御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年6月
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所ではいただけません
広告

真言宗豊山派金剛山

金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所
山形県 あやめ公園駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
-

その他の巡礼の情報

置賜三十三観音霊場、第三十二番札所、森観音

おすすめの投稿

japan-welder-…
2024年02月20日(火)
284投稿

山形県長井市森に境内を構える。森観音別当寺院は金剛山 胎蔵院 遍照寺、置賜三十三観音霊場、出羽百観音巡礼で2023/9月に訪れました、どの様な寺院か引用を用いて調べて見ました、山号は金剛山、院号は胎蔵院、寺号は遍照寺、宗派は真言宗豊山派、寺院ご本尊は大日如来、置賜三十三観音霊場、第三十二番札所、札所本尊は千手観世音菩薩、出羽百観音の一つ、御朱印は村上宅 長井市五十川3857と在りますが、実際は森公民館です、創建は不詳ですが村人が偶々光る物体を発見すると、観音菩薩の化身と悟り9尺4面の御堂を造営し祀るようになったと伝えられています。
その後は村の鎮守と共に祭られ神主である古口勘兵衛が祭祀を司ってきましたが享保3年(1718)に観音像は真光寺に移され別当寺院となっています。明治時代初期に真光寺が廃寺になると遍照寺が別当となり管理されてます。現在の森観音堂は享保はじめに火災で焼失後の享保7年(1722)に再建されたもので宝形造、鉄板葺、正面空破風、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付、外壁は真壁造、素木板張り。境内にある小さな池にいる螺の尻は通常より短いとされ、伝承によると火事の際、本尊を守る為に体を張って張り付き身代わりとなり、尻に火が着き燃え尽きたと伝えられています。
境内には数多くの石碑や石仏などが建立され札所の雰囲気が感じられます。歴史

金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所の御朱印
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所(山形県)
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所の建物その他
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所(山形県)
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所(山形県)
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所(山形県)
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所(山形県)
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所(山形県)
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所(山形県)
金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所の建物その他
もっと読む
投稿をもっと見る(7件)

歴史

創建は不詳ですが村人が偶々光る物体を発見すると、観音菩薩の化身と悟り9尺4面の御堂を造営し祀るようになったと伝えられています。
その後は村の鎮守と共に祭られ神主である古口勘兵衛が祭祀を司ってきましたが享保3年(1718)に観音像は真光寺に移され別当寺院となっています。明治時代初期に真光寺が廃寺になると遍照寺が別当となり管理されてます。現在の森観音堂は享保はじめに火災で焼失後の享保7年(1722)に再建されたもので宝形造、鉄板葺、正面空破風、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付、外壁は真壁造、素木板張り。境内にある小さな池にいる螺の尻は通常より短いとされ、伝承によると火事の際、本尊を守る為に体を張って張り付き身代わりとなり、尻に火が着き燃え尽きたと伝えられています。

歴史をもっと見る|
1

金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所の基本情報

住所山形県長井市横町14-8
行き方
アクセスを詳しく見る
名称金剛山 遍照寺(真言宗) 置賜三十二番札所
参拝にかかる時間

約30分

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0238-88-2285
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.actcrt.jp/henjoji/

詳細情報

山号金剛山
院号遍照寺
宗旨・宗派真言宗豊山派
本堂宝形造
ご由緒

創建は不詳ですが村人が偶々光る物体を発見すると、観音菩薩の化身と悟り9尺4面の御堂を造営し祀るようになったと伝えられています。
その後は村の鎮守と共に祭られ神主である古口勘兵衛が祭祀を司ってきましたが享保3年(1718)に観音像は真光寺に移され別当寺院となっています。明治時代初期に真光寺が廃寺になると遍照寺が別当となり管理されてます。現在の森観音堂は享保はじめに火災で焼失後の享保7年(1722)に再建されたもので宝形造、鉄板葺、正面空破風、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付、外壁は真壁造、素木板張り。境内にある小さな池にいる螺の尻は通常より短いとされ、伝承によると火事の際、本尊を守る為に体を張って張り付き身代わりとなり、尻に火が着き燃え尽きたと伝えられています。

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ