御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

じゃくしょうじ|天台宗鈴立山

若松寺の御由緒・歴史

山形県 天童駅

投稿する
023-653-4138

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご由緒

若松寺は、別名縁結びの観音様として広く知られています。歴史は古く、708年飛鳥時代に行基菩薩によって開山される。
室町時代に入り観音信仰が栄え、若松寺は最上三十三観音の第一札所として隆盛を極めました。

歴史
歴史[編集] 寺伝によれば、和銅元年(708年)、元明天皇の勅命によって東国巡錫の途中であった行基が、鈴の音に導かれ現在の鈴立山に登り、山上で光り輝く三十三観音像を感得したことにより開山されたという[1]。その後、空海や円仁(慈覚大師)が登山したとの伝承もあり、貞観2年(860年)、立石寺開山の円仁(慈覚大師)が立石寺の山頂付近にあった堂を現在の地に移したという。この頃法相宗から天台宗となる。 寺宝としては、弘長3年(1263年)に藤原真綱一族が二世安楽を願って奉納した「金銅聖観音像懸仏」(こんどう しょうかんのんぞう かけぼとけ、国の重要文化財)、永禄6年(1563年)、郷目右京進貞繁...Wikipediaで続きを読む
引用元情報若松寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%8B%A5%E6%9D%BE%E5%AF%BA&oldid=88530646

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

めめ小バナー