御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※随徳寺ではいただけません

真宗大谷派光雲山

随徳寺

東京都 入谷駅

投稿する
03-3873-1075

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

随徳寺の基本情報

住所東京都台東区下谷2-18-7
行き方
アクセスを詳しく見る
名称随徳寺
電話番号03-3873-1075
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

山号光雲山
院号慈現院
宗旨・宗派真宗大谷派
創建時代寛永14年(1637)
開山・開基永順
ご由緒

僧永順が開基となり、寛永14年(1637)湯島に創建。元禄12年(1699)或いは万治3年(1660)に当地へ移転したといいます。

Wikipediaからの引用

概要
随徳寺(ずいとくじ) 寺の名称の一つ。 「ずいっと出ていく」を寺の名称のように洒落た地口の一種。「とんずらする」の意。「一目散」を山号化した「一目山随徳寺」ともいう。山号寺号を参照。 東京都台東区に実在する寺の名称。本項にて解説。随徳寺(ずいとくじ)は、東京都台東区にある真宗大谷派の寺院。
歴史
歴史[編集] 1637年(寛永14年)に開山された。元々は湯島に位置していたが、1657年(明暦3年)の明暦の大火で焼け出された。幕府より、代替地として麻布広尾(現・港区南麻布周辺)の地を提示されたが、遠隔地であったことから、幕府に再度頼み込んだ結果、現在地を提示され、移転した[1]。 墓地には、江戸時代のテクニカル分析「酒田五法」を編み出した相場師の本間宗久の墓がある[2]。 ^ 東京市下谷区 編『下谷区史』東京市下谷区、1935年、1054p ^ 河合敦 著『豪商列伝 なぜ彼らは一代で成り上がれたのか』PHP研究所、2014年、216p
アクセス
交通アクセス[編集] 入谷駅より徒歩3分(経路案内)。
引用元情報随徳寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%9A%8F%E5%BE%B3%E5%AF%BA&oldid=89818172

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月