御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年6月
自性院ではいただけません
広告

じしょういん|真言宗豊山派西光山

自性院
東京都 落合南長崎駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

山門横に数台停めれる駐車場あり

その他の巡礼の情報

豊島八十八ヶ所霊場第24番札所

東京都のおすすめ🎏

広告

おすすめの投稿

かおり
2024年02月06日(火)
820投稿

猫に関係する寺院神社の本に紹介されており、新井薬師から歩いてすぐだし、と元日に参拝したのだが、(可愛い黒猫の御守も欲しかったのだ)
しかあし!対応した年配僧侶は「節分の日しか御守りは販売しない」とな。
「なんでやねん!そこに沢山あるやないか」と、ダイアン津田のように切れ、ちっ!とナダルのように帰る私。
まあ。しゃあない。3日に来ますわ。と再訪した節分の日当日。

イヤイヤ、こんな感激した節分祭は初めてかもしれない。
この日しか御開帳しない猫地蔵堂の中を観られたじゃないかあ。来て良かった。
コロナ過にあって節分祭の実施は実に4年ぶりなのだそうだ。感慨ひとしおの寺の檀家さんたちの嬉しさが伝わってきた。まずは、七福神、太田道灌を助けた黒猫、太田道灌と檀家さん有志が扮し、お寺から外に出て地域を廻る。戻ってきたところで、本堂での豆まきとなる。
節分の豆まきは、今までにいくつかの神社やお寺に行ったが、こちらのお寺が一番良かった。有名人が来て、人混みだらけは苦手なのだ。かといって、内輪で神社寺院付属幼稚園の先生と子供たちだけというのも、いていいのかな?と気にしてしまう。こちらは、人数的にも丁度良かった。又、行事としても趣向が凝らしてあり楽しめた。

護摩に願いを書き、焚くのだが、やはり私の願いとしては、「もう、あんなアホらしい煽りのコロナ過騒動みたいなのがありませんように。除夜の鐘やら節分祭やら潰されませんように。飲食店、宿泊施設が潰されませんように」ということだ。
太田道灌は自分を導いて助けてくれた猫を飼ったそうだ。名前はないと。猫好きには是非とも行って欲しいお寺である。

マスクなく 豆撒く寺の 笑顔かな

自性院の御朱印
自性院(東京都)
自性院(東京都)

元日には観る事のなかった紅色の梅の花の素晴らしさよ。来られて良かった。

自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)

はいいいい。御守りは、友人にあげる分も合わせて8個購入。サントリーの株の利益から。福徳を招くお寺に感謝。

もっと読む
ハマの「寺(テラ)」リスト
2023年02月16日(木)
2755投稿

地下鉄大江戸線「落合南長崎駅」下車徒歩2分。豊島八十八ヶ所霊場第24番札所の真言宗寺院。
ご本尊は、阿弥陀如来です。

1477年に太田道灌が戦いで苦しんでいたところ、1匹の猫に招き入れられ危機から救ったということで「猫寺」と云われています。
毎年節分の2月3日には「ネコ地蔵」のご開帳が行われます。前回は夕暮れでタイムオーバーでしたが、今回は18年ぶりに「ネコ地蔵」に再会することができました。

(おことわり)今回ネコ地蔵は撮影禁止でした。2005年の時の画像になりますので予めご了承ください。

自性院の像

街道沿い、大きな招き猫が目印です。

自性院(東京都)
自性院(東京都)
自性院(東京都)

赤い山門

自性院の自然

梅が開花いたしました。

自性院(東京都)
自性院(東京都)

ネコ地蔵堂です。前回はここでご開帳がありましたが、今回は左のお堂でのギオ会長でした。

自性院(東京都)

ネコ地蔵は2体ありました。画像は2005年のもの。

自性院(東京都)

ネコ地蔵はもう一体ありました。画像は2005年のもの。

自性院(東京都)

ネコの顔がはっきりしています。画像は2005年のもの。

自性院(東京都)

猫を供養する「猫塚」です。

自性院(東京都)
自性院の本殿

本堂です。

自性院(東京都)
自性院(東京都)

いただいた御朱印です。
節分会の猫地蔵の判が押されています。

もっと読む
投稿をもっと見る(6件)

自性院の基本情報

住所東京都新宿区西落合1-11-23
行き方

都営地下鉄大江戸線落合南長崎駅から徒歩2分

アクセスを詳しく見る

東京都のおすすめ🎏

広告
名称自性院
読み方じしょういん
通称猫寺
参拝時間

9:00〜15:00

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号03-3951-4927
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊来迎阿弥陀如来
山号西光山
宗旨・宗派真言宗豊山派
創建時代平安時代初期 弘仁11年(820年)
開山・開基弘法大師
文化財

自性院の私年号板碑(新宿区指定文化財)

ご由緒

西光山自性院無量寺。寺伝によると弘法大師空海が日光山に参詣の途中で観音を供養したのが自性院の草創。猫地蔵の縁起は、文明9年(1477)に豊島左衛門尉と太田道灌が江古田ヶ原で合戦した折に、道に迷った道灌の前に一匹の黒猫が現れ、自性院に導き危難を救ったため、猫の死後に地蔵像を造り奉納したのが起こりという話が伝えられている。また、江戸時代の明和4年(1767)に貞女として名高かった金坂八郎治の妻(覧操院孝室守心大姉)のために、牛込神楽坂の鮱屋弥平が猫面の地蔵像を石に刻んで奉納しており、猫面地蔵と呼ばれている。二体とも秘仏となっており、毎年二月の節分の日だけ開帳されている。 毎年二月三日の午後に行われる節分会は、七福神の扮装姿の信徒らの長い行列が町内を練り歩く珍しいもので、秘仏開帳とあわせ、参詣客で賑わう。

体験御朱印お守り札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ