御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※阿佐谷北民間信仰石塔ではいただけません
パーキング
駐車場
-
御朱印について
御朱印
なし
ありません

おすすめの投稿

しし丸
2022年11月03日(木)
803投稿

民間信仰石塔なので、投稿に適切なのか悩みましたが…。
阿佐谷神明宮にも比較的近いエリアで、早稲田通りを歩きながら出会い、とても綺麗に管理され大切にされていて、
表示されている物や、杉並区公式サイトで概要を読み、投稿させて頂きました。

以下、杉並区公式サイトより

ここに建立されている石塔は、元禄10年(1697)銘の庚申塔及び宝永7年(1710)・享保7年(1722)銘の地蔵塔並びに、正徳5年(1715)銘の阿弥陀塔計四基があります。 庚申信仰は、「長生きするためには庚申の夜は身を慎しみ、諸善を行い、徹夜をすべきである」という中国の道教説から始まったようです。それが日本に伝わってからは、中世以降仏教や神道の信仰と習合して庶民の間にひろまりました。江戸時代には、本尊を青面金剛とし、不見、不聞、不言の三猿が彫られるようになり、ここに見られるような庚申塔の建立が盛んになりました。 地蔵菩薩の信仰は、仏教の民衆化とともに宗派を超えてひろまりました。地蔵菩薩は、冥界と現実界の境に立って人々を守護するということから、村や道の境や村の安全を守護する菩薩とされ、村の路傍又は辻に多くの建立されています。 阿弥陀如来は西方極楽世界の本尊とされ、他力往生の誓願をたて、この仏を信じる者は、ただ念仏さえ唱えれば難行苦行を積むまでもなく、仏が大慈の光明を照らし、お迎えくださるとされています。 これらの石塔は、この辺りが武州多摩郡阿佐谷村字東原と称された頃、この地域の講中の人々によって悪病退散、村民安全などを祈願して建立されたものといわれてます。現在でも10月23日には、旧阿佐谷村の人々が中心になって祭礼が行われています。 なお、石塔の前の道は、かつての所沢道、左側の道は天沼から青梅街道に通じる旧道で、この附近は村の中心地でした。 私たちもこのような文化財を、一層大切に守りつづけたいものです。

阿佐谷北民間信仰石塔(東京都)阿佐谷北民間信仰石塔(東京都)阿佐谷北民間信仰石塔(東京都)阿佐谷北民間信仰石塔(東京都)
もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

阿佐谷北民間信仰石塔の基本情報

住所東京都杉並区阿佐谷北5-42-11
行き方
アクセスを詳しく見る
名称阿佐谷北民間信仰石塔
御朱印なし

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
法輪寺限定御朱印小バナー2023年1月