御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※蔵前神社ではいただけません

くらまえじんじゃ

蔵前神社

東京都 蔵前駅

投稿する
03-3851-0617

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

ミックジャギー
2019年01月05日(土)
73投稿

《ミックジャギーの神社探訪》【16】

ん?TwitterのDMが来てる..
なんだろう..

 ミックジャギー様
牛嶋神社の投稿、拝見致しました。ジャギー様にお伝えしたい事がございますので、よろしければ、明日の午後4時に蔵前神社までお越し頂けないでしょうか?
来るか来ないかはアナタ次第です!

SNAAK代表 桐生桃子

なんだこりゃ..SNAAKって..

ちょっと怖いな..

どうするか...
隣の部屋の大学生にバイトで行ってもらうか..空手やってるらしいから、礼儀もちゃんとしてていいだろう..

.................

ピンポーン

ガチャ

「あっ、ジャギーさん」

「おう、井上君。バイトしない?」

「えっ、バイトですか?」

「そう。蔵前神社に行って、ちょっと人と話すだけの仕事」

「あ....はい。いいですけど」

.................................

蔵前神社の鳥居

..ここが蔵前神社か..

30分も前に着いてしまった..

相手の方は、まだ来てないみたいだな..

でも、人と少し話してお金貰えるなんて、そんな旨い話、本当にあるのかな..
ジャギーさん、かなり怪しいからなぁ..

あ、ジャギーさんに渡されたメモがあったっけ..どれどれ..

【ミックジャギーのフリして、上手くやってちょうだい!】

なんだよ、これ!..メモに書く意味ないじゃん.

蔵前神社の手水

とりあえず中で待とうか..
失礼します..

おっ!入った瞬間、空気が引き締まった気がする..

蔵前神社の手水

いや、緊張するなぁ..

誰が来るんだろうな..

蔵前神社の本殿

でも、神社はいいなぁ..

蔵前神社の本殿

御世話になっている方達が健康でいられます様に..

蔵前神社の狛犬

犬の像がある!なんだろう?

蔵前神社の歴史

へえ..落語にゆかりがある神社なんだ..

蔵前神社の本殿

居心地いい神社だなぁ

蔵前神社の建物その他

あっ、こっちにも、鳥居がある..

蔵前神社の本殿

へえ...福徳稲荷神社..

「あの、ミックジャギーさんですか?」

「おっ、ビックリした!いえ、はい、いえ、そうです!」

「あの、初めまして。私、【スターにしきのあきらを愛する会】SNAAK代表の桐生桃子と申します」

「あっ、はい、すみません!」

蔵前神社の建物その他

「本日は、ジャギーさんに【スターにしきの】の事を取りあげて戴いた御礼を申し上げたくて参りました。」

「あっ、はい、すみません!」

「あのこれ..つまらないものですが、御礼でございます」

「えっ、そんな..」

蔵前神社の本殿

「今後も【スターにしきの】をどうぞ宜しくお願い致します」

「あっ、あの、僕、実はミックジャギーじゃないんですよ!」

「..えっ..そうなんですか?」

「はい..あの人に頼まれて..」

蔵前神社の鳥居

「そうだったんですか..それは残念です..ジャギーさんにお会い出来なくて..」

「すみません..こんなに若造に礼儀正しく接していただいて..」

「いえいえ..私達、SNAAKは礼儀を重んじる団体ですので」

「そうなんですか..僕の空手の師匠の教えと通ずるような..」

蔵前神社の鳥居

「それでは失礼致します。ジャギーさんに宜しくお伝え下さい」

「あ、あの..桐生さん!僕もSNAAKのメンバーにして頂けないでしょうか!!』

.......................

3時間後..

「おう、井上君。どうだった?あっ、これバイト代」

「ジャギーさん!僕、SNAAKのメンバーになりましたよ!」

「あ..あぁ..はい..そうなんだ..よく判らないけど、頑張ってね..」

「はい、頑張ります!有難うございました!では!」

「なんか、イキイキしてるな..
結局、何だったんだ、SNAAKってのは..
まあ、いいか...」

【つづく】

もっと読む
投稿をもっと見る(48件)

歴史

当社は、徳川第五代将軍綱吉公が元禄六年(1693)八月五日、山城国(京都)男山の石清水八幡宮を当地に勧請したのが始まりです。以来、江戸城鬼門除の守護神ならびに徳川将軍家祈願所の一社として篤く尊崇せられ、御朱印社領二百石を寄進せられました。文政年間の『御府内備考続編』ならびに「寺社書上」には次のように記されています。
 石清水八幡宮。御朱印社領二百石。当社、石清水八幡宮境内、拝受の儀は、元禄六酉年五月二十七日、高野山興山寺上り屋敷拝受つかまつり、同年八月、八幡宮社頭建立の節、御金子三百両拝受つかまつり、諸堂建立つかまつり候。其の節、境内坪数二千二百七十一坪六合拝受つかまつり候。其の後、享保十七子年三月二十八日類焼つかまつり候に付、替地として、元坪の通り、浅草三嶋町に遷し置かれ候ところ、延享元子年一二月二十日、寺社御奉行大岡越前守忠相殿、三嶋町の儀、御祈願所に不相応にして、別けても、神前の向、宜しからず候に付、此の度、御上意を以て元地へ引き移し候よう仰せ付けられ候旨、申し渡され候。
 すなわち、創建三十九年後に類焼し、浅草三嶋町に遷されていましたが、その十二年後の延享元年四月十五日、元地である蔵前(八幡町)に還幸しました。当時は神仏習合思想に基づき、全国の主要な神社には付属して別当寺が建立されていました。そして、当社石清水八幡宮の別当寺としては、雄徳山大護院(新義真言宗)が営まれ、江戸の「切絵図」にも見られます。
正式な社号は『石清水八幡宮』ですが、一般には『藏前八幡』または『東石清水宮』と唱えられ、庶民の崇敬者がはなはだ多く関東地方における名社の一つに数えられました。
 また、天保十二年(1841)十二月には、日本橋の「成田不動」(成田山御旅宿)が、幕府の方針に基づく寺社御奉行松平伊賀守忠優の達を受けて、当社境内に遷されました。
江戸時代も幕末の安政二年(1855)十月二日、江戸を襲った所謂「安政の大地震」では、儒学者藤田東湖を含む一万余人もの犠牲者を見てしまいましたが、幕府は安政四年七月、当社境内に高さ一夫五尺の「宝塔」一基(大施餓鬼塔)を建立し、その十月には開眼供養を行わしめました。
明治に入ると、その三月に「神仏分離令」が布告され、別当寺である雄徳山大護院は廃寺(廃絶)となりました。
 そして、成田不動は、明治二年深川に遷され、大施餓鬼塔も、同三年練馬の東高野山に移されました。
 明治六年八月、郷社に別格し、同十一年十一月、社号をそれまでの「石清水八幡宮」から、「石清水神社」と改称、さらに同十九年四月、再び『石清水八幡宮』と改称しました。
 其の後、大正十二年九月の関東大震災および昭和二十年三月の戦災により社殿を焼失、昭和二十二年九月、隣接の稲荷神社と相殿・北野天満宮とを合併合祀し、同二十六年三月、社号を『蔵前神社』と改称、平成七年十月、創建当初から境内神社として鎮座の「鹽竃神社」(陸前国宮城郡鎮座鹽竃神社遥拝殿)を合祀して現在に至っています。
 また、当社は相撲との深い関係があります。江戸時代のことですが、当社境内で勧進大相撲が開催されました。その回数は宝暦七年(1757)十月を始めとして、安永・天明・寛政・享和・文化・文政と約七十年の間に二十三回にも及び、その三大拠点の一つでした。
 とくに、天明年間には、大関谷風や関脇小野川が、寛政年間には、大関雷電などの名力士も当社境内を舞台に活躍していました。当社で開催された本場所では幾多の名勝負が見られましたが、なかでも、天明二年(1782)二月場所七日目、安永七年(1778)以来、実に六十三連勝の谷風が新進小野川に「渡し込み」で敗れた一番は江戸中大騒ぎとなりました。現在の『縦番付』は宝暦七年十月、当社で開催された本場所から始められたものです。
 そして、当社で開催された宝暦十一年(1761)十月場所より従来の歓進相撲が『勧進大相撲』となり、当場所以来の『全勝負付け』も一部欠落はしていますが現存しています。このように当社の境内は相撲熱で大いに賑わったものであり、明治時代には花相撲が行われたりもしていました。
 かかる史実に基づいて、財団法人大日本相撲協会(現・財団法人日本相撲協会)より現存の社号標や石玉垣が奉納されています。
 尚、文化年間後期から文政年間にかけて素人の力持を称える文化がありました。当社でも力持の技芸を披露する神事が奉納されました。分けても、その絶頂期を迎えた文政七年の春に奉納された力持は浮世絵師歌川國安の錦絵にも描かれています。それが「文政七年之春御藏前八幡宮ニ於而 奉納力持」であります。
 更に、当社は古典落語「元犬」や「阿武松」の舞台ともなっており、「元犬」像が落語愛好家により奉納されています。

歴史をもっと見る|
23

蔵前神社の基本情報

住所東京都台東区蔵前3-14-11
行き方
アクセスを詳しく見る
名称蔵前神社
読み方くらまえじんじゃ
通称蔵前八幡
トイレ無し
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号03-3851-0617
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://kuramaejinja.justhpbs.jp/
SNS

詳細情報

ご祭神《合》倉稲魂命,菅原道真,《主》誉田別天皇,息長足姫命,姫大神
創建時代元禄六年(1693)
ご由緒

当社は、徳川第五代将軍綱吉公が元禄六年(1693)八月五日、山城国(京都)男山の石清水八幡宮を当地に勧請したのが始まりです。以来、江戸城鬼門除の守護神ならびに徳川将軍家祈願所の一社として篤く尊崇せられ、御朱印社領二百石を寄進せられました。文政年間の『御府内備考続編』ならびに「寺社書上」には次のように記されています。
 石清水八幡宮。御朱印社領二百石。当社、石清水八幡宮境内、拝受の儀は、元禄六酉年五月二十七日、高野山興山寺上り屋敷拝受つかまつり、同年八月、八幡宮社頭建立の節、御金子三百両拝受つかまつり、諸堂建立つかまつり候。其の節、境内坪数二千二百七十一坪六合拝受つかまつり候。其の後、享保十七子年三月二十八日類焼つかまつり候に付、替地として、元坪の通り、浅草三嶋町に遷し置かれ候ところ、延享元子年一二月二十日、寺社御奉行大岡越前守忠相殿、三嶋町の儀、御祈願所に不相応にして、別けても、神前の向、宜しからず候に付、此の度、御上意を以て元地へ引き移し候よう仰せ付けられ候旨、申し渡され候。
 すなわち、創建三十九年後に類焼し、浅草三嶋町に遷されていましたが、その十二年後の延享元年四月十五日、元地である蔵前(八幡町)に還幸しました。当時は神仏習合思想に基づき、全国の主要な神社には付属して別当寺が建立されていました。そして、当社石清水八幡宮の別当寺としては、雄徳山大護院(新義真言宗)が営まれ、江戸の「切絵図」にも見られます。
正式な社号は『石清水八幡宮』ですが、一般には『藏前八幡』または『東石清水宮』と唱えられ、庶民の崇敬者がはなはだ多く関東地方における名社の一つに数えられました。
 また、天保十二年(1841)十二月には、日本橋の「成田不動」(成田山御旅宿)が、幕府の方針に基づく寺社御奉行松平伊賀守忠優の達を受けて、当社境内に遷されました。
江戸時代も幕末の安政二年(1855)十月二日、江戸を襲った所謂「安政の大地震」では、儒学者藤田東湖を含む一万余人もの犠牲者を見てしまいましたが、幕府は安政四年七月、当社境内に高さ一夫五尺の「宝塔」一基(大施餓鬼塔)を建立し、その十月には開眼供養を行わしめました。
明治に入ると、その三月に「神仏分離令」が布告され、別当寺である雄徳山大護院は廃寺(廃絶)となりました。
 そして、成田不動は、明治二年深川に遷され、大施餓鬼塔も、同三年練馬の東高野山に移されました。
 明治六年八月、郷社に別格し、同十一年十一月、社号をそれまでの「石清水八幡宮」から、「石清水神社」と改称、さらに同十九年四月、再び『石清水八幡宮』と改称しました。
 其の後、大正十二年九月の関東大震災および昭和二十年三月の戦災により社殿を焼失、昭和二十二年九月、隣接の稲荷神社と相殿・北野天満宮とを合併合祀し、同二十六年三月、社号を『蔵前神社』と改称、平成七年十月、創建当初から境内神社として鎮座の「鹽竃神社」(陸前国宮城郡鎮座鹽竃神社遥拝殿)を合祀して現在に至っています。
 また、当社は相撲との深い関係があります。江戸時代のことですが、当社境内で勧進大相撲が開催されました。その回数は宝暦七年(1757)十月を始めとして、安永・天明・寛政・享和・文化・文政と約七十年の間に二十三回にも及び、その三大拠点の一つでした。
 とくに、天明年間には、大関谷風や関脇小野川が、寛政年間には、大関雷電などの名力士も当社境内を舞台に活躍していました。当社で開催された本場所では幾多の名勝負が見られましたが、なかでも、天明二年(1782)二月場所七日目、安永七年(1778)以来、実に六十三連勝の谷風が新進小野川に「渡し込み」で敗れた一番は江戸中大騒ぎとなりました。現在の『縦番付』は宝暦七年十月、当社で開催された本場所から始められたものです。
 そして、当社で開催された宝暦十一年(1761)十月場所より従来の歓進相撲が『勧進大相撲』となり、当場所以来の『全勝負付け』も一部欠落はしていますが現存しています。このように当社の境内は相撲熱で大いに賑わったものであり、明治時代には花相撲が行われたりもしていました。
 かかる史実に基づいて、財団法人大日本相撲協会(現・財団法人日本相撲協会)より現存の社号標や石玉垣が奉納されています。
 尚、文化年間後期から文政年間にかけて素人の力持を称える文化がありました。当社でも力持の技芸を披露する神事が奉納されました。分けても、その絶頂期を迎えた文政七年の春に奉納された力持は浮世絵師歌川國安の錦絵にも描かれています。それが「文政七年之春御藏前八幡宮ニ於而 奉納力持」であります。
 更に、当社は古典落語「元犬」や「阿武松」の舞台ともなっており、「元犬」像が落語愛好家により奉納されています。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年9月