南北朝時代の1316年(正和5年)には臨済宗の僧である夢窓疎石[1]が西光寺の一角に長禅寺を創建し、臨済宗に改宗されたという。

大井夫人墓所(2019年8月撮影)
『高白斎記』『塩山向嶽庵小年代記』に拠れば戦国時代には西郡国衆大井信達が甲斐守護武田信虎と抗争を繰り広げており、大井氏は駿河国の今川氏と結び武田氏に対抗した。武田氏との和睦後に信達の娘(大井夫人)は信虎正室となり嫡男晴信(信玄)を産んでいる。長禅寺住職岐秀元伯は晴信の学問における師となり、永禄2年(1559年)に晴信が出家した際には大導師を務めている。

そのため晴信は国主となった後に長禅寺を庇護しており、古長禅寺境内には大井夫人の宝篋印塔など中世段階の石造物が現存している。大井夫人は天文21年(1552年)に死去しているが、晴信は同時期に寺を2分し、そのうち1つを甲府の愛宕山南麓に移転して甲府五山のひとつに定めとしたことから、残されたこの寺は古長禅寺と号した。

2006年(平成18年)には山梨県埋蔵文化財センターによる「山梨県内中世寺院分布調査」の一環として境内の発掘調査が実施される。調査区域からは古墳時代中期からの遺物が検出され、平安時代の土器片、近世に至る遺物や基壇と推定される中世から近世の建物遺構が検出されている。また、本堂南側にも未調査の基壇が確認されているほか、寺域の東や北側からは土塁の存在も確認され、寺の防御施設や館跡の可能性が考えられている。

体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2020年04月04日


アクセス

住所南アルプス市鮎沢505
Googleマップで地図を開く
エリア市川大門駅
近くの駅

◼︎JR身延線
市川大門駅から直線約4.52km
徒歩約1時間48分
車で約22分
Googleマップで確認



◼︎JR身延線
市川本町駅から直線約4.92km
徒歩約1時間58分
車で約24分
Googleマップで確認



◼︎JR身延線
東花輪駅から直線約5.16km
徒歩約2時間3分
車で約25分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

最新の山梨県のご案内

身延山定林坊
塩之沢駅

【コラボ御朱印やります!】

2020年12月29日
みなさん こんばんは😃🌃定林坊副住職のもっちーです😁 だいぶ寒くなってきました…
1
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る