御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※立江寺ではいただけません

たつえじ|高野山真言宗橋池山(きょうちざん)

立江寺

徳島県 立江駅

投稿する
0885-37-1019

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

普通30台(300円) マイクロ5台(1000円) 大型6台(1000円)

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(12件)

立江寺の基本情報

住所徳島県小松島市立江町字若松13
行き方

牟岐線 立江駅下車 (0.4km)
18【恩山寺】より
(自家用車)約15分 約5km
(徒歩)約1時間 約4km
20【鶴林寺】より
(自家用車)約30分 約14km
(徒歩)約3時間30分 約14km

アクセスを詳しく見る
名称立江寺
読み方たつえじ
参拝時間

7:00~17:00

トイレ仁王門の横
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0885-37-1019
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@tatsueji.com
ホームページhttp://www.tatsueji.com/
SNS

詳細情報

ご本尊延命地蔵菩薩
山号橋池山(きょうちざん)
院号摩尼院(まにいん)
宗旨・宗派高野山真言宗
創建時代天平19年(747)
開山・開基行基菩薩
札所など

四国八十八箇所第19番
阿波七福神霊場・毘沙門天

文化財

絹本着色釈迦三尊像(重要文化財)

ご由緒

高野山真言宗の別格本山。「四国の総関所」として四国八十八ヶ所の根本道場といわれ、また「阿波の関所」としても知られる。縁起によると、聖武天皇(在位724〜49)の勅願で行基菩薩によって創建された。勅命により行基菩薩が光明皇后の安産を祈るため、念持仏として5.5センチほどの小さな黄金の「子安の地蔵さん」を彫造した。これを「延命地蔵菩薩」と名づけて本尊にし、堂塔を建立したと伝えられる。弘仁6年(815)、弘法大師が当寺を訪れ、このご本尊を拝した。大師は、あまりに小さなご本尊なので、後世になって失われる恐れがあると、自ら一刀三礼をして新たに像高1.9メートルもある大きな延命地蔵像を彫造され、その胎内に行基菩薩が彫ったご本尊を納められた。このときに寺名を「立江寺」と号した。当時は現在地より西へ400メートルほど山寄りの景勝地にあって、七堂伽藍を備えた巨刹であったといわれる。

「天正の兵火」(1575〜85)では立江寺も逃れられず、壊滅的な打撃を受けた。だが本尊だけは奇しくも難を免れている。のち、阿波初代藩主・蜂須賀家政公の篤い帰依をうけ、現在の地に移って再建された。また、昭和49年の祝融の災にもご本尊は救い出されている。昭和52年に再建された本堂の格天井画(286枚)は、東京芸術大学の教授等により花鳥風月などが描かれており、観音堂の絵天井とともに昭和の日本画を代表する文化財であると高く評価されている。寺伝の「釈迦三尊図」は、国の重要文化財指定品である。 邪悪な心を裁く関所寺の半面、「子安の地蔵尊」「立江の地蔵さん」と親しまれている。

体験御朱印宿坊お守り重要文化財札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー