御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

じゃくしょうじ|天台宗鈴立山

若松寺のお参りの記録一覧

山形県 天童駅

投稿する
023-653-4138

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

惣一郎
2022年12月01日(木)
1058投稿

【出羽國 古刹巡り】(過去の参拝記録)

若松寺(じゃくしょうじ)は、山形県天童市大字山元にある天台宗の寺院。山号は鈴立山(れいりゅうざん)。本尊は聖観音菩薩。別称は「若松(わかまつ)観音」。最上三十三観音霊場1番札所。観音堂は、国指定の重要文化財。

寺伝によると、飛鳥時代の708年、元明天皇の勅命によって東国巡錫の途中であった行基が、鈴の音に導かれて現在の鈴立山に登り、山上で光り輝く三十三観音像を感得したことにより開山。空海や円仁が登山したとの伝承もある。立石寺開山の円仁が立石寺の山頂付近にあった堂を現在地に移したとも伝わる。当初法相宗であったがこの頃天台宗となったとされる。鎌倉時代の1263年に藤原真綱一族が二世安楽を願って「金銅聖観音像懸仏」(国指定の重要文化財)を奉納し、戦国時代の1563年に郷目右京進貞繁が「板絵著色神馬図」を奉納しており、いずれも寺宝で国指定の重要文化財となっている。

当寺は、JR奥羽本線・天童駅の東方5kmの、鵜沢山(標高730m)の中腹(およそ標高400m)にある。舗装された山道は当寺専用でその突き当りにある。境界は分からないが境内は広く、大きくは2段に分かれている。低い境内には駐車場、入口、地蔵堂、本坊(祈願所)があり、高い境内には観音堂、元三大師堂、鐘楼堂などがある。伽藍は割とコンパクトにまとまって廻りやすい。やはりメインの見どころは国重文にもなっている観音堂で、内部拝観も可能。基本は自然がいっぱいで、歩いているだけでもとても気持ちが良い。

今回は、観音堂が国重文であることから参拝することに。参拝時は休日の午前中で、天気が良いこともあり、自分以外にも何組もの参拝者が訪れていた。

若松寺(山形県)

境内南東側から見た境内全景。

若松寺(山形県)

境内入口。

若松寺(山形県)

入ってすぐ左側にある<地蔵堂>。

若松寺(山形県)

<地蔵堂>正面。

若松寺(山形県)

参道を少し進むと、右手に階段がある。

若松寺(山形県)

階段を登り切ったところからの眺め。

若松寺(山形県)

右側にある<水屋>。

若松寺(山形県)

突き当りの<観音堂>。室町時代後期1509年の建立。桁行5間、梁間5間、一重、入母屋造、向拝1間、銅板葺。国指定の重要文化財。

若松寺(山形県)

<観音堂>正面。

若松寺(山形県)

観音堂に向かって右手、少し離れた低いところにある<元三大師堂>。

若松寺(山形県)

<元三大師堂>正面。

若松寺(山形県)

観音堂前に戻って<地蔵像>たち。

若松寺(山形県)

観音堂に向かって左手に進んで行く。
こちらは<福満稲荷>。寺の鎮守社かな。

若松寺(山形県)

雰囲気から<水子観音>かな。

若松寺(山形県)

坂道を徐々に下って、最初の参道突き当りにある<本坊(祈願所)>。

若松寺(山形県)

<本坊>正面。御朱印はこちら。

若松寺(山形県)

本坊の近くにある<観音像>。紅葉に映える。(^▽^)/

もっと読む
suzuki
2019年06月17日(月)
94投稿

縁結びで有名な若松寺にやってきました。これで三度目です。

若松寺の本殿

観音堂です。どっしりと構えた観音堂。閉山前に訪れたのでひっそりしています。

若松寺の建物その他

鐘楼堂。参拝記念のど~んと出来るみたいです。

若松寺の建物その他

縁福大風鈴。こちらをカランカランとならせば良いご縁があるとの事です。

若松寺の景色

麓の景色。。。なんかいいなぁ、山形県。

若松寺の自然

確かホタルブクロだったかな?花が咲いていました。

もっと読む
行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

めめ小バナー