御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※府八幡宮ではいただけません

ふはちまんぐう

府八幡宮

静岡県 磐田駅

受付時間:9:00~16:00

投稿する
0538-32-4762

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

真ん中に府八幡宮と書かれ、真ん中に府八幡宮の印、左上に天平の社遠江国府宮の印が入っています。
右下には時期によって2種類の御歌の印どちらかが入ります。
季節ごとのモチーフを取り入れた、カラフルな印が押された御朱印です。
通常の御朱印と二面見開きの御朱印があります。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

のぶさん
2021年07月21日(水)
1212投稿

府八幡宮は、聖武天皇の時代(天平年間729~748年)に遠江国司(守)であった桜井王が、国府の守護として勧請(かんじょう)したと社伝されている神社です。境内には江戸時代に建立された建物群が点在し、それを包み込む自然林は「八幡の森」と呼ばれ、静岡県の森百撰にも選ばれています。

 府八幡宮の楼門は、衣冠束帯を身に着けた武官姿の随身像を左右に置いた随身門と呼ばれる2階建の門でありながら、下層には屋根がついていません。桁行3間で、中央1間を扉口とし、梁間2間からなり、控柱が前後に4本、計8本からなる八脚門です。桁行6.64m、梁間3.77m、高さ10.5mを測ります。幅2.9mの扉口の両側は2間からなり、後方の間に随身像が安置され、前方の間に玉石が敷かれています。8本の柱は円柱形で4本の貫板を組み合わせ、その上に虹梁(こうりょう)を載せています。虹梁を支えるため、  柱の上端には肘木(ひじき)・三手先斗(みてさきときょう)が、柱と柱の中間には蟇股(かえるまた)を駆使し、建物を堅固とするばかりか、桃山時代からの伝統を受け継いだ純和様の様式を残す優美な門と言えます。蟇股の内側には彫刻が施されていましたが、彫刻部分は取り外され、現在は東側の1箇所のみに見ることができます。

 屋根は入り母屋造の杮葺き(こけらぶき)で破風(はふ)はハート形の猪の目懸魚(げきょ)が飾られます。軒は地垂木(じたるき)と飛檐垂木(ひえんだるき)からなる二軒(ふたのき)で、軒先が広がることで、建物そのものを大きく見せる効果をもたらしています。

 正徳4年(1714)の「八幡宮古記」によれば、寛永12年(1635)に建立された記事があります。また徳川秀忠の娘である東福門院の寄進によって、楼門ほか本殿が建造されたとも伝えられています。

府八幡宮の山門府八幡宮の山門府八幡宮の山門府八幡宮の本殿府八幡宮の末社府八幡宮の末社府八幡宮の末社府八幡宮の本殿府八幡宮(静岡県)府八幡宮の自然府八幡宮(静岡県)府八幡宮(静岡県)府八幡宮の本殿府八幡宮(静岡県)府八幡宮の本殿府八幡宮の狛犬府八幡宮の狛犬府八幡宮の建物その他府八幡宮(静岡県)府八幡宮(静岡県)府八幡宮の建物その他府八幡宮の山門府八幡宮の建物その他府八幡宮(静岡県)府八幡宮の建物その他府八幡宮の手水府八幡宮の鳥居府八幡宮の鳥居府八幡宮の歴史府八幡宮の建物その他府八幡宮(静岡県)
もっと読む
惣一郎
2022年03月17日(木)
971投稿

【遠江國 式内社巡り】

府八幡宮(ふ・はちまんぐう)は、静岡県磐田市中泉にある神社。式内社で、旧社格は県社。祭神は、誉田別命(応神天皇)、足仲彦命(仲哀天皇)、気長足姫命(神功皇后)。

社伝によると、奈良時代の天平年間(729年~748年)に遠江国司であった聖武天皇の曾孫・桜井王が庁舎内に創建と伝わる。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載のある「遠江國 磐田郡 御祖神社 小」、「入見神社 小」、「須波若御子神社 小」に比定される、またはその論社となっている。鎌倉時代には秋鹿氏が当地に留まって神主となり、足利氏、今川氏、徳川家康から社領を寄進された。江戸時代には秋鹿氏が神主と代官を兼ねて250石を給せられた。明治時代に入り、近代社格制度のもと県社に列格した。

当社は、JR東海道本線・磐田駅の北方、駅前通りを1km進んだ東側の平地にある。境内はかなり広く、全体に樹木が多くて包まれ感がある。大きな鳥居をくぐり林間の参道の先にある大きな楼門が特徴。社殿も大きく立派で、社務所も有人、江戸時代以来、大社として大事にされて来たことが分かる。兼務社も多いようで、当地域の中心となる代表的な神社のひとつだと思われる。

今回は、遠江國の式内社、静岡県の旧県社ということで参拝することに。参拝時は休日の午前中で、家族連れやおひとり様など、ぱらぱらと絶えず参拝者が訪れていた。

※当社は、「遠江國 磐田郡 田中神社 小」に比定されている<田中神社>と、「遠江國 磐田郡 鹿苑神社 小」に比定されている<鹿苑神社>を兼務しており、両社のご朱印も拝受できる。

府八幡宮の鳥居

境内西端入口にある<鳥居>と<社号標>。磐田駅の北口駅前通りに面している。

府八幡宮(静岡県)

鳥居をくぐって参道を東に進む。木々が高く緑が濃いので包まれ感がある。

府八幡宮(静岡県)

参道右側の<手水舎>。

府八幡宮(静岡県)

参道しばらく進むと、突き当りに<社務所>、左手に<楼門>が現れる。

府八幡宮(静岡県)

<楼門>全景。江戸時代前期1635年の造営。入母屋造、杮葺の純和様建築の隋神門。楼門内の木造随身像も江戸時代初期の作。

府八幡宮の山門

<楼門>正面。かなり立派で趣のある外観。

府八幡宮(静岡県)

楼門をくぐる。

府八幡宮の建物その他

楼門をくぐった先、参道左側にある<臨時授与所>。

府八幡宮(静岡県)

社殿は一段高いところにある。その入口にある<中門>。楼門と異なり、禅宗様式。
楼門と同じ1635年の造営で、江戸時代後期の文化年間(1804年~1818年)に再建の記録がある。

府八幡宮(静岡県)

<拝殿>全景。楼門や中門と同じ1635年の建立、1714年に再建。入母屋造。

府八幡宮の狛犬

拝殿前左側の<狛犬>。

府八幡宮(静岡県)

拝殿前右側の<狛犬>。

府八幡宮の本殿

<拝殿>正面。上部には小さな<八幡宮>と刻まれた扁額。

府八幡宮の本殿

<拝殿>内部。当日は、ひな人形がいくつも飾られていた。

府八幡宮の本殿

拝殿後ろの<本殿>。江戸時代初期1617年の建立。三間社流造。

府八幡宮(静岡県)

本殿後方の末社群①。左から順に<狩尾神社>、<三保神社>、<皇子社・神明社>、<小笠社・金山社>、<宇治神社>。

府八幡宮(静岡県)

本殿後方の末社群②。左から順に<水尾神社>、<稲荷社>、<住吉社>。

府八幡宮の末社

本殿後方の末社群③。<高良神社>、<武内神社>、<山神社>、<山口神社>の合殿。珍しいことに、社殿は精巧な模型になっている。

府八幡宮(静岡県)

境内西端にある<東照宮>の鳥居。

府八幡宮(静岡県)

<東照宮>の社殿。

府八幡宮(静岡県)

東照宮の参道と本社社殿の間にある<伊雑宮>。

府八幡宮の末社

小高い場所にある<伊雑宮>の社殿。

府八幡宮(静岡県)

最後に<社殿>全景。

府八幡宮(静岡県)

社務所前に戻って、すぐそばにある<神宮寺跡>。

府八幡宮(静岡県)

こちらは<社務所>。御朱印はこちら。兼務社の御朱印も先に拝受した~♪ 
(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(79件)

府八幡宮の基本情報

住所静岡県磐田市中泉112-1
行き方
アクセスを詳しく見る
名称府八幡宮
読み方ふはちまんぐう
参拝時間

受付時間:9:00~16:00

トイレあり
御朱印あり

真ん中に府八幡宮と書かれ、真ん中に府八幡宮の印、左上に天平の社遠江国府宮の印が入っています。
右下には時期によって2種類の御歌の印どちらかが入ります。
季節ごとのモチーフを取り入れた、カラフルな印が押された御朱印です。
通常の御朱印と二面見開きの御朱印があります。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0538-32-4762
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.fu-hachimangu.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神足仲彦命(仲哀天皇)
気長足姫命(神功皇后)
誉田別命(応神天皇)
文化財

楼門(県指定文化財)本殿・拝殿・中門(市指定文化財)

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー