御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※増上寺ではいただけません

ぞうじょうじ

増上寺のお参りの記録(1回目)
東京都芝公園駅

投稿する
03-3432-1431

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

投稿日:2021年02月25日(木)
参拝:2021年2月吉日
増上寺(ぞうじょうじ)は、港区にある浄土宗の大本山。山号は三縁山、院号は広度院。江戸時代に徳川家の菩提寺として、上野の寛永寺と並んで隆盛を誇った寺院。風水学的には、寛永寺が江戸城の鬼門、増上寺が裏鬼門に配置された。

創建は、9世紀、空海の弟子・宗叡が武蔵国貝塚(現・千代田区麹町近辺)に建立した真言宗の光明寺が前身と言われる。室町時代の1393年、浄土宗第八祖・酉誉聖聡(ゆうよしょうそう)が浄土宗に改宗し、寺号を増上寺と改めた。1470年には勅願所に任ぜられた。
増上寺が徳川家の菩提寺になった経緯は不詳で、通説では1590年に徳川家康が江戸入府の際に、たまたま増上寺の前を通り、源誉存応上人と出会ったのがきっかけとのこと。増上寺は貝塚から日比谷に移っていたが、江戸城拡張に伴い、家康の指示で1622年、江戸城の裏鬼門の現在地・芝に移された。
江戸時代には徳川将軍家の菩提寺として、また関東十八檀林の筆頭として隆盛を誇るも、明治維新後の神仏分離により規模は縮小、境内のほとんどが芝公園になった。さらに太平洋戦争での米軍空襲により、徳川家霊廟、五重塔など重要遺構を焼失した。戦後は、1958年に完成した東京タワーの建設に当たり、墓地の一部を土地として提供。

当寺は、地下鉄・大門駅、御成門駅、芝公園駅のいずれからでも徒歩5分ほど。東京中心部の数少ない一大緑地帯<芝公園>の構成要素の一部になっている。近隣には港区立芝公園、東京タワー、なぜかプリンスホテル群がある。

参拝時は平日の午後、浜松町・大門のオフィス街の近くということで交通の便が良いこともあり、参拝者は少ないものの途切れることなく訪れていた。
増上寺の山門
境内から数百m離れた公道上に立つ<大門>。
増上寺の山門
境内入口に立つ<三解脱門(さんげだつもん)>。三戸楼門、入母屋造、朱漆塗。間口19m、奥行9m、高さ21mの二重建構造。左右には5mの山廊を有する。楼上内部には中央に釈迦三尊像、脇壇に十六羅漢像を安置。国指定重要文化財。
1611年徳川家康の助成で建立。別名<三門>と呼ばれ、三つの煩悩(貪欲、瞋恚、愚痴)の三悪を解脱する悟りの境地を表す。
増上寺の山門
寺号標。
増上寺の建物その他
三解脱門をくぐってショック。メインの<大殿>は、現在絶賛改装中...涙
増上寺の手水
左手にある<水盤舎>。ひときわ古風な外観が目を引くが、説明ではやはり清揚院殿の霊廟(徳川将軍家の霊廟)から移築。
増上寺の建物その他
右手にある<鐘楼堂>。1633年に建立されたが、大戦の米軍空襲で焼失。戦後再建。大梵鐘は1673年に鋳造、高さ3m、重さ15t、東日本最大級で江戸三大名鐘の一つ。
増上寺の建物その他
本堂の扁額。
増上寺の本殿
本堂内。本尊阿弥陀如来を祀る。
増上寺の建物その他
本堂から境内を望む。
増上寺の本殿
本堂の右脇にある<安国殿>。徳川家康の念持仏「黒本尊阿弥陀如来(秘仏)」を祀る。江戸庶民からも信仰され、現在は年3回御開帳あり。御朱印はこちらの入って右側の授与所にて。
増上寺の建物その他
安国殿の扁額。中では簡単な写経ができ、終わると記念に特別御朱印が拝受できる。
増上寺の建物その他
安国殿の隣にある<西向聖観世音菩薩>を祀ったお堂。こちらが江戸三十三観音巡りの札所本尊であるため、安国殿の前にこちらで参拝が必要。
増上寺の本殿
西向聖観世音菩薩像。
増上寺の地蔵
境内北側を大きく埋め尽くす<千躰子育地蔵菩薩>。当寺の<ひまわり講>が奉納。赤い帽子、赤い前掛け、風車が異なる。
増上寺のお墓
安国殿の裏手にある<徳川将軍家墓所>。徳川歴代将軍のうち、二代秀忠、六代家宣、七代家継、九代家重、十二代家慶、十四代家茂の6人が眠る。
戦前は墓所・本殿・拝殿などを供え、当時の最高技術を駆使した厳粛かつ壮麗な霊廟で<国宝>に指定されていたが、大戦の米軍空襲で大半を焼失、残りも国宝解除。上写真の門は旧国宝の<鋳抜門(いぬきもん)>。
増上寺の本殿
ここからは<大殿>の左手を廻る。こちらは、大殿と繋がっている<光摂殿(こうしょうでん)>。
増上寺の建物その他
光摂殿正面の扁額。
増上寺の建物その他
光摂殿の隣にある<増上寺会館>。
増上寺の建物その他
増上寺会館の道を挟んで左手にある<経蔵>。1605年創建、1681年改造移築、1802年現在地に移築。構造は土蔵造、白壁仕上げ、一重、屋根宝形瓦葺、四方に銅板裳階付。
増上寺の建物その他
経蔵の左隣にある<慈雲閣>。
増上寺の本殿
2階部分は開山堂で、開山上人を祀る。
増上寺の山門
慈雲閣の脇にある出入口<黒門>。
増上寺の鳥居
境内の北東にある<熊野(ゆや)三所大権現宮>。増上寺鎮守。
増上寺の本殿
御祭神は、熊野本宮大社・家津御子大神(けつみこのおおかみ)、熊野那智大社・大己貴命(おおなむらのみこと)、熊野速玉神社・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の3体。

すてき

御朱印

江戸三十三所観音21番札所。
江戸三十三所観音21番札所。
安国殿に祀られている、徳川家康の念持仏「黒本尊」。増上寺のスタンダード御朱印はこちら。
安国殿に祀られている、徳川家康の念持仏「黒本尊」。増上寺のスタンダード御朱印はこちら。

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎1064投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

(1月)東京都、三重県、岐阜県、愛知県 
(2月)静岡県 
(3月)山梨県、沖縄県 
(4月)滋賀県、福岡県、長野県、兵庫県、岩手県
(5月)埼玉県
(6月)長野県、北海道
(7月)(東京都)
(8月)富山県、(岐阜県)
(9月)(東京都)、(岩手県)、青森県
(10月)福井県
(11月)(福岡県)

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
増上寺の投稿をもっと見る330件
コメント
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月